ここから本文です

mode2ss RC JET

書庫全体表示

記事検索
検索

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

04.16(日)行って来ました阿蘇場外飛行場、本日はウルトラライト機との共演です。


イメージ 2
今日の主役、F22ラプターとF15イーグル(EDF) はるか向こうにウルトラライト機が駐機中。
少し寂しいのですがラジコン機は、私独りです。ラジコンクラブの会長もお見えですがウルトラライトの方でフライトしています。
気温23℃ 斜め風 風速3〜4m/S。
今日は、ポリタンク21Lの燃料をすべて使い果たすつもりでいます。


イメージ 4
先着のウルトラライト機から先にフライトを開始しました。


イメージ 3
ウルトラライトが飛んでる間にラジコン機F22ラプターに燃料を給油します。
満タンで4Lほど入りますが、フライトでの燃料消費は3Lで7分間飛ばせます。


イメージ 5
昼食後の一休み。


イメージ 1
ラジコン機とウルトラライト機の共演。


イメージ 6
今日は、エンジン、機体、指、3拍子快調でフライト回数が延びています。
丁度6フライト目、上空飛行中の終盤で、ECU側のリポバッテリーの電圧低下警報が発生。送信機の音声が、電圧低下と繰り返し警告して来ます。
ワンフライト7分間にタイマー設定していますが、うるさいので1分ほど早く着陸。
あと1回分の燃料が残っていますが、これで今日のF22ラプター君のフライトは終了です。


イメージ 7
F22がやむなく終了になったので、F15のフライトに移ります。
離陸滑走に入りスロットル全開にしたところでアクシデント発生!
異常な高回転の音とともにテイクオフラン緊急停止!
一体何が起きたのか?
この続きは次回レポートします。


イメージ 8
これからは、ウルトラライト機。
当ラジコンクラブ会長のY氏の愛機。


イメージ 9
コックピット


イメージ 10


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


この記事に

春恒例の大阿蘇RC航空ショーのご案内
昨年は熊本地震の影響で見送られましたが、今年は5月14日(日)に開催が決まりました。
タイトルも大阿蘇ラジコンマニアの集いと変え、どなたでも無料で参加できるようになりました。


イメージ 1

           大阿蘇ラジコンマニアの集い
当会員及びラジコンの愛好者の方々と親睦を深めたいと思います
皆さんのご参加お待ちしています。
日時 平成29年5月14日(日)
    午前8時より午後5時まで
場所 阿蘇場外離着陸場
資格 ラジコン保険、個人賠償責任保険加入者で、現地の指示に従い安  全に飛行できる人。
主催  阿蘇場外RC飛行クラブ
当日の会場使用料、参加費は、無料です。
弁当、お茶は各自持参してください。  
車両の管理は個人で責任をもって下さい。
当日の飛行回数は参加人数の変動により1回〜2回。
前日5月13日(土)の飛行は当クラブ会長に承諾を得てください。


イメージ 2
参加機体の機種、大小は問いません。
開催日が近くなったら、もう一度のご案内とその時に参加申し込み先を記載します。
皆さんのご参加お待ちしています。


この記事に

こんなにスッキリ、爽快な気分は久しぶり。
ここ半年ズ〜ト悩まされていたステイシー800インパクション。


イメージ 1
1年ぶりに全部分解して主要パーツの交換メンテナンス、すべてのベアリングも交換。
ちょっとだけ、ホバーリングで様子見。
長い間取れなかった微振動がスッキリと取れました、思い当るところが2〜3か所ありました、やっぱり原因が有ったのです。
ヘリの振動発生のメカニズムって微妙ですね。これでまた一つ、ノウハウを取得できました。


イメージ 2
上空モードでもフライト確認。
まったくクリアーな回転音で微振動の発生も嘘のように皆無。
こんなにスッキリしたのは本当に久しぶり、振動が解決していい気分です。


イメージ 3
観測史上2番目に遅咲きとの今年、やっと桜が咲き始めました。
下弦の月も桜の開花を見守っている散歩でのワンショット。


この記事に

クラブ総会開催

4月2日(日)阿蘇場外飛行場にて阿蘇場外RC飛行クラブの総会が開催されました。
今年もいよいよRC本格始動です。
決議された事項などは、後日事務局より報告が有ります。
新規会員を追加募集することも決まりました。
総会が終わりさあこれから飛ばすぞと室外に出ると・・・
なんてことでしょう


イメージ 1
雪混じりのあられが降って少し積もっているではありませんか。
気温2〜3℃、結局今日のフライトは断念。
総会に出席された皆さん、三々五々帰途につきました。
また近いうちにお会いしましょう。


イメージ 2
帰宅後、近場にEPP震電のフライト調整に行ってみましたが、この地面に置いた状態でも風にあおられ浮き上がる始末。


イメージ 3
結局こちらでも飛行ができませんでした。
何とも消化不良の一日でした。


この記事に

Jet初め F22ラプター

3月18日(土)今年のJet初め。
阿蘇カルデラから外輪山へ吹き上げて来る横風がかなり吹いています。
来場者メンバー5名、シーズンスタートです。


イメージ 1
今年のJetは、F22ラプターからのスタートです。
Jetにはかなり厳しい風ですが、とりあえず組み立ててフライトの準備をしました。
給油を終え、これからエンジンテスト。
タービンは、永い眠りから一発で始動できました、好調の様です。


イメージ 8
少し風が良くなって来ましたので、今年のファーストフライトに行って来ます。
最初のフライトはいつもドキドキします。
スロットルを緩やかにあげ、機体が滑り出すとドキドキも最高潮に、機速が十分についたところでエレベータープルアップ! タービン音を残して浮いて行きました。
上空飛行になると、ドキドキしてる余裕もなくなり、曇り空の迷彩塗装ラプターを目でしっかりと追いながら姿勢制御、指へのフィードバックに全神経を集中します。
機体もタービンも好調の様で、昨年のフィーリングが段々と蘇って来ました。
1回目のアプローチでは、強風に押されてうまく行かずゴーアラウンド。
2回目でやっとタッチダウン、まだまだ未熟者です。


イメージ 7
続けて2フライト目に行って来ます。
2フライト目は、ドキドキも収まり精神的にもゆとりができ順調にフライト、と思いきや、さっそく小トラブル発生。
両メインギヤのギヤドアが閉じません。どうもサーボのギヤ舐めの気配。
これで今日は止めておけ、との天の声?
久しぶりにタービン音を聞いて、満足満足。


イメージ 2
小型Jet、フェニックスだったかな?


イメージ 12
ECUバッテリーの不良でフライトならず。


イメージ 3
ゼロ戦、GS機


イメージ 10
横風もなんのその、離陸しま〜す。


イメージ 4
P51ムスタング、GS機。


イメージ 11
風にあおられ、ゴーアラウンド。


イメージ 5
強風、横風でもこいつは良く飛びます。 FOX2.1S カシオペア
まだ未塗装、今年はちゃんと塗装しなくては。


イメージ 6
実機、ジャイロコプターも2機来ていました。


イメージ 9
本命のF22の方が忙しく、SM F15は、飛べず。 次回に持ち越し。
今年のJet初めは、幸運にも昨年より1か月以上も早く始まりました。


この記事に

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事