TOQ(東海クイズ研究愛好会)

TOQ(東海クイズ研究愛好会)のブログです前ブログ(http://toqclub.blog.fc2.com)から移行しました

5月例会振り返り

どうもどうも、またまたごるぶろです。前回の続きを書いていきます

3R
コースA 7-7
はるるんさんが出場。バルサさん、心太さんに続いて、3抜けしていました
7-7らしいクイズができていてすごかったです

コースC 7by7
僕とぜんざいが出場。僕は、「蒼茫」、「カリギュラ効果」などを正解し、2抜け。初めて3Rを勝ち抜けたのでうれしかったです。
ぜんざいは惜しくも敗退してしまいましたが、1年目でかなり奮闘していたのですごかったです

コースD Swedish7
三日月宗近が出場。誤答をあまりしないクイズで、見事1抜け。
ほかにもたくさん強い人がいる中で1抜けしたのはすごいと思いました

ExR
step1
1問目、2問目ではあまり減らず、3問目になってぜんざい、isitaiが残り,2へ

step2
isitaiは2○を積み、リーチをかけるも、「ロールシャッハテスト」を思い出せず、トビ。ぜんざいもトンでしまいました

QF
15問限定の読み切りボードクイズ
僕は5問目の「ラブカ」まで1問も正解を出すことができずに苦戦していました。
しかしこの後、「デルフト」の少数正解をはじめとし、正解を多く出すことができました。
15問終了時に、はるるんさんは6位か7位で勝ち抜け、僕は通過ぎりぎりの8位で通過することができました。
三日月宗近は僕と1点差で9位。惜しくも敗退となりました。

SF
3セットのタイムレース
1セット目はあまり正解を出せず、1-1で終了。はるるんさんは2-2とかだった気がします
2セット目は誤答に厳しかったため慎重に言ったところ1×を積んでしまいました。
はるるんさんは誤答がかさんでしまいここで敗退…
3セット目は取れる問題がたくさんあったものの、かなり落としてしまい、点数を伸ばせず敗退してしまいました。

その後は観戦。バルサさんがめっちゃ強かったです。

5月例会を開いてくださったスタッフの方々、本当にありがとうございました!
以上ごるぶろでした。

この記事に

開く コメント(0)

5月例会振り返り

どうも皆さんこんにちは。中二のごーるでんぶろんずと申すものです。
こういうブログとか全然やり方わからないうえに、紙がかった語彙力を持っているので破滅が予想されますがお許しください。
2ケ月も前の話なんで、自分のことすら怪しいのでざっくりになります

0R
会場は東海高校講堂なので、絶起しない限りは通過できますね。
当然みんな通過
ちなみに今回の参加メンバーは、高2のぜんざい(去年の12月くらいに入った)、中三のはるるんさん、三日月宗近、N井さん、中二の僕、isitai、烏龍茶、中1のU田、N口、S野、S塚だったと思います。忘れてたらすんません

1R
超久しぶりの100問ペーパー。
シードが7人ときつかったので、いい感じじゃないとつらいなと思ってました。
終わってみると、前半がボロボロとクイ弱を露呈させてしまい、53点(確か)。

2R
ペーパー一位はバルサさんでした(知ってた)
TOQからははるるんさんが7位でシードを獲得してました。僕は1点差で8位と惜しくも届かず。はるるんさん以外は2Rへ

誰が何組目とか全然覚えてないですけど、僕と三日月宗近は3○アドを生かし、1抜け
ぜんざいも抜けてました。ほかはここで敗退…。特に新入生はまだまだ伸びるので、頑張ってほしいです

①はこの辺で、また②でお会いしましょう

この記事に

開く コメント(0)

TOQの春休み

暖かく桜もきれいに咲くきせt(中略)みなさんこんばんは、ゲラポです。
新学期も始まったことですし、ざっくりと春休みのTOQを振り返ります。
なんといっても
abc/EQIDEN 2017
僕たちからしたらメインはEQIDENのほうですね。まあ、ご存知の方もいるかと思いますが、組み分けを見たときは絶望しましたね...しかし、今回のEQIDENは結構波乱の展開が多くみられ、その勢いにTOQも乗れるかな〜って思ってたんですが結果は組内同率2位。惜敗でした。ですが、思ったより戦えてた面もあったので来年は頑張りたいですね。
abcの方はただただ凄いという感想しかありませぬ(語彙力)。
まあ春休みはabcメインだったので残りのいろんな大会の成績をざっくりと
部内杯 ヨーソロー杯(企画者:フジヨシ)
1位 クマダ 2位 ゲラポ 3位 マツバラ
AQuA マツカゲさん引退企画(TOQ参加者3名)
決勝進出 ゲラポ
第15回KQA杯(TOQ参加者1名)
ペーパー41位 フジヨシ 
AQuA ウラシマ杯(TOQ参加者3名)
決勝進出 ゲラポ
こんなところですかね。あと高2(ようは僕と同い年)の部員が2人増えました。よろしくお願いします。

ではでは

この記事に

開く コメント(0)

最近のTOQ

お久しぶりです。ゲラゲラポーです。
僕がブログを書くのは2015年5月以来だそうで、めんどくさかった
いろいろ書きたかったことがあったので久々のブログ更新です。ブログってどうやって書くんだっけ…

〜CJQL杯 4th参戦記〜
参戦記といっても僕はスタッフでした。スタッフながらTOQを中心に思ったことなど色々
まずペーパー。事前に解かせてもらいましたがレギュレーションが上がったこともあり例年のCJQL杯よりかなり難しく、当日の最高点も40台中盤/70点満点と難易度はやはり高かったみたいです。
そんな中、我がTOQ(全員中学生)のメンバーはというと…
全員通過!!パンパカパーン
いやあ素直に嬉しかったですね、ちなみに点数は松 濱 熊 永 三の順でした。三浦は近似値差のボーダーでした。しかし2Rで濱松以外は惜しくも敗退……ん?
濱松勝ち抜け!?
判定抜けではありましたが、中一の濱松が3Rに進みました。いやあ成長速度恐ろしい…しかし濱松も3Rで敗退、EXでは熊田が2ndstepあと1○までいくも惜しくも敗退。これでTOQのCJQL杯は終わりました。まあQF以降は記録集にでも書かれると思うんでそれ見てください。めんどくさい

〜旭丘例会参戦記〜
僕は午前中用事があったので敗者復活から参加でした。3Rまでは誰かに聞いてください。めんどくさい
敗者復活のルールは簡単に言えば下位から補充されていって5問以内に答えられなければ失格みたいな感じです。途中参加なので最下位スタート、鼎談やらプラシーボ効果などベタをとっていき最終組まできました。周りが飛んだりして対戦相手は熊田のみ。
「〜が考案したとされる名古屋名物で、ピリ辛のソース/」 「台湾まぜそば」   ブーーーー
終わりました、熊田が敗者復活しました。僕の例会連続SF止まり記録は6で止まりました。(あ、さっきの答えはあんかけスパゲッティだそうです)
SFが進んでいき勝ち進んだのは、バルサくん、野田さん、熊田の3人……?
熊田決勝進出!?
ビビりました。ベタを前フリで確実に抑えての決勝、見てて興奮しました。しかし決勝はレベルが高く、熊田は思うようにボタンが押せず3位という結果に。誰が優勝したとかどんなシーンがあったかは…… めんどくさい

最後に、こんなめんどくさがりの僕がブログを更新したということはそういうことを中心になってやっていかなきゃいけない立場になったということです。そうです、
部長になりました。\ブーー/ \やめろー/
まあ知ってたっちゃあ知ってましたが部長になったからにはTOQを盛り上げていきたいです。

それではみなさん東海例会で会いましょう

この記事に

開く コメント(0)

みなさーん! フジキチこと東海高校3年藤吉です!
え? 覚えてない・・・?  あ!覚えてる!? ああ、よかった。
CJQL第38回例会の報告の途中ではありますが、今日は先日東海高校で行われた記念祭について書いていきたいと思います!
え? 受験生なのにブログなんて書いてていいのかって?
いいんです! それは受験勉強に嫌気がさしてそろそろ発狂しそうだからです!
(・・・許してください。 何でもしますから。)
ということでTOQの出し物についてから書いていきましょう。


えーとまず、現在のCJQL連盟長である滝高校K井、そして旭丘高校のフレッシュ1年生のleafer君が運営側で来てくれました。そして、東海OBのknmtさんも来てくれました。
主として高2のAO山、S田が司会を務めていて・・・まあいい文化祭になったんじゃないかな?
(藤吉・松原・寺島の老害高3勢もその場にいましたが・・・邪魔でしかなかった気がする(汗))


そういえば、TOQには欠かせない人で今まで名前を挙げていないのがいましたね。
そう! ゲラゲラポーこと1年岸克真!
みなさん、「μ’s」って知ってますか?  まあ高校生なら知ってますよね。
アニメ「ラブライブ」に登場するアイドルグループです。
彼はこの文化祭において「μ’s」をコピーした「Reμ’s」というグループを結成してその一員としてステージ上でライブを披露したのです!
その模様はブログにはあげられませんが動画は探せばあると思います。興味ある方は是非。


実はですね、僕も高校1年の時に友達からステージでμ’sやらないかって誘われたことがあるんです。
しかし、当時はμ’sをよく知らず、「え?アイドルの格好して踊るの? やめとくわ。」みたいなノリで断ってしまいました。 マジでやっとけばよかったとめっちゃ後悔してます。
大学入ったらAqours結成しようかな。
曜ちゃん、待っててね♡   全速前進 ヨーソロー!!!
(フジキチはキチガイ はっきりわかんだね)


えー意外と文章が長くなってしまいましたが読んでくださってありがとうございました。
それでは、また機会があればお会いしましょう。
藤吉でした。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事