ここから本文です
本宮ステン所
★訪問して頂きありがとうございます★ 現在は【Twitter】で主に活動してます。よろしくお願いします。

書庫全体表示

イメージ 1

先ずはさて置き、こちらの新聞記事をご覧下さい。
イメージ 2
今年の1月21日に地元紙「岩手日報&盛岡タイムス」に掲載された記事をスクラップしていたものです。

皆さんは、岩手県雫石町に昭和初期から約25年間、奥羽山系から木材を搬出するため森林鉄道が南北に延びていた事をご存知だろうか?



一昨年発売された「日本鉄道旅行地図帳・東北版(新潮社)」にもその路線が掲載されていました。
イメージ 3

当時、雫石町には青森営林局雫石営林署が管理する鶯宿林用軌道本線、鶯宿林用軌道南畑大倉沢線、葛根田川林用軌道線の三路線の森林鉄道が走っていたそうで、概ね昭和30年代には全線廃止になったという。

何れも貯木場があった雫石駅裏南口を基点に、鶯宿林用軌道本線は現在の南畑小学校付近で分岐して、鶯宿ダム上流を遡りインクラインで峠を越え沢内村(現.西和賀町)まで約30km。鶯宿林用軌道南畑大倉沢線は南畑小学校で分岐した後、現在のレン滝ダム付近まで約20km。葛根田川林用軌道線は玄武洞を経て、岩手山麓の滝ノ上温泉付近まで約20kmをそれぞれ運行していたとのこと。

その中でも今回は、比較的平野部を通っていた「葛根田川森林鉄道(林用軌道)」の廃線跡を辿ってみた。

最初にネタバレになるのですが、これと言った遺構は特に無いので過度な期待はしないで下さいね^^;

しかしながら、軌道の跡はほぼ忠実に生活道路として残っているので、場所によっては往時の雰囲気も、少しは感じていただけると思います♪

当時の地図からご覧下さい(大きいのでクリックしてどうぞ)
イメージ 4
イメージ 5
林用軌道に重ならないように、軌道に沿って黄色くマーキングしています。

現在の田沢湖線・雫石駅は、秋田新幹線も停車する駅で、駅舎は新幹線開業時に建て替えられています。
イメージ 6

雫石駅南口。葛根田川林用軌道線の起点となる林鉄雫石駅があったはず。。。
イメージ 7

拡大地図
国鉄雫石駅は大正10年(1921年)6月25日、国有鉄道・橋場軽便線の終着駅として開業しましたが、森林鉄道の駅が何年に開業したのかは不明です。
イメージ 8

ここは鶯宿林用軌道の起点でもあったので、ちょっとしたターミナルだったはずだが、現在は新興住宅地になり当時の面影は全くない。
イメージ 9

雫石駅のすぐ盛岡寄りにある踏切名が「営林署貯木場踏切」だった。唯一の生き証人かも知れない。
イメージ 10

その踏切から雫石駅方向を眺めてみるが、当然何も残ってはいない。
住宅地になる前には林鉄の車庫も残っていたそうだ。現在では整地されあった場所も特定はできず。
イメージ 11

上記の新聞に掲載されていた、当時の雫石駅裏の貯木場の写真。
イメージ 12

早速、葛根田川線の廃線跡を探してみるが、田んぼや道路に区画整理されていて全く分かりません。
イメージ 13

地図と照らし合わせると、この舗装道路を西に向っていたはずなのだが・・・
イメージ 14

次回へ続く…



この記事に

  • 顔アイコン

    すごいですね!!!もとみやえきさん研究熱心ですね!!!
    祖父が営林署にいて丁度そのころ雫石にいて木材専用列車があって乗ったとききましたが、このことなんでしょうか?
    青森とかにもあるそうですが、凄く専門的ですね!!!
    列車好きの方は皆さん研究家なんですね〜!!!

    [ 星川小夜香 占いの部屋 ]

    2010/7/31(土) 午後 6:51

    返信する
  • 顔アイコン

    この路線については専門家がいるのですねぇ〜論文なんか出ているのでしょうか・・・
    区画整備されますと、現地へ行ってもまったく分かりませんね。
    区画整備する際に交差する道路に「鉄道跡」と看板を設置して欲しいですな(笑)

    鉄旅

    2010/7/31(土) 午後 9:30

    返信する
  • アバター

    suzumeさん>興味があると、知らず知らずのうちに調べてしまいます^^
    お祖父さんは、ここの雫石の営林署勤務だったのですか!
    おそらく、お祖父さんが乗った路線だと思いますよ。
    東北では津軽森林鉄道が、初めてできた森林鉄道だったそうです。
    青森には森林鉄道の車両も保存展示されている博物館もあります。
    →http://www.city.aomori.aomori.jp/contents/bunkazai/inisie/sinpaku/main_sinpaku.html

    もとみやえき(^^♪

    2010/8/1(日) 午後 3:11

    返信する
  • アバター

    鉄旅さん>論文が出たとまでは聞いていませんが、新聞の関敬一さんは「滴石史談会」の方で、この鉄道調査の第一人者ですね。
    ぜひ、詳細な林鉄のことを書籍などにまとめて出版してほしいと思います。
    廃線跡の案内板などがあると、探訪するには助かりますが、自分で探す楽しみはなくなるので、うーん、悩むところではありますよね^^;

    もとみやえき(^^♪

    2010/8/1(日) 午後 3:19

    返信する
  • 顔アイコン

    初めてブログを拝見しました。滴石史談会の関 敬一と申します。
    雫石を走っていた森林軌道のことがこうして話題になっていることはうれしい限りです。もし、研究発表時の資料が必要でしたならコピーになりますが差し上げてもいいです。研究発表後もルートを探索するしております。鶯宿線二線には、橋脚の橋桁が残っている個所が4か所見つかりました。また、当時の関係者の方のご遺族から貴重な写真などもお預かりしています。森林軌道の研究にお役に立つのであればご提供もやぶさかではありませんし、現地をご案内してもいいです。
    私の住所は雫石町下町31番地。電話は019−692−2392番です。ご連絡ください。

    [ fdb*b*12 ]

    2010/11/7(日) 午後 4:03

    返信する
  • アバター

    fdb*b*12さん>いや関敬一さんですか〜!!驚きました@@;
    今回記事にするに当って、こちらの新聞記事などを参考にさせていただきまして、こちらの方こそ、嬉しいですしお礼申し上げます☆
    何とも光栄なことで、恐れ入ります。はい!喜んで連絡させていただきます。
    実は、鶯宿の2つの路線については、大雑把ですが一応見て廻りました。
    でも、あくまで見てだけで、資料も少なくブログの記事にするには、まだ情報が不足していました。現地の案内も、ぜひお時間が合えばお願いしたいと思います。
    必ずご連絡いたしますので、その節は、何卒宜しくお願い致します。

    もとみやえき(^^♪

    2010/11/7(日) 午後 10:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事