ここから本文です
本宮ステン所
★訪問して頂きありがとうございます★ 現在は【Twitter】で主に活動してます。よろしくお願いします。
イメージ 1

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』2018年10月5日(金)よりTV放送開始!
シリーズ最高傑作『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』が装いも新たに復活!
衝撃に備えろ、これが混迷の21世紀に送る『愛の戦士たち』だ!!


放送局情報
テレビ東京 毎週金曜深夜1時23分〜
テレビ大阪 毎週金曜深夜2時10分〜
テレビ愛知 毎週金曜深夜2時05分〜

STAFF
製作総指揮:西彰司/シリーズ構成・脚本:福井晴敏/監督:羽原信義/副監督:小林誠/メカニカルデザイン:玉盛順一朗
メカニカルデザイン:石津泰志/キャラクターデザイン:結城信輝/音楽:宮川彬良・宮川泰

CAST
古代進:小野大輔/森雪:桑島法子/真田志郎:大塚芳忠/徳川彦左衛門:麦人/南部康雄:赤羽根健治/相原義一:國分和人
榎本勇:津田健次郎/ローレン・バレル:てらそままさき/クラウス・キーマン:神谷浩史/ズォーダー:手塚秀彰/テレサ:神田沙也加

【公式サイト】http://yamato2202.net/

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

全国のゲームセンターで好評稼働中の電車運転士体験ゲーム「電車でGO!!」で初登場となる「総武線」の新路線を含むアップデートを、近日中に予定しております!

今回初登場となる「総武線」は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線で、千葉駅から御茶ノ水駅を経由し、三鷹駅までを各駅停車で結ぶ黄色いラインカラーが多くの方に親しまれている路線でもあります。
また、今回のアップデートでの新要素として、“信号機”、“徐行標識”、“エアセクション”などで、山手線とは異なる雰囲気を追加しています。
アップデート日や具体的な運転区間については、続報をお待ちください!

2018年6月4日 (月)


電車でGO!!に総武線が加わったので、タイトーさんにお誘いを受け遊んできました。もっともっと路線が延長していく事を願っています。

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【リリース情報】
“新世紀エヴァンゲリオン”不朽の名曲「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」がダブルA面マキシシングルとして発売!!

1995年に放送スタートしたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。
現在に至るまでハイセールスが続き、カラオケでも歌い継がれる楽曲である主題歌の『残酷な天使のテーゼ』(歌:高橋洋子)及びTVシリーズ後に公開された映画「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生」の主題歌である『魂のルフラン』(歌:高橋洋子)の2曲及びそのインストを1枚のマキシシングルに収めて発売!また、オリジナル音源を当時のアナログテープからリマスタリングしたほか、ジャケットは新世紀エヴァンゲリオン当時からエヴァンゲリオンに関わり続ける摩 砂 雪氏が、渾身の描き下ろし担当!


発売日:2018年6月20日
定価:¥1,000+税
品番:KICM-3340

【収録内容】
M1:残酷な天使のテーゼ(TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌)
M2:魂のルフラン(「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生」主題歌)
M3:残酷な天使のテーゼ off vocal ver.
M4:魂のルフランoff vocal ver.

【作品説明】
「残酷な天使のテーゼ」MUSIC VIDEO(HDver.)/Zankoku na Tenshi no Te-ze“The Cruel Angel's Thesis”とは、摩 砂 雪監督が2003年に発表した「残酷な天使のテーゼ」MUSIC VIDEO作品の映像をベースとし、摩 砂 雪監督自らが、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズから、HD映像を使用して再編集・再調整をおこなった作品となります。

【監督のプロフィール】
摩 砂 雪 MASAYUKI1961年生まれ。長野県出身。アニメーター、演出家。江古田のとあるスタジオで『さすがの猿飛』(1982年)の作画監督を務め、激しいアクションシーンが話題に。1995年の『新世紀エヴァンゲリオン』でも副監督、画コンテ、作画監督他、全面的に参加、岡本喜八監督に大きな影響を受けた編集術が高く評価され、劇場版では「DEATH」編を監督。『ナディア』や『FLCL(フリクリ)』(2000年)などでも編集版のPVを多く手がけている。庵野秀明監督の実写劇場版『キューティーハニー』(2004年)では監督補佐を務め、アニメ版『Re:キューティーハニー』(2004年)では監督を担当。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序・破・Q』では監督として参加している。

(C)カラー/Project Eva.

この記事に

イメージ 1

5月25日(金)からの第五章劇場上映を記念し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』をより楽しんでいただくための特別番組「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の宣伝会議」がまたまた帰ってきた!

今回も第四章に引き続き監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さん、アニメライターの小林治さんによるMCで外ロケスペシャルでお送り致しますのでどうぞお見逃しなく!

<出演>
羽原信義(監督)
福井晴敏(シリーズ構成)
中村繪里子(桐生美影役)
MC・小林治(アニメライター)
ナレーション・森谷里美

イメージ 2

<配信スケジュール>
5/21(月)配信:第0回 プロローグ 
5/22(火)配信:第1回「シリーズ作品には復習が必要だ! 編」
5/23(水)配信:第2回「シリーズ作品には復習が必要だ!part2 編」
5/24(木)配信:第3回「PVには秘密が満載だ! 編」
5/25(金)配信:第4回「冒頭10分には、知りたい謎がいっぱいだ! 編」
6/1(金)配信:第5回「第四章のヒットにはみんなの愛が必要だ! 編」
6/8(金)配信:第6回「第四章のヒットにはみんなの愛が必要だ!part2 編」


■ STAFF 
製作総指揮:西彰司/原作:西義展/監督:羽原信義/シリーズ構成:福井晴敏/副監督:小林 誠/キャラクターデザイン:結城信輝/メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志/編集:小野寺絵美/音楽:宮川彬良・宮川 泰

■CAST
古代 進:小野大輔/森 雪:桑島法子/島 大介:鈴村健一/真田志郎:大塚芳忠/南部康雄:赤羽根健治/相原義一:國分和人/太田健二郎:千葉優輝/徳川彦左衛門:麦人/佐渡酒造:千葉 繁/西条未来:森谷里美/加藤三郎:細谷佳正/山本 玲:田中理恵/斉藤 始:東地宏樹/永倉志織:雨谷和砂/土方 竜:石塚運昇/桂木透子:甲斐田裕子/藤堂早紀:高垣彩陽/市瀬美奈:黒沢ともよ/安田俊太郎:ささきいさお/ズォーダー:手塚秀彰/キーマン:神谷浩史/デスラー:山寺宏一/エーリク・ヴァム・デスラー:井上和彦/マティウス・デスラー:草尾毅/アデルシア・デスラー:池田昌子/ミル:内山昂輝/テレサ:神田沙也加/

【公式サイト】http://yamato2202.net/
【公式twitter】https://twitter.com/new_yamato_2199



この記事に

イメージ 1

今月6月20日にリリースされる “Echo”は、DEAN FUJIOKAが主演するフジテレビ系の連続ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』の主題歌。DEAN FUJIOKAによる書き下ろし曲で、クラブミュージックのWaveにインスピレーションを受けて制作された。ドラマのストーリーの謎を紐解く要素も含まれた全英語詞の楽曲になっている。



イメージ 7


(最上もが)MVはDEANさんに操られる役でしたが、一人でダンスするシーンはほぼ振り付けもなく、なんとなくこんな感じで!と演出の長谷川さんに言われ、あとはもうやってみるしかない!と、踊っていました。床が滑るのとやたら靴が脱げそうになりました。


イメージ 2

MVでDEAN FUJIOKAが演じるのはヴァンパイア。最上もがが演じる人間の女性を棺に入れ、何世紀もの時間を駆け抜けて蘇らせるというストーリーだ。時を駆け抜けるシーンは、夜の街を合成したCGを背景にDEAN FUJIOKAがランニングマシーンを走る姿で表現。公開された映像では、DEAN FUJIOKAに牙が生えて血を飲む場面や、最上がヴァンパイアに操られて無機質なダンスを踊る様子などが確認できる。


(最上もが)あまりかっちり設定を聞かされたわけではないですが、死んでもなお、自らのモノにしようと操るけれど、失敗に終わった...という感じですかね。彼は何を思い、彼女は何を思っているのか 考えると切なくなるような、ゾクゾクするような、不思議な世界でした。曲を頂いた時にリピートしてたのですが、終わりのないような、ずっと聴いていたくなる曲です。

イメージ 3

監督を務めた二宮健は「DEANさんとの次なる挑戦は、時をかけるランニングドラキュラDEAN FUJIOKAを誕生させることでした。愛が迷宮入りしていく世界の中で、幾度となく輪廻する男女の情景を描きました。物語の中で神秘的な美しさを放つ、最上もがさんとの競演にもご注目ください」とコメントしている。



DEAN FUJIOKA 2nd Single「Echo」
2018.6.20 Release!


最上もが Instagram より
「DEAN FUJIOKA 2nd Single『Echo』メイキング

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

[CD]
1. Echo
2. Hope
3. Echo(Instrumental)
4. Hope(Instrumental)


[DVD1]
全国ツアー『DEAN FUJIOKA 1st Japan Tour ”History In The Making 2018”』大阪ファイナル公演より
・Speechless
・Midnight Messenger mabanua Remix
・Mr. Taxi
・Kiss Goodbye
・DoReMi
・Let it snow!
・My Dimension
PV
・Let it snow!(Music Video)
・Let it snow!(Music Video Behind the Scene)


[DVD2]
・DEAN CHANNEL DELUXE
・Echo(Behind the Scene)
※DVD1は初回限定盤A、DVD2は初回限定盤Bに付属



この記事に

イメージ 1

5月25日(金)からの第五章劇場上映を記念し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』をより楽しんでいただくための特別番組「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の宣伝会議」がまたまた帰ってきた!

今回も第四章に引き続き監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さん、アニメライターの小林治さんによるMCで外ロケスペシャルでお送り致しますのでどうぞお見逃しなく!

<出演>
羽原信義(監督)
福井晴敏(シリーズ構成)
中村繪里子(桐生美影役)
MC・小林治(アニメライター)
ナレーション・森谷里美

イメージ 2

<配信スケジュール>
5/21(月)配信:第0回 プロローグ 
5/22(火)配信:第1回「シリーズ作品には復習が必要だ! 編」
5/23(水)配信:第2回「シリーズ作品には復習が必要だ!part2 編」
5/24(木)配信:第3回「PVには秘密が満載だ! 編」
5/25(金)配信:第4回「冒頭10分には、知りたい謎がいっぱいだ! 編」
6/1(金)配信:第5回「第四章のヒットにはみんなの愛が必要だ! 編」
6/8(金)配信:第6回「第四章のヒットにはみんなの愛が必要だ!part2 編」


■ STAFF 
製作総指揮:西彰司/原作:西義展/監督:羽原信義/シリーズ構成:福井晴敏/副監督:小林 誠/キャラクターデザイン:結城信輝/メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志/編集:小野寺絵美/音楽:宮川彬良・宮川 泰

■CAST
古代 進:小野大輔/森 雪:桑島法子/島 大介:鈴村健一/真田志郎:大塚芳忠/南部康雄:赤羽根健治/相原義一:國分和人/太田健二郎:千葉優輝/徳川彦左衛門:麦人/佐渡酒造:千葉 繁/西条未来:森谷里美/加藤三郎:細谷佳正/山本 玲:田中理恵/斉藤 始:東地宏樹/永倉志織:雨谷和砂/土方 竜:石塚運昇/桂木透子:甲斐田裕子/藤堂早紀:高垣彩陽/市瀬美奈:黒沢ともよ/安田俊太郎:ささきいさお/ズォーダー:手塚秀彰/キーマン:神谷浩史/デスラー:山寺宏一/エーリク・ヴァム・デスラー:井上和彦/マティウス・デスラー:草尾毅/アデルシア・デスラー:池田昌子/ミル:内山昂輝/テレサ:神田沙也加/

【公式サイト】http://yamato2202.net/
【公式twitter】https://twitter.com/new_yamato_2199

この記事に

イメージ 1

5月25日(金)からの第五章劇場上映を記念し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』をより楽しんでいただくための特別番組「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の宣伝会議」がまたまた帰ってきた!

今回も第四章に引き続き監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さん、アニメライターの小林治さんによるMCで外ロケスペシャルでお送り致しますのでどうぞお見逃しなく!

<出演>
羽原信義(監督)
福井晴敏(シリーズ構成)
中村繪里子(桐生美影役)
MC・小林治(アニメライター)
ナレーション・森谷里美

イメージ 2

<配信スケジュール>
5/21(月)配信:第0回 プロローグ 
5/22(火)配信:第1回「シリーズ作品には復習が必要だ! 編」
5/23(水)配信:第2回「シリーズ作品には復習が必要だ!part2 編」
5/24(木)配信:第3回「PVには秘密が満載だ! 編」
5/25(金)配信:第4回「冒頭10分には、知りたい謎がいっぱいだ! 編」
6/1(金)配信:第5回「第四章のヒットにはみんなの愛が必要だ! 編」
6/8(金)配信:第6回「第四章のヒットにはみんなの愛が必要だ!part2 編」


■ STAFF 
製作総指揮:西彰司/原作:西義展/監督:羽原信義/シリーズ構成:福井晴敏/副監督:小林 誠/キャラクターデザイン:結城信輝/メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志/編集:小野寺絵美/音楽:宮川彬良・宮川 泰

■CAST
古代 進:小野大輔/森 雪:桑島法子/島 大介:鈴村健一/真田志郎:大塚芳忠/南部康雄:赤羽根健治/相原義一:國分和人/太田健二郎:千葉優輝/徳川彦左衛門:麦人/佐渡酒造:千葉 繁/西条未来:森谷里美/加藤三郎:細谷佳正/山本 玲:田中理恵/斉藤 始:東地宏樹/永倉志織:雨谷和砂/土方 竜:石塚運昇/桂木透子:甲斐田裕子/藤堂早紀:高垣彩陽/市瀬美奈:黒沢ともよ/安田俊太郎:ささきいさお/ズォーダー:手塚秀彰/キーマン:神谷浩史/デスラー:山寺宏一/エーリク・ヴァム・デスラー:井上和彦/マティウス・デスラー:草尾毅/アデルシア・デスラー:池田昌子/ミル:内山昂輝/テレサ:神田沙也加/

【公式サイト】http://yamato2202.net/
【公式twitter】https://twitter.com/new_yamato_2199

この記事に

イメージ 1

hideが逝去して20年となる今年最新版
トリビュート・アルバムが遂に完成!

「hide TRIBUTE IMPULSE」
2018年6月6日 発売
UPCH-2162 ¥3,000(税抜)

hideの音楽が放ってきた自由さ、ダイナミズム、刺激、楽しさ、そしてロックの醍醐味を、生前のhideと交流があり今も活動を続ける同世代のアーティスト、彼の音楽をリアルタイムで肌で感じ、その興奮を自らの血肉とした若い世代のバンド、そしてhideのことは後追いで知ったにも関わらず、時代を超える形で彼のスピリットに感銘と影響を大きく受けた新時代の才能・・・など、hideの音楽スケール同様に、幅広く、バラエティに富んだアーティストが参加したトリビュート・アルバム。

更に、トリビュート・アルバムとしては異例ではあるが、20年間、誰にも聴かれることなく眠っていたhideの未発表ボーカル音源「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」の収録が急遽決定。全11曲を収録。


■「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」について
映画『HURRY GO ROUND』から生まれたもう一つの奇跡

この映画がなければ、そしてインタビュー撮影がなければ決して見つかることのなかったボーカルトラック。hideが導いてくれた偶然は必然となり、20年間眠っていた歌声が今、よみがえる。

〜このボーカルトラックが発見されるまで〜
映画『HUURRY GO ROUND』の製作スケジュールも終盤に差し迫った頃、都内スタジオにて、hideの共同プロデューサーでもあるI.N.A.のインタビュー撮影が行われた。その撮影シーンを通し、「HURRY GO ROUND」のデモ音源が、20年の時を経て、初めて公の場で聴かれることとなった。部分的ではあったが、その音源にパッケージされた生々しいhideの歌声に、現場スタッフ達は驚きと感動を隠せなかった。撮影終了後、スタッフは「この音源を映画に使用したい」とI.N.A.に切望。だがそれは、あくまでもデモ音源であるため、作品として公開することは不可能と判断された。I.N.A.は、涙ながらに訴えかけるスタッフの声が頭から離れず、その夜、改めて「HURRY GO ROUND」のデモ音源データを見直したという、そして、あるファイルを発見する。「hide vocal Take2」それは20年間、誰にも聴かれることなく眠っていたhideの未発表ボーカル音源ファイルだった。

【I.N.A.が映画スタッフに送ったメール全文】
I.N.A.です。先日はありがとうございました。

撮影の後、音声スタッフが「デモ音源のhideさんの歌声が生々しくて震えた」と語っていたのが印象的で、スタジオに戻ってから「HURRY GO ROUND」のレコーディングデータを改めて見直してみました。すると、データに見慣れない文字が。「hide vocal Take2」聴いてみて本当に驚きました。オリジナルとは別のバージョンの歌が存在していたのです。なぜ今まで気がつかなかったのか・・・・・・。そして、なぜこのタイミングで・・・・・・。「イナちゃん、これみんなに聴かせてやってくれよ」hideちゃんが、そう言っている気がしてならないのです。20年間、誰にも聴かれることなく眠っていたこの歌声を、どうかファンの皆さんに届けてあげてください。よろしくお願いします。

〜「hide TRIBUTE IMPULSE」に「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」が収録された理由〜hide 20th Memorial Projectとして、映画『HURRY GO ROUND』と同時期に制作が進められていたhideの最新版トリビュート・アルバム。発売日は、映画公開直後の6月上旬を予定していた。そんな制作過程の中、「HURRY GO ROUND」のhideの別テイクのボーカル音源が見つかり、急遽映画の主題歌として採用されることが決定。偶然にも、このトリビュート・アルバムに参加してくれていたどのアーティストも「HURRY GO ROUND」を選曲していなかったこと、そして、アルバムが完成する直前のタイミングにこの曲が見つかったという偶然。そこで、映画本編のみならず、より多くの人々にこのhideの歌声を届ける為、異例ではあるが、トリビュート・アルバムにも収録することを急遽決定した。

■ユニバーサルミュージック公式サイト
■hideオフィシャルサイトhttp://www.hide-city.com/
■映画「HURRY GO ROUND」特設サイト

この記事に

イメージ 1

※すでに開催期間は過ぎています。

池袋 サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA
文化会館ビル4F 展示ホールB
※入場受付は展示ホールAとなります。
開催期間:2018年4月27日(金) 〜 5月6日(日)
10日間開催
開催時間:10:00 〜 16:30(最終入場16:00)
前売券(日付指定)
大人(中学生以上)900円、子ども(3歳〜小学生)700円
※当日券は前売料金に100円増しとなります。
※税込金額
※2歳以下は入場無料


今年は池袋 サンシャインシティでの開催でした。
最終日に行ったので、空いていて良かったです。
今年は初めてプラレールの量り売りをやってみました。

鈴川絢子のTwitter:https://twitter.com/kinokostar_suzu
鈴川絢子のインスタグラム:http://instagram.com/suzukawaayako

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事