四天王寺小説道場

プロたちの見えないところでの秘策

四天王寺小説道場

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

本年前半、FB(フェイスブック)サイトで、対象とする作品25点を公開し、閲覧者に投票という形式で、人気度を集めた。
結果として以下の5点が入賞した。
たかはしてつじろう「化粧隠し」
松本のぼる「ジャスミンという名のロボット」
岬魅堂「アネクメーネに月冴えて」
玄田彩「波乱の季節」
喜多圭介「八雲立つ」

現在、5点のカバーデザインが完成し、電子版化の作業をすすめています。
10月中には、発売の運び。

この記事に

開く コメント(0)

 数ヶ月にわたり、FBで連続掲載してきた23点の作品のうち、二次通過作品は、11点。
 この中から、5から6点を受賞作とします。

 ついては、受賞者のうち、大賞1点には、賞金3万円。
 他の受賞作については、すべて電子図書として編集し、有名サイトにて、公開・販売します。
 すべての著者には著作権ありきの図書になりますので、印税20%を提供します。
 
 最終発表は、予定変更し、23日中に発表します。
 それまで、お待ちください。

この記事に

開く コメント(0)

 さる2月から、FB(フェイス・ブック)のページで、告知してきた、FB文学賞の中間発表を行います。
 サイトでは、10日発表としているので、少し前倒しです。

 _従儕し
 八雲立つ
 女性フーゾク・ライター
 ぅ献礇好潺鵑箸いμ召離蹈椒奪
 ド談の妻
 η藩陲竜╂
 Д▲優メーネに月冴えて
 ┘謄ヤ
 永国寺幽霊物語
 ラスコーリニコフの部屋
 女と男とおんな

 以上、11点を二次通過作品とします。

 リトル社主催、FB文学賞最終ラウンド、一歩手前。
 受賞作品の発表は、7月25日です。

この記事に

開く コメント(0)

2018年度のリトル社FB文学賞は、当月11日をもって、ノミネート作品すべての公開を終了。
トータル22点の作品が公開された。

FB文学賞規定
  募集要項
  小説(短編・ワード50から100枚ぐらい)
 投稿作品はFBで公開する。閲覧者は、公開作品に点数をつけて、リトル社のメールに評価をしらせる。
  その集計結果によって、大賞を決定します。
  大賞は賞金3万円 無償で電子版図書の販売へ
  応募期間は、4月10日から7月11日まで。

7月1日現在までのノミネート作品
 作品100 白薔薇と紅薔薇
 作品101 贋夢譚 彫る男
 作品102 坂道の少年
 作品103 すじポン
 作品104 亀の背に乗って南渡難
 作品105 樹衛門
 作品106 化粧隠し
 作品107 ノギスの玄馬 
 作品108 トリガー
 作品109 倅
 作品110 八雲立つ
 作品111 視線
 作品112 女性フーゾク・ライター
 作品113 ジャスミンという名のロボット
 作品114 筆談の妻
 作品115 波乱の季節
 作品116 アネクメーネに月冴えて
 作品117 テキヤ
 作品118 無名山
 作品119 北海道ヘ行けず月にいった男
 作品120 永国寺幽霊物語
 作品121 ラスコーリニコフの部屋
 作品122 女と男とおんな

 以上23点の作品がノミネートされました。
 「文学賞候補・二次予選通過作品」→7月11日公開

この記事に

開く コメント(0)

 さる1月28日、大阪市内のホテルにて開催の創業祭および文芸賞授賞式には、多数の先生がたがおいでになりました。
 とくに、日本ペンクラブ理事、日本文藝家協会理事、歴史時代作家クラブ・代表幹事の岳真也先生、さらに歴史小説のベストセラー作家上田秀人先生をお招きし、文学的かおりの高いパーティーとなりました。
 この日、文学賞および特別賞を受賞されたみなさん。
 文芸大賞 山上安見子さん
 同次点  酒匂つよしさん
 特別賞  支刈誠也さん
 特別賞  文正夫さん
 特別賞  高橋てつじろうさん
 特別賞  富樫 庸さん

 パーティーは、3時間あまり、表彰式のほかに、余興として、お笑い芸人による漫才をはじめ、パフォーマンスの踊りと歌、さらに大賞受賞の山上さんによる能「井筒」の謡い、マジック、日本舞踊等々、多彩な出し物になりました。
 二次会は、岳真也先生を囲んでの、出版界、作家のよもやまばなしに花が咲いた。

この記事に

開く コメント(0)

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事