ここから本文です

mode2ss RC JET

書庫全体表示

記事検索
検索

全112ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先週7月21日(金)高原の飛行場に行って来ました。


イメージ 2
この日は、常連4名のマニアが来場。


イメージ 1
私はいつものF22(3号機)、タービンはベホテックJB220搭載。
海抜840mでしかも九州特有の高温多湿、これでもかと言うほどタービンには超過酷な条件でも全くサージングの気配なし。
F22(1号機)のマーリンは、まったく夏場は飛ばせませんでした。まるでサージング製造機のようなタービンでしたね。


イメージ 3
今日は、キャノピーにカメラを取り付けて、いつものフライトを空撮してみました。
興味のある方は覘いて見てください。


目を回さないようにご注意ください。
”F22空撮JUL2017” https://www.youtube.com/user/mode2ss


イメージ 13
特別会員のハローちゃん

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 5
ご主人の方に行きたくてたまりません。(今、ハローちゃんは私の膝の上)

イメージ 8
ご主人は、セスナの整備に余念が有りません。


イメージ 4
タービンはキングテック、この夏の高温多湿でもサージングも出ません。


イメージ 14
上空を良い音色で飛んでいます。


イメージ 15
フルフラップでのアプローチ。


イメージ 9
この機体、遠くから来たのにタイヤが壊れて飛行できないとのこと。
そのことを聞いたので、私が常備していたテトラの60mmを寄付、飛行可能に。
いよいよフライト開始。


イメージ 10
上空きれいに飛行して、着陸進入。


イメージ 11
期待を裏切りません。


イメージ 12
飛行場に来る時のワンショット。
これより5分でグライダーのメッカ、大観峰。

明日の26日(水)にもフライトを予定していましたが、一時雨の予報のため友人と打ち合わせの結果、今週はフライトを断念しました。
次回のJetフライトは8月6日(日)を予定。


この記事に

高原の飛行場 

先週7月14日(金)高原の飛行場に行って来ました。


イメージ 2
持参の機体はF22ラプターとFUTURA80EDF。


イメージ 1
この日のパイロットは4名。1名は新会員の方でした。


イメージ 5
何やらソフトの改良を行っているようです。


イメージ 3
きれいにタッチダウン・・・

イメージ 4
ところが、ノーズがサボってしまいました。(ソフト改良ならず?)


イメージ 6
特別会員のハローちゃん


イメージ 7
新会員の方、実機はターボプロップ。操縦も慎重で上手でした。
また気兼ねなくお出でください。


イメージ 8
こちらも梅雨明け、帰途につきます。


この記事に

今日の飛行場

7月16日、飛行場に一番乗り。


イメージ 1
ヘリの操縦を忘れないように、まずは1フライト。


イメージ 2
で次は、言わずと知れた気にいりのEDF機


イメージ 3
4分間で、ターンアラウンド方式のスタント13種目一通り終えて帰って来ました。


イメージ 12
こちらも赤いのに負けていません。


イメージ 4
そうこうしてると常連のメンバーが集まって来ました。


イメージ 5
99艦爆


イメージ 6
爆撃を終えて”我帰投セリ”


イメージ 7
これはF18ペラJET


イメージ 8
良い飛びだったとご主人様よりお褒めの言葉。


イメージ 9
懐かしのコレクターさんにまた一つ愛機が増えていました。
カーチ スヤング ブラッドのVibe90スタビ仕様新品。


イメージ 10
この後・・・ アッ! 見てる方がびっくり。
この高度でいきなりのバックフリップ・・・


イメージ 11
この機体ペラの無いスタント機と言っても過言ではありません。
操縦性抜群です。
あまりにも暑いので機体がふにゃふにゃにならないようにパラソルの下に入れています。


イメージ 13
網戸で虫を狙ってるヤモリ、それをまた狙ってる みかんちゃん。


この記事に

FUTURA&STINGER

最近こんなものが気に入って飛ばしています。

イメージ 1
梅雨の合間にチョット行ってみました。
FRPのEDF機よりも発泡機の方が良く飛びます。


イメージ 2
FUTURA80パープルカラーが気に入って買いました。上空では見にくいだろうと思いつつ。
ところが、まったく逆で、赤白のSTINGER90の方が見にくく、暗い色のFUTURA80の方がくっきりとよく見えてしまいます。
パープルと白のコントラストが鮮明で印象的、晴れても曇っていてもよく見えます。全く新しい発見でした。


イメージ 3
この姉妹? それにしてもとても良く飛んでくれます。
直進性はFUTURA、横物系はSTINGER、ロール、ループ系は互角ってところ。
最高速度は、赤いSTINGERが220Km/H、紫のFUTURAが200Km/H。6Sでこの速度は十分、ついに中華製もここまで来たのですね。
プロペラ機と全く違ったEDF機の操縦性に虜になっており、シュゴ―の排気音にも魅されています。


イメージ 4
初めて紹介します、うちのガレージキャット”みかん”です。
野良猫の子として我が家のガレージで生まれ育ちました。母猫が老衰で死んでしまってから家の中にもやって来るようになりました。
私がラジコンいじりをやってるとこんな状態でくつろいでいます。


イメージ 5
無理やりつつき起してみると、こんなポーズ。
何やら寝ぼけてるような・・・ まだ眠たいとでも言ってるようですね。
前は、シャム猫を飼っていましたが天命を全うし、今はこのみかんです。


この記事に

月例飛行会

阿蘇場外RC飛行クラブでは、毎月第一日曜日が月例飛行会になっています。
7月1〜2日(土日)の両日行って来ました。

イメージ 1
土曜日は、1フライト、2フライトとすこぶる順調で楽しく飛ばしましたが残念ながら3フライトでアクシデントが有りF22の飛行を中断。
後は、FWスティンガー90EDFで暇つぶし、これも良く飛びます。もしかしたらF3Sもできるかも?

イメージ 3
3フライト目を楽しみ、着陸時よく見ると左のメインギヤが出ていません。
燃料ギリギリまで飛ばしたので、一旦上空に逃げてダイブをかけて引き起し、遠心力でギヤダウンを試みるほど燃料が残っていません。
仕方なくこのまま片足着陸を強行、思ったよりもきれいにタッチダウンでき機体やギヤに損傷は有りませんでした。
この写真は、原因調査してるところです。
原因は、ギアドア開閉のサーボが外れてメインギヤにサーボリード線が絡み付きギヤダウンできなかったことが分かりました。
え? 何故サーボが外れたかって?
国防予算の関係でドアだけ泣く泣く中華製サーボを使いました。ところがこれが致命傷、このサーボ、ゴムマウントの入ってる部分のプラスチックが折れ、サーボがぶら下がっていました。
ヤッパリ国産に変えねばダメか・・・

イメージ 4
7月2日、日曜日こちらは、Jetエプロン。
久しぶりにN氏が来場、楽しくフライトが出来ました。
N氏が私のF22のフライトをスマホで撮ってくれました、動画をYouTubeにアップしていますので紹介します、興味のある方はご覧になってください。

イメージ 6
N氏のチャレンジャー
エンジンに火が入らず難航したが、燃料配管系のトラブルが判明し問題解決。
上空飛行も順調できれいに飛んでいました。

イメージ 7
着陸タッチダウン、おかえり。

イメージ 5
こちらは、レシプロエプロン

イメージ 8
N氏のトロージャン、離陸します。

イメージ 9

イメージ 2

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 10
知り合いの実機マイクロライトも来場、低空飛行で2回ほど通過して行きました。

イメージ 11
こちらも実機のマイクロライト機、滑走訓練中。

イメージ 12
帰り道、向こうの空にはもう積乱雲が出ていました。
これから2時間かけて帰ります。

この記事に

全112ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事