ここから本文です



ちんたらお昼近くからくじゅうを目指して行ってきました


    ダイジェストです・・・


ワダソウ
イメージ 1


ワチガイソウ
イメージ 2


バイカイカリソウ
イメージ 3


ヒゴイカリソウ
イメージ 4


サクラソウ
イメージ 5


ヤマボウエンゴサク
イメージ 6


ジロボウエンゴサク
イメージ 7


ウワミズザクラ?
イメージ 8


ウツギ系?・・・
イメージ 9


フデリンドウ
イメージ 10


ヤマルリソウ
イメージ 11


ムラサキケマン
イメージ 12


サバノオ
イメージ 13


ハルトラノオ
イメージ 14


ヒトリシズカ
イメージ 15


シロバナネコノメ
イメージ 16


ミヤマハコベ
イメージ 17


コガネネコノメソウ
イメージ 18


〇〇チャルメルソウ
イメージ 19


ユキザサ
イメージ 20


ヘビイチゴ?
イメージ 27


キランソウ
イメージ 21


う〜ん。。。エイザンスミレ?
イメージ 22


ゴヨウアケビ
イメージ 23


イメージ 24


ミツバアケビ
イメージ 25


イメージ 26








この記事に





イメージ 1



野焼きのあとの黒き大地にキスミレが咲き出すと
もうすっかり春なんだよってみんなが囁きはじめ
私を囲む空気までもがそわそわ浮かれて踊りだす

虫が顔を出し散歩をすれば鳥も賑やかに歌いだす
さあさあ重い服は脱ぎ捨てておひさまにご挨拶を
冬に刺した春の花たちが風に戯れ足に纏わりつく

いつもいつも眺めていた小さなガラス窓の向こう
雪が溶ければ一面のキスミレが咲き誇るあの丘に
あなたがだんだん大きく現れる姿を想っていたの

今日こそその日
きっとあなたはあの丘に立って私に手を振るはず



キスミレの花言葉 。。。 牧歌的な喜び、慎ましい喜び









この記事に






ラヴェル / 亡き王女のためのパヴァーヌ ( Ravel / Pavane-pour-une-infante-defunte )1899年

1875年3月7日〜1937年12月28日





ドビュッシー/小さな黒人 pf.Vincenzo Balzani1909年

※ゴリウォーグのケークウォーク1906〜1908
1862年8月22日〜1918年3月25日


サティ / ピカデリー 
Erik Satie - Le Piccadilly - Sheet music   1901年

1866年5月17日〜1925年7月1日



*ピカデリーのほうが小さな黒人より早い









この記事に

びっくりぽん

5月にはファン限定のライブに当たったから福岡のライブハウスに行くんだけど。。。
おめでとうコールで沸くだろうなぁ


イメージ 1




1年間のお付き合いだそうな。。。
一昨年から昨年、1年以上体調悪く活動を休止してたんだよね、志帆ちゃん。
心が弱くなってたんだろうなぁ。。。


そう思う。。。


いや、めでたいんだよ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事