デッサン画は楽しく(絵と雑文)

このブログは移行しませんので、ヤフーさんが終われば消滅〜♪

イメージ 1

           モモ猫とチビ猫とカイドウの花(水彩画)


あきらかに最近疲れてるらしい・・・記事のタイトルがまんまだ〜

ブログの移転に伴って、初めて諸々の説明を読んでみた、本当に初めて!

結果この私のブログ、よくぞ今までアップできてたものだと我ながら不可解かつ感嘆した。

何処のブログでも丁寧に説明してくれてるけど、読めば読むほど理解不能な単語が出現

仕方なく1個づつ検索してると底なし沼にズブズブと・・・まあいいけど。

ボケないよう頭使えとのヤフー様の暖かいご配慮に感謝しなきゃと思いつつ

絶望的な底なし沼に落ちる途中で、この水彩画が目の前に〜猫達可愛い♪

桜の花も満開だし暖かくなってきたし(?)モモ猫とチビ猫は仲良し、だから何なのよ。

画家もたまには私好みの絵画描いてくれるじゃない・・・まあ偶然だろうけど。

ヤフーブログ最後のアップと思えば、横着な私も少々感慨深いものがあるなあ。


                絵画アトリエS・堀江

年中開店休業のブログではありますが〜画像がアップできないってのも結構つらい!

私の慣れ親しんだXPが故障(多分もう駄目だろうなあ)

画家のセブンを急遽うばってみたけど〜思うように動いてくれない(泣)

訪問がなかなかできませぬ(普段から愛想ないくせに〜♪)

しばしPCの勉強致します・・・ほんとに、やる気あんのかしら〜我ながら自信は無い!

ああしんど〜〜こんだけ書くにも肩こって熱が出そう。情けな〜〜!


       絵画アトリエS・堀江

枯れない百合の花♪

イメージ 1

    静物画(百合の花)油絵(油彩画) 60号M

堀江史郎という画家は、静物画(油絵・水彩画)に百合の花を入れるのが好きだったようで、何点かの作品を描いていたようだ

過去形にしたのは、ここ数年は百合の花の絵より「クチナシの花の静物画」(油絵・水彩画)に変わったような感じなので

百合なら山百合の花が画家のお気に入りらしく「鉄砲百合は茎が太くてデリカシーに欠ける」とか何とか・・・・・

画家〜私貴方の静物画で鉄砲百合の花の絵(油絵)を見た記憶が有るんだけどなぁ

して?こりゃまた美しいカサブランカ百合じゃございませんの!花も白だけじゃなくピンクまで。画家の拘りってのは結構コロコロ変わるらしい

私としては油絵でも水彩画でもいいから「クチナシの花の静物画」より「百合の花の静物画」が好みだけど、描くのは画家だったわね

切花にする場合は、山百合の花のむせるような甘い香りより、クチナシの花の少し切ないような香りの方が好きだなぁ

ま、これは絵(油絵・水彩画)が描けない、わったくしめの勝手な言い分です〜♪

しっかし山百合の花にせよカサブランカの花にせよ、何とも美しい「歩く姿は百合の花」とは、よくぞ言ったものだ

この静物画(油絵)の中の百合の花は何時までも枯れないで美しい!できれば人間も、かくありたいもんだわね画家さん

さて?この百合の花は今何処にあるんだろう。絵(油絵)の画像を眺めていたら実物の油絵を、もう1度見てみたくなったなぁ


                 絵画アトリエS・堀江

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 1

ここ2日、自分のブログのコメント欄が開かない!人様のとこのは開くしコメントも入れらるしゲスブは大丈夫

「枝垂桜(画家のおきにいり)」の記事のコメント欄だけが「読込中」となって、待〜て〜ど〜く〜らせ〜ど開きませぬ!

他の自分の記事のコメント欄は開く・・・あんまり派手に枝垂桜の写真を載せたから枝垂桜が恥ずかしがったか??

ならばメゲずに、桜の花とスモモの花に犬まで加えて〜ワンスモアトライ♪

この写真の「桜の花と犬の風景」は画家も好きで油絵にも水彩画にも描いた懐かしい風景だし・・・と理由をつけてアップ!

頂いたコメントは読めますし、伺う事もできますが「枝垂桜(画家のお気に入り)」コメントの返事が自分のとこで書けない(号泣)

ちょいと試してみたら今回は開くじゃないの〜〜どうしてかしら頭痛がしてきた!!





***ひ、ひどいわ〜ヤフーサマ〜〜予定外の記事アップしてアップアプになってたら・・・今「枝垂桜」のコメ欄開いた!!
遊んで下さらなくてもモモ猫が充分遊んでくれますのに。ゼーハー***

絵画アトリエS・堀江




       

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

  <画家が描いた桜の絵ではなく、全部が写真です>

堀江史郎という画家が風景画(油絵・水彩画)を描き始めたのは、この川っぷちの枝垂桜の古木に出会ってからだと思う

富士山の風景画は時々描いていた画家だが「桜の花は絵(油絵・水彩画)に描くより眺めている方がよい」・・・とかなんとか

この枝垂桜の古木は冷たい寒風にさらされ風格のある幹で、何よりも渓流とのコラボが、いたく画家のお気に召したようで

しか〜〜し、写真の桜の花のアングルは画家の好みじゃなく完全に私好み!画家が描く桜の絵(風景画)は、物足りない私

画家さん、枝垂桜の花ってドワッと滝のように花がしだれて欲しいわ「貴女は派手なのが好きだね、桜の花の絵は品よく・・・」

そっかなぁ、桜の花そのものが満開に咲き乱れても品よく華やかだと思うんだけど。まあ画家の感性は解りたくもなし

滝のような枝垂桜を描いてくれない?「そんな桜の絵描いてどうすんだ?」私が眺める「・・・・・・・」私の要望は今年も没か

ま、画家は画家〜私は私。自分で撮って気にいったソメイヨシノ桜と枝垂桜の写真を勝手に載せてしまおう♪


              絵画アトリエS・堀江

イメージ 1

     静物画(山百合の花の絵)油彩画(油絵)

絵画・・・とくに油絵(油彩画)での花の絵となれば、さして季節に拘ることもなかろうと思うんだけどね、画家さんは如何かな?聞くだけ無駄ね

こんなに寒いともう、画家の描いた絵画(油絵・水彩画)など何でも構わないと思うのは、絵画音痴の画家の相方だけかな?

幸い雪は、2度ほど少し積もっただけだが風が強いと腹が立つほど寒い!画家は毎日2回は犬の散歩に〜犬達のためなら平気らしい

あの画家が絵(油絵・水彩画)を1枚完成させるに要する時間の長いこと〜美しい絵に仕上がるかと待ってる間に季節が移る

大体において私が好きと思う絵(油絵・水彩画)と画家が納得した絵(油絵・水彩画)と言うと大概は異なるし

ならば私が好きな山百合の花の絵(油絵)の画像を・・・この山百合の花の絵って確か1度アップしたような気も??

まあ私の記憶が定かでないから眺めて下さる人も忘れているだろう。いや、覚えていても忘れたふりして欲しいものですわ♪

この絵(油絵)の山百合の花は、球根を20個ばかり買って私が咲かせた。たまには画家の手伝いもしたなぁ過去には

花の形がどうのこうのと、何処が違うのか花の絵(油絵・水彩画)を描く時の画家の拘りには辟易する!

今の所に越してからは隣の家の石垣にしか山百合の花は無い。闇に紛れて花泥棒するわけにもいかないから、静物画に山百合の花は、もう望めないかも

カサブランカでも絵に描けるだろうに「花弁のポチポチ模様とオシベが無きゃ駄目だ」「んじゃ他の花を描きゃいいんでないの?」解らん〜!

うん、我ながら良い選択の絵(油絵)だわ。これなら私のブログは、夏が来て〜秋が来て〜そして忘れ去られて〜また冬が来る・・・かも♪

          絵画アトリエS・堀江

涼しげな絵が欲しい!

イメージ 1

     室内の人物画(油絵)油彩画  20号くらい?

「夏は暑いものです・・・・・か」しかし何だわね〜夏に油絵と聞いただけで暑苦しい気が、しないでもないわよね画家さん

画家の絵(油絵・水彩画)の画像をボ〜ッとしながら眺めていたら「あらっこの人物画の女性は涼しそう!」これにしようっと

しっかし何時頃描いた絵(油絵)だろう?多分20年以上前だろうな。デジカメじゃない頃の写真を取り込んだからボケてる・・・まあ私の頭にゃ丁度よい♪

絵画(油絵・水彩画)なんぞ良し悪しも解らぬ私のことだから適当なもんよ。この人物画は多分50号くらいの油絵・・・女性像のとこだけ画像を切り取った

うっすらとした記憶によれば、この「室内の婦人像(油絵)」のモデルさんは、休憩の度に暑くて顔を洗っていたような?

画家に「ぼやけた画像になってるけど、この油絵の部分をブログに使うわよ。涼しそうだから」まあ一応言ってはみた

画家さん曰く「昔の軽い絵(油絵)の方が解りやすいし、暑い時は軽い絵の方がいいかもな、最近の油絵より」

どういう意味だ〜?では最近の画家の絵(油絵・水彩画)は解りにくい・・・・・もしや絵を描くのが下手になった??

「いや上手くなってるよ、少し一般受けしないかな解りにくいかも」一般受けしない絵(油絵・水彩画)が上手くなった絵・・・?

いいけどね〜これから暑い日々が続くのかと思うと画家の言葉の真意など、確かめる気力もないわ!

それにしても猫って暑さには強いんだろうか。こはる犬も癌でメタボなのに、真昼間にヨタヨタ散歩。。幻覚だろうか〜〜!!

            絵画アトリエS・堀江

優しい記憶を招く絵

イメージ 1

    雪景色の庭(遊ぶ犬達と猫)水彩画 約10号

堀江史郎という画家が描いた油絵や水彩画の絵画の画像なら沢山あるけれど、私(画家の相方)は、この絵(水彩画)が1番好きかなぁ

絵(油絵・水彩画)なんぞ描けない私だから、ぼんやり眺めて勝手に絵の好き嫌いを。好きな絵は、しつっこくアップしたいってのが本音

この絵(水彩画)の中で遊ぶ犬達の中、今我が家に居るのは2頭・・・おやっモモ猫が犬と一緒に雪に埋もれて。彼も既に10歳になった

犬が代替わりしたんだから新しい油絵か水彩画をと画家に言うと「こんな時間のかかる水彩画は2度と嫌だ」と、のたまった

そうね画家さん「夢のような絵」は1枚で充分かも。多分画家も、優しい想い出に邪魔されて絵筆が止まるんだろうと勝手に納得

雪と聞くと何とかのひとつ覚えで、この絵(水彩画)が浮かぶ。この絵1枚に数えきれぬエピソードが有るけど、それは画家と私だけの幸せな想い出か♪


              絵画アトリエS・堀江

イメージ 1

イメージ 1

      ちょいと色っぽい女性(デッサン画)

あっら〜画家さん暮になるわ。って事は今年が終わる?後何日かで新年?んじゃ何か良い絵(油絵・水彩画)は・・・・・・・・無い!

思えばモモ猫・犬達・私と別に変わった事も(記憶が無いから多分何もない)起きなかったなぁ。画家はどうなんだろうか?

画家の描いた油絵や水彩画の絵画ばかりじゃブログ記事アップする私が飽きる〜かと言って寒い中を写真撮りに行くのも面倒だし

はやい話が画家の絵画なんて何でもいいのだけれど、私の感性を疑われるのも・・・・・まあ構わないか〜事実みたいだから♪

かくして年々確実に投げやりになって行く自分が怖い〜けど好き。年の瀬は思考が相反し混沌と。「暮だから」この一言は、まことに都合の良い言葉だ

年中行事も四季の変化もボーッとしたまんま〜画家にしてからが季節に無関係な絵(油絵・水彩画)を描くから始末が悪い

1年の終わりだからと言っても、自分自身が成長した自覚も無いし人柄が良くなったとも思えず、なっかなかうすら寒いもんだわね冬って

画家は自分の絵(油絵・水彩画)に、年々新境地を見出しているそうで(画家の錯覚だと私は確信♪)まあ結構な事ね脳天気な画家さん

私のブログじゃもの、いっそ軽〜いデッサン画で年越しを。。ついでに諸々の憂いも軽めに悩み、勝手に訪れる新年とやらを待つとしよう♪

          絵画アトリエS・堀江

イメージ 1

イメージ 1

     バラの花と楽器の絵(油絵)油彩画  50号

うん、まあ我ながら能の無いタイトルだわよ画家さん。絵画(油絵・水彩画)を描くなどという、たしなみの無い画家の相方だもんでね〜悪いわね

画家としては絵(油絵・水彩画)の1枚1枚に、何らかの感動や美を感じて忍耐強く、絵画の制作してるんだろうけど、私には全く解らない

加えて、画家の描いた絵画(油絵・水彩画)に毎回ピント外れであろう雑文が・・・まあ私には必要だし画家は関知してないし♪

夏は水彩画が好きな私だけど、いえね画家さん本当は貴方の油絵(油彩画)も結構好きなんですのよ私

秋も深まったし、少し重厚な油絵の絵画がないかと画像を探してたら、この「バラの花と楽器の絵」をみつけたってわけよ

コスモスの花の絵が良い気もしたんだけど、この静物画(油絵)の中の楽器達がね、何となく秋を奏でているような気がして

画家の相方は油絵の静物画なら、楽器の絵が好きなのかも〜それにバラの花が入りゃ、はい私この油絵って結構好きでありますわ

私のモッタラアップのブログに寄って下さる方々は、画家の絵画(油絵・水彩画)だけを眺め、何か感じるものが有りましたら幸いです

間違っても画家の相方のアホらしい雑文に目は止めないで素通り頂けますように・・・ん?誰も気にしてない?私の杞憂か〜秋だ!!

             絵画アトリエS・堀江

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事