ここから本文です
富士市から発信
名前のNITOを声を出して逆さに言うとTONY?

書庫全体表示

ルーブル美術館見学

ルーブル美術館

パリ観光で人気のスポットといえばルーブル美術館、オルセー美術館の見学ではないでしょうか
5月31日午後ルーブル美術館を見学してきました

31日パリに到着し午前中パリ市内をツアーバスで観光し午後から女房と2人でルーブル美術館に向かいました、パリの物価は日本に比べて約2倍くらい高いけれど美術館の入場料はとても安いとは午前中市内観光の案内をしてくれたガイドさんの言葉です、
待ち時間なしで入場後、日本語の音声ガイドを借りて見学を始めました、
ルーブル美術館はじっくり見ると1週間以上かかるとのこと、
音声ガイドに従って先ず古代エジプトの美術品を見物しました
ルーブル美術館の中は撮影はOK但しフラッシュはだめという意味の絵が掲示してありましたがほとんどのの観光客はデジカメでフラッシュを光らせて撮っていました(私はフラッシュ無しで撮ってますよ)、
ほとんどの人がデジカメを持っていてそのほとんどが日本メーカーのデジカメで取りまくっているという感じでした

中央入り口のピラミッド、美術館の中から撮った画像です
イメージ 1

スフインクスが迎えてくれます
イメージ 2
イメージ 3

美術館の中に古代エジプトの神殿が再現されています
イメージ 4

イメージ 5

本物のミイラ
イメージ 6

音声ガイドの案内で古代エジプト美術品を見終わったら2時間以上が経って、疲れてきた、でも他にも見たいものがある、
モナリザを見に移動、以前東京で見たときは歩きながらの見物しか出来なかったが好きなだけ見ていることが出来るしデジカメで撮ることも出来たし満足、
画像がピンボケは残念
イメージ 7

同じ部屋の「カナの婚宴」はルーブル最大の絵ということを日本語音声ガイドの解説で知りました
イメージ 8

ミロのビーナス、見物人は少なくゆっくり観賞できました
イメージ 9

イメージ 10

まだまだ見たい気持ちはあるけれど疲れたし、PM6時前引き上げてホテルに向かいました
確かに入場料9ユーロ(1500円)ほどであれだけのものが見られる、(見切れないものがほとんどですが)は安いですね

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事