ここから本文です

車寅次郎

居住地は、福岡 大阪 LA NY 東京 仙台 福岡 札幌 大阪 福岡

書庫全体表示

記事検索
検索

全402ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年5月24日(金)晴れ

暑い日が続きます。

良い天気だし
まだエアコンを入れていないので
暑い家の中にいるよりは、ドライブでも?
そんな女房殿の発案でドライブに出かけました。

行き先は?

女房殿の提案は、二つ。

一つは海で、佐賀県 唐津市

二つ目は山で、福岡県 八女市 星野村

協議の結果、まだ行った事がない!

星野村に行く事になりました。


八女市は・・・
福岡県南部にあり
南で熊本県(山鹿市など)に接し
東で大分県(日田市など)に接しています。

星野村は・・・
八女市の東側にありますので
八女市の西を通る国道3号線や九州自動車道からは遠くて
奥八女とも言われます。

寅は、何時の様に国道3号線を南下してから
東に向かって走りました。

星野村の入り口?にあった農産物直売所で
休憩と情報収集をしました。

イメージ 1

西瓜は直ぐ南の熊本県から仕入れいている物が多い!とか。
イメージ 2
トマトも美味しそうでしたが、量が!
イメージ 3


更に東に走り、池の山キャンプ場で車を止めました。

キャンプ道具など貸し出してくれる
良さそうなキャンプ場でしたが
孫たちと一緒なら、池が気になるね!? そんな会話をしました。
イメージ 4


お昼時でした!

キャンプ場にあるレストランで、お昼ご飯を食べました。

地元の杉をふんだんに使った木造の建物でした。
イメージ 5

床も地元の木材で作ったフローリングの様でした。
イメージ 6

メニューはこんな感じでした。
イメージ 7

結局、和のご飯が食べたくて、だご汁定食を食べました。
イメージ 8

地元のおばちゃん手作りの家庭の味?そんな感じで
薬味に柚子胡椒を勧められました。
イメージ 9
大分のだご汁の雰囲気でした。
イメージ 10
柚子胡椒が効いただご汁はホッとする昔ながらの家庭の味でした。


次に、茶の文化館へ(入場無料)。
イメージ 11

八女のお茶の歴史
抹茶の手作り体験工房
展示即売などがありました。
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
分かりやすい地図が助かりました。
イメージ 16


次に行ったのが、池の山荘「星の温泉館 きらら」です。
イメージ 17
木造平屋建ての落ち着いた建物でした。
イメージ 18
本館から渡り廊下で浴室に行きます。
イメージ 19

浴室の入り口はこんな感じです。
イメージ 20

家族風呂もありました。
イメージ 21

平日の午後だからでしょう。
長い時間、貸切状態でした。

本来、温泉の脱衣場や浴室の写真撮影はNGですが
無人なら許容範囲か?
失礼して、写真を撮らせて貰いました。
イメージ 22


イメージ 23

小さいながら、露天風呂もありました。
イメージ 24

山並みを眺めながら、ホッとするひと時でした。
イメージ 25

イメージ 26

露天風呂側から脱衣場を眺めると、こんな感じでした。
イメージ 27

洗面所に、ドライヤーはありましたよ。
イメージ 28

脱衣かご、別に鍵がかかるロッカーもありました。
イメージ 29

効能書きです。
イメージ 30

休憩所です。
イメージ 31
ゆっくり汗を流させて貰いました。


星野村のウリは、お茶、星空、蛍に続いて、棚田がある様です。
イメージ 32

有名な棚田の様で、展望台が設けてありました。
イメージ 33

もう耕作はしていないのか?草が生えていました。
イメージ 34


イメージ 35

イメージ 36

家庭でのお土産は、西瓜です。
イメージ 37

早速切って食べましたが、女房殿と「野菜と思って食べようか?」
そんな感じでした。
イメージ 38


最近の日帰り旅行は
もっぱら温泉が主目的になって来ました。

家で見るテレビ番組も
ニュース、スポーツ中継が主になって来ました。

段々とシニア世代らしくなって来た!のかなぁ?

そんな会話を交わしながら
ちょっと外した西瓜をパクつきました。

外食やドライブがちょっと増えていますが
ワンズ三匹を飼った約20年の間は外出が難しかった反動かな?
健康な今はそんな過ごし方で良いのかな?などと思いつつ
暫くは、こんな感じで暮らして行こうかと思います。

2019年5月21日(火) 晴れ

43回目の結婚記念日は4月18日でしたが
このフランス料理店は中々予約が取れない程の人気で
やっと予約が出来たこの日に、三度目の訪問になりました。

西中洲にあるこの店まで、西鉄の天神から歩いて行きました。

途中の福岡市役所前の広場では
スパークリングワインのイベントが開催されていました。
イメージ 1

眺めるだけ!でも色々なボトルは外国を想像したりで
楽しい一時でした。
イメージ 2

2900円を払って、小さなグラスを貰ったら
値段によって違いますが、3杯位が楽しめる様でした。
イメージ 3


久しぶりの西中洲でした。

間違えて渡ってしまった福博であい橋を引き返したり、
でしたが
狭い路地にあるフランス料理店に辿り着く事が出来ました。

未だ少し予約18時までに時間がありましたので
直ぐ近くのバーで時間を調整をしました。
イメージ 4

こんなお洒落なバーは恐らく夜中に混むんでしょうか? 
未だ客は我々二人だけでした。
イメージ 5

天神から10分ほど早歩きしたせいかな?
また気温が比較的高かったから?と思いますが
喉が渇いていました。
イメージ 6

キリッと冷えた泡をサクッと一杯だけ! 
体温が少しだけ下がった?気がしました。
イメージ 7


バーから歩いて2分ほどでのGoh(ゴウ)の店構えは
こんな感じでした。
イメージ 8


店内は二つの部屋があるのを含めて
数年前と変わっていませんでした。

最初、2人掛けのテーブル席に案内されましたが
カウンター席に変えて貰いました。

目の前でシェフたちが
どんな作業をして料理を盛りつけて完成させるのか!
見るのが楽しいから!です。

先ずは、寅は白ワインを戴きました。
イメージ 9

ハウスワインでしたが、ボトルを見せて貰いました。
イメージ 10


この後に席を移動しました。
イメージ 11


カウンターの一番左の席からはキッチンが良く見える
希望通りの席でした。
イメージ 12


こんな気配りも、この店の人気がある所以かも知れません。

32席の店はほぼ満席となり
電話で来店の問い合わせに丁寧に対応しながらも
断っている声も遠くに聞こえたり、しました。

カウンターの中に6人、外に3人の合わせて9人が
忙しく動いていました。


一品目は、北海道のズワイガニと長崎の雲丹のコンソメジュレ。
イメージ 13


小皿に注がれた黒トリュフを漬け込んだオリーブオイルはパンにつけて食べる様でした。
イメージ 14

トリュフの香りがして香ばしいパンが一層引き立ちますよ。
イメージ 15


二品目は前菜四種の盛り合わせ。
イメージ 16

右手前は、平目お造りでした。
昆布と抹茶のチップスで囲んであり
煎茶ソースで味付けしてありました。

ナイフ&フォーク、お箸がありましたが
これはお箸で戴きました。
イメージ 17


反時計回りに・・・
茹でて柔らかなウドです。
エシャロットソースに抹茶を振って春菊が載っていました。

次は、山葵クッキー?


左手前が、枝豆、ベーコン、エリンギのキッシュです。


次は、大分のドンコ椎茸と平戸の鮑の料理でした。
イメージ 18

ほうれん草と鮑肝のリゾットに載って
黒胡椒を散らした焦がしバターのムースがかかっています。
イメージ 19

リゾットのほうれん草のグリーンが鮮やかな色でした!
イメージ 20


ここで、白ワインから赤に変えようと思ったら
この朝倉のリキュールを勧められました。
イメージ 21


イメージ 22



三品目の料理です。

中に鶏と海老が入った桜鯛の蒸したものに
パクチーと芹が添えてありました。
イメージ 23

五香粉がふってありました。
イメージ 24


次がわいよいよメインの肉料理です。
イメージ 25

左の何と二時間もソテーした!
玉ねぎは噛む必要がない?くらいの柔らかさ!でした。
イメージ 26
鹿児島産の黒毛和牛は
噛む程に肉の旨味が口の中に広がりました。

根セロリ、八女の黒酢とブラックペッパーのソースが
良い仕事をしていました。


ここで、赤ワインに切り替えました。
イメージ 27


スペイン産のテンプラニーリョと言う葡萄で作った赤ワインは
中々口あたりの良いワインでした。
イメージ 28



デザートです。
イメージ 29

チョコレートと苺がGOHDIVAの枡に入っていました。


女房殿のデザートは
苺、ラスク、キャラメタイズされたクリームブリュレ、小豆とアイスクリームでした。

醤油パウダーがふってあり、和のテイストが面白い!洒落たデザートとなっていました。
イメージ 30


飲み物は
コーヒー
エスプレッソ
杵築の紅茶
から選びますが、我々二人ともコーヒーを飲みました。

この店は、福岡を代表するフレンチながら
お値段は比較的財布に優しい?処が
予約が中々難しい程人気がある所以かも知れません。

昨年の今頃は
女房殿はアキレス腱を切って入院
手術の後はリハビリの日々を過ごしていましたので
少し贅沢はしましたが
良い厄落としと二年分の結婚記念日になりました。

蕎麦ごはん

そば打ち教室で手に入れた丸抜き蕎麦の実でご飯を炊きました。

そば打ち仲間の野○山さんが作ったお米と
そば丸抜きで炊いた
蕎麦ごはんを朝食に戴きました。

女房殿が「五穀ご飯?」と見間違いましたが、蕎麦ごはんです。
イメージ 1

後は何時もと同じ、味噌汁、納豆に梅干しを食べました。



丸抜き蕎麦は良く水を吸うので
水を定量より少しだけ多目に入れました!。
少し柔らかな消化が良い?蕎麦ごはんになってしまいました。
イメージ 2


今では日本一の蕎麦の産地である幌加内の丸抜きそばです。
イメージ 3


イメージ 4

丸抜きそばは、こんな形をしています。
イメージ 5


非常に軽い感じがする蕎麦ごはんを美味しく戴きました。

大地のうどん

久しぶりに、昼ごはんを食べに
大地のうどんへ行って来ました。

福岡に何店舗かありますが
この日は、県道31号沿いにある筑紫野店に行きました。
イメージ 1


店構えは、こんな感じです。
イメージ 2


ランチセット(肉ゴボウ天ワカメうどん、いなり寿司)を
注文しました。
イメージ 3


出しは、関西風に澄んでいます。
イメージ 4


普通の七味唐辛子ではなく、超激辛一味を振って戴きました。
イメージ 5

なかなかのヒリヒリ感でした!

うどん麺は、こんな感じで透明です。
イメージ 6


女房殿は、ゴボウ天うどんを単品でした。
イメージ 7


だいぶ暑い日が続きますので
ぶっかけなど冷たいうどんが良い出ていました。

額の汗を拭きつつ大地のうどんを出て車に乗り込みましたが
直ぐにエアコンを入れました!

コストコ食材 続編

先日コストコ食材についてのブログ記事をアップしましたが
その続きです。

コストコのローストチキンは買った日の晩ご飯に食べましたが
当然ながら?シニア世代の夫婦では食べきれませんでした。

残りは、冷凍保存しました。

その一部で、長女一家が良く食べると云う!
カレー鍋にしました。

野菜は、
プチトマト、ピーマン、しめじ、椎茸、人参、キャベツ
他には、厚揚げ豆腐が入っています。
イメージ 1

カレーは市販のカレールーを使いました。

ローストチキンはパリッと焼けた皮が好きですが
鍋にすると、胸肉も美味しく戴けます。
イメージ 2

具はこんな感じです。
イメージ 3

鍋なので、お箸で戴きました。
イメージ 4

七味唐辛子を入れると!
更にパンチがあるヒリヒリ感が堪りませんでした。
イメージ 5

やげんの七味唐辛子はすっかりわが家に定着しました。
イメージ 6

イメージ 7

最後の〆には!
スープカレー風にご飯を戴きました。
イメージ 8



コストコチキンの残りは・・・
他に冷麺のトッピングでも使いましたが
未だ1/4ほど冷凍庫に眠っていますので
何に使うか?思案を巡らしている今日この頃です。

シーザーサラダにも良いかも知れませんね?

全402ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事