ここから本文です

車寅次郎

居住地は、福岡 大阪 LA NY 東京 仙台 福岡 札幌 大阪 福岡

書庫帰省

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

10日

自宅 (福岡) に戻って 10日 が過ぎた。

毎日が日曜日 だから、基本的に ヒマ である。

だが、野放図にヒマではない。

まず、ワンズ散歩 が朝&夕(6時、18時頃) あるので 起床 は規則的だ。




単身赴任生活 後始末 も、幾つか残っていたり。

例えば・・・

   ゞ箙垳座の整理、新規開設 (自宅周辺に 都市銀行 がないので ネット銀行 に変更予定)

  ◆.優奪抜慙△療佻申蚕衒儿后 淵皀薀織瓠楽天、カクヤス、ピタパ、その他 意外と多い〜)




地元情報収集 も欠かせない。

ウォーキング・イベント (九州) を2つ見つけた。






図書館 にも徒歩圏内に2つあるので、両方に2度ずつ行ってみた。
イメージ 1
雑誌の種類が実に豊富
退職者らしきオッサンが
沢山いる〜
皆さん長居してまっせ〜

イメージ 2
新聞も豊富なのは
政治的偏向NGだから〜?!
日経、日経産業新聞を
つい読んでしまうのは
反省事項かも知れないので
地方紙(西日本新聞)も
読んだりしている




近々、公共の 温水プール (2時間400円??)に行って見るつもりだ。

テーマは、如何に お金をかけずに充実した生活 を送るか〜 だから。


マジ香 も時々来てくれる。
先日 コストコ で買った クロワッサン 一部を次郎家宅に届けに行った女房殿について来たり。
電話での会話も成立するようになったので、昨日もお誘いの電話があったり。
イメージ 3
洗面所に踏み台があったり
トイレに あんぱんまん 補助便器が
あっても驚いてはいけない




ゴルフ やり放題 ではない。

経済事情もあるし
5月26日(芥屋ゴルフ倶楽部)、29日(何時ものゴルフ場)が雨で中止になったり。

でも、31日(火) 何時ものゴルフ場 に 女房殿 と行って来た。
毎日が日曜日だと 天気予報 を見て 空いている 平日 に行けるのが快適だな〜♪
イメージ 4
我々の後に6組のコンペが
入ってると思ったら
県単位の競技会(予選)で
雲の上の人達ばかり〜
慌ててスタートしたっけ


アウト1番(ロング)グリーンを狙った3打目が また シャンク 〜トホホ。

結局 101点(34パット) と 女房殿と同スコアーだった〜 トホホ。
3パットも4回ずつ〜
OBも1回ずつ〜
参った、参った〜トホホ。

ゴルフも国会と同じように 混迷の極みやんけ〜!?





ゴルフをした日は疲れる。
晩飯の後、ソファーでTV (セパ交流戦) を見ていたら、うつらうつら〜
ソフトバンク (福岡) と 日本ハム (札幌) が好調なのは、嬉しか〜バイ。
イメージ 5
女房殿がビックリさせて
目を覚まさせようと
リーを乗っけたらしいが
一緒に眠ってしまった〜♪




まあ、こんな感じで、無職10日間が過ぎたが
6月中旬から 退職手続き、年金手続き、ハローワーク通い もやらなきゃ〜

3ヶ月くらいは、何だかんだと、やることがありそうだから
9月くらいから、新しい 生活パターン を確立しなきゃいけないんだろうな。

無事に帰宅〜

23日(月)夜遅くに、小雨の福岡(自宅)に帰った。

何時もの帰省時(大阪)土産 551蓬莱豚マン を
この日(最後)は、24個(6箱)を下げて。


居間に入ると、次郎香が嬉し香を連れて来ていた。

「これ、太郎香と次郎香から〜」 と、何やらリボンでラッピングされたプレゼントをくれた〜♪
イメージ 1
「空けて見て〜」 との
次郎香ご指示で中を見ると
赤ワインだった〜♪
で、ラベルを良く見ると
1951年産だった〜♪
定年退職(還暦)祝い に
ピッタリ〜♪
最近の若者もやるな〜
小心者の寅は
何時になったら
飲む決心がつくのか
疑問だけど〜トホホ




24日(火)、午前中に引越し荷物が届き、若者2人がテキパキと部屋まで搬入してくれた。

で、早速整理を始めた女房殿が 衣類 (主に普段着) の多さ と 寅の物持ちの良さに、アキレ顔で
「クローゼットに入らないよ〜」 とお叱りを受けた〜トホホ。
その場で、捨てる衣類の 選別作業 が始まり
「あ、それまだ着れるよ〜」 と抵抗しながらも
「もう、ヨレヨレよ〜 廃棄〜」 と厳しい 仕分け だった〜トホホ。

結局、大きなビニール袋2個分が 廃棄処分 の運命にあいなった。



午後3時頃、また 次郎香 が 嬉し香 を抱っこして、 マジ香 の手を引いて現れた。
何でも、マジ香の 幼稚園送迎バス 停車場所 が 我が家 すぐ近くらしい。

玄関に座って、女房殿と ペチャペチャ とお喋りを始めた。
イメージ 2
話題は履いて来た
ク○ックス
別に持っている
コピー商品と比べると
履き心地が抜群
かつ、ネットで買うと
運賃込み1980円
だったとかで

女房殿が 「え〜 そうなの〜!? 私も欲しい〜!」 と積極的に反応して
2人の会話は、また ペチャペチャ と続いたので
つい 「お前達、何時もこんな感じなの〜?」 と聞いてしまった〜
次郎香から 「そんな訳ないやろ〜。 こう見えても子供2人おるけん、結構忙しいとよ〜」 と
また、怒られた〜トホホ。

イメージ 3
で、結局、次郎香達は
居間に移動して
次郎香がネットで
女房殿のク○ックスの
品定め、注文が始まった〜
「こんなの可愛いよ〜」
「色は、どれにする〜?」とか
女房殿抱っこの 嬉し香 の
視線 の先は・・・




イメージ 4
マジ香の おやつ に
視線が釘付けやった〜♪

そんなこんなで、もう、すっかり夕方になった頃
「あ、買物がまだなのよ〜」
「うちも〜」
って、会話の結論は、外で食べることに。

次郎香が旦那に携帯で聞いた帰宅時間 18時半 に近くの 焼鳥屋 で現地集合に決った。

次郎香は、嬉し香を抱っこして、551を冷凍庫に入れるべく一旦家に戻り
女房殿は預かったマジ香とシャワーをし
寅はワンズを散歩させて、慌しい夕方の時間だったなぁ。

定刻に全員(大人4人、子供2人)が現地で集合して、生ビール、ノンアルコールビール、水で乾杯〜♪
イメージ 5
まず 酢モツ を
写真は・・・
ミンチボール、トマト巻き
砂肝、鶏皮、厚揚げ
他に、サガリ、オクラ巻き
エノキ巻き、豚バラ
鶏飯お握り(マジ香主食)



 
次郎香一家と分かれた後、帰路 ラーメン屋 みっちゃん に行ったのは内緒。
次郎香旦那は明日も会社だけど、寅は毎日が日曜日だから〜♪
などと、うそぶきつつ。

イメージ 6
昔風の豚骨ラーメン
少し味が濃いかも
でも、辛子高菜が
常備なのは高ポイント


女房殿から 「5月中はノンビリして良いよ〜」 との寛大なお言葉に甘えた〜♪




今日、25日(水)は、引越し荷物の整理残り 
大阪の取引先(数社)に 挨拶ハガキ を印刷したり
女房殿と買物に行ったり

でも、毎日が日曜日 に、まだ慣れないな〜トホホ。

この日の主役 嬉し香 の写真ば、忘れとったばい。

ご免ね〜!

次郎香に 高い〜高い〜 して貰った 嬉し香。
イメージ 1

2010.8.26生

目下、ハイハイ準備中〜

ハイハイ体勢は取れるごとなったと〜♪

少し、ふっくら見えるかも知れんけど、気のせいよ〜!



広島に住む 従兄妹の 出来太郎 より1ヵ月半遅れやけん

もうすぐばい〜!?


スマートになって〜  Coming back soon !!!!





(典型的な○○馬鹿やけど、許しちゃり〜♪)

金色温泉 〜 初参式

日田を後にして、国道を、ゆっくりと走りながら向かったのは

今日の宿 金色温泉 (大分県中津市)。

日帰り温泉 からスタートして、その後 宿泊施設 も増設して頑張っている堅実派の温泉。

日帰り温泉施設 (露天風呂が5つあると〜) と 宿泊者専用風呂 が使える。

イメージ 1
山の斜面に建てられたので緑が一杯で、宿泊棟、食事棟、ギャラリーなど敷地内を歩くと

森林浴 が気持ちが良い〜

ちょうど、ウグイスの鳴き声が聞こえた〜♪




夜は、次郎香旦那ご両親、お兄ちゃんも駆けつけて戴いて

大人7人、子供2人で宴会〜!

大分地酒 (八鹿?)  冷酒 が美味かった〜♪

イメージ 2
先付、刺身、ハモ鍋
八寸、耶馬溪黒豚ステーキ
等々と色々出たが
鮎の唐揚はインパクト〜
骨までバリバリ食った〜

ご両親、お兄ちゃんが、お母様の運転で帰られた後は

部屋で爆睡〜♪





翌朝(日)早く目覚めてしまったので 朝風呂 2度入った後、やっと朝食にありついた〜!


イメージ 3
温泉の朝食は何時も豪華〜
筍&フキ煮物、出汁巻玉子
有明焼のり、漬物&明太子
生湯葉、ところ天、納豆
他に・・・
鯵開き、湯豆腐、味噌汁
ご飯1杯で完食〜♪


イメージ 4
食事棟から部屋に戻る途中
マジ香が興味を持った虫を
観察する親子〜
生きた理科教室ばい〜




チェックアウト10時過ぎに、再びプリウスをのんびり走らせて、次郎香旦那実家へ。

88歳を迎えた お祖母様 にご挨拶。

今でも一番好きな食べ物は 肉 

ひざが痛くても、ゲートボールで国体に出る程の頑張りよう、と益々お元気そうであった。



お寺へ。
イメージ 5
初参式とは赤ちゃんが
生れて初めてのお参り
浄土真宗だけ(?)らしい


イメージ 6
初参式の始まり〜
2年前マジ香の初参式に
次いで2度目
赤ちゃん24名
総勢約100名が参加


イメージ 7
嬉し香も次郎香に抱かれて
初めてお参り〜
下でマジ香がご焼香〜


イメージ 8
式が終わった後は
庫裏で 祝お斎
お寺婦人部が全部手作り〜
美味しく戴いた〜♪



嬉し香あての 案内状 に、こんな言葉が書いてあった。
生まれてきて よかったね
すがた かたちはちがうけど
性格・素質もちがうけど
いつかちがいに傷ついて
あなたのようにと泣くけれど
わたしはわたし
あなたはあなた
わたしが一人でよかったね
宇宙に一人でよかったね!


ご住職の法話も同じで

生れた子供をどの親も素直に喜ぶが
成長につれ、成績、スポーツなど子供を能力で色分けしてしまうことがある。
それは、親のエゴではないか?
それぞれ個性を持って生れた子供は、どの命も有難く授かったものである。

と言うような趣旨であった。



初参式は 親のため にある気がしたなぁ。

開くトラックバック(1)

日田 豆田町 散策

日田 (豆田町) は 丸山城 を中心とした城下町で、代官所が設置され

明和4年(1767年)には 西国筋郡代 に昇格して、九州の交通の要所として栄えたが

明治に入り、徐々に静かな町になった。




その後、昭和50年代に 古い街並み を生かした町作り (電線類の地下埋設など) が進み

天領まつり お雛まつり 山鉾復活 など 観光都市 として徐々に活気が戻りつつある模様。

個人的には、同じく 重要伝統的建造物群保存築 の指定を受た 近江八幡市 に似たイメージかなぁ。





イメージ 1
豆田みゆき通り
これと平行している 
上町通り
がメインストリート


イメージ 2
こんな感じの雑貨土産店とか
飲食店、菓子屋、資料館
普通の電気屋もあったり


イメージ 3
女性が喜びそうな
ちょっとした小物
日田杉を使った下駄
などが売られていた


イメージ 4
裏通りに水路が走り
昔は船が交通手段だったかも
藤の花が綺麗だった


イメージ 5
草野家住宅
(国指定重要文化財)
元禄年間より建築し
延べ9棟
伝統的建物は周辺に
約30軒あるらしい


イメージ 6
薫長酒造 (資料館)
江戸時代〜大正時代に
建築された酒蔵群





一度ゆっくり観て見たい町である。

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事