ここから本文です
みー猫の山旅風景写真
8/29 美しー景色をこれからも(*^^)v・・ありがとうございました( ´Д`)ノ~バイバイ

書庫全体表示

駐車場所8:26-取付点8:50-白鬚山10:08-大滝山11:21-下降点12:40-林道合流13:15-駐車場所13:22(行動時間4:56)
 
復路の途中から見る白鬚山(中央)
イメージ 1
 
 
 

2月に登頂めざして出かけたのですが、途中の道路は大雪の被害で倒木でメタメタでした。登山口まで行けず、除雪中の林道を歩き取り付いたのですが、尾根の着雪と時間切れで敗退しました。
前回2月20日の記録はこちら
昨夜の会社の新人歓迎会で二日酔い状態です。朝どうするかとかなり迷いましたが、日曜日のチャンスがないかもと思い、振り切って出てきました。頭が重い〜このような状況なので前回は尾根へショートカットしましたが、今回は林道をてくてくと歩きました・・・林道の雪は無くなり倒木も撤去されてました。大変な作業だったと思われます。
イメージ 2
 
 
 

ほとんど倒木の処理はされてましたが後で落っこちたのか、途中でかい倒木が一本だけ、後でおっこちたようで、車は通過できない状態でした。
イメージ 3
 
 
 
 
切り通しの峠まで出て脇から取り付きました。
イメージ 4
 
 
 
 
細かいアップダウンは良く覚えています。
イメージ 5
 
 
 
 
断念した岩場に近づきました。
イメージ 6
 
 
 
 
左側。
イメージ 7
 
 
 
 
右側・・・・(それがどうしたのだと言われそうですが、笑)
イメージ 8
 
 
 
 
順調に進みますが、二日酔いしてる場合ではありません。
イメージ 9
 
 
 

前回、ここあたりで斜面に雪がついてて引き返したのでした。
イメージ 10
 
 
 
 
その先もヤセ尾根が続きます。
イメージ 11
 
 
 
 
やっぱり前回敗退しといて正解でしたわ(笑)
イメージ 12
 
 
 
 
なぜかここにきたら前回同様、冷たい風が吹くのよね。
イメージ 13
 
 
 
 
二日酔いが覚めました!
イメージ 14
 
 
 
 
この先で、868Pに直登するかと思いましたが北側を巻く踏み跡があり倣いました。
イメージ 15
 
 
 
 
ところがその先、恐ろしいトラバースになっておりました。絶対滑っちゃダメという感じでした。掴む木が無くて足元が柔らか気味だったので、そおっと恐る恐るでした。これじゃ前回の敗退は正解だったと思われます。帰ってから皆さんの記録(遅すぎる!)を拝見しましたら尾根を行かれてたんですね。直登が正解だったのか?このあたりの記述は「少々緊張」、「怖っ」、「記載無し」がお二人でした。自分はトラバースでしたが、もちろん「怖っ」でしたよ(笑)
イメージ 16
 
 
 

その先を越すと一旦下り、平たくなってほっとしました・・・昨夜?この部分の通過で二日酔いは解消し、何か飲みましたっけという感じ?になりました。
イメージ 17
 
 
 

倒木とぐずぐずの斜面をかわしてると、遠回りになっちゃった。
イメージ 18
 
 
 
 
再度、露岩が現れて・・・。
イメージ 19
 
 
 
 
白鬚山の山頂に着きました。山名板は、読めないもの1枚を加えて3枚でした。石祠が2基。
イメージ 20
 
 
 
 
左の石祠、逆さですよ。
イメージ 21
 
 
 
 
展望は無いくせに冷たい風が吹き抜けるので先へ進みます。ここは南側の下を巻くスペースがありました。
イメージ 22
 
 
 
 
その先が、一旦、急降下。慎重に。
イメージ 23
 
 
 
 
遠くに見える三角のお山は尾出山933m(おでやま)でしょう。ななころびさんもあそこで復路に倒木地獄にはまったとのことでした。思い出してきて今回の下降場所が少し心配になってきました。
イメージ 24
 
 
 
 
細かいアップダウンの連続です。
イメージ 25
 
 
 
 
でも、気持ちよい感じになってきました♪
イメージ 26
 
 
 
 
左に石裂山(おざくさん)・・・雪田爺さんの記事で知りましたが、倒木で大変みたいです。
イメージ 27
 
 
 
 
風も少し弱まってさらに快適になってきました♪
イメージ 28
 
 
 
 
なぜか鹿除けの網がある場所があり、その下は開けていて眺めが良いです(右下+クリックで拡大可)
イメージ 29
 
 
 
 
その端には、白鬚山(左から2番目)
イメージ 30
 
 
 
 
えっと?この下で作業林道になってますね・・・調べてなかったのでとっても意外でした。
イメージ 31
 
 
 
 
振り返ります。サンシュユの花がきれい。
イメージ 32
 
 
 
 
青空に気持ちよさそう。
イメージ 33
 
 
 
 
林道は思ったより長く続いてました。可能な場所を植林化するために必要だったのでしょうか?
イメージ 34
 
 
 

樹間から男体山!地蔵岳と夕日岳を手前に従えてますよ・・・その2に続きます(右下+クリックで拡大可)
イメージ 35

  • 顔アイコン

    みー猫さん こんばんは。相変わらず,精力的ですね。大佐飛山の次はヤシオと三毳山,そして白髯山-大滝山と頭が下がります。峠から白髯山,大滝山はなかなか楽しまれたと思います。自分の木徳を読むと痩せ尾根上は怖かったようでみー猫さんがトラバースされたあそこは尾根上も相当なものでした。確か私も最初はトラバース道を行こうかと見てみたようですが先が相当怖そうに見えたので尾根を選択したかと思います。どちらも怖かったってことですね。白髯山のカワスミさんのも字が消えているようですね。突然出てくる林道は私もびっくりです。大滝山は山紀行さんの名板が付いたようですね。小川沢峠の林道は倒木で通れないんですね。山の数年は状況を相当に変えるのですね。やはり渋い山は実際行ってみないと分からないものですね。ご苦労様でした。

    [ ノラ ]

    2014/4/6(日) 午後 8:59

  • 顔アイコン

    こんばんわ、ノラさん。
    ちょっと気になってたもので、おかげで二日酔いが吹き飛びました(笑)・・・ノラさんが慎重になられたということは、自分も正常だったのでしょう。雪が付いてた2月に単独長靴では無謀ですね。ちゃんと調べないと・・・楽しみも減るのであまり詳しく見ないようにしているのですが、ここはどっちを通るかくらい見ておくべきでした。反省点です。林道の上の方で1本だけ倒木が上の斜面から落ちかかっており人手では動かせないという状況でした。ロープを使って車で引っ張って見れば?とも思いましたけど、どんな落ち方するか?・・・降り口近くの倒木は損害大で、ホントに運よく歩かせてもらったというのが感想です。
    みー猫

    みー猫

    2014/4/6(日) 午後 9:41

  • 顔アイコン

    この細尾根に雪がついていたら撤退するのは当たり前ですね。
    二日酔いの山歩きはけっこうきつくないですか??
    息が上がるとどんよりした胃からキラキラが上がってきます。
    実は今日も木の陰で・・・・。

    山楽番

    2014/4/6(日) 午後 11:02

  • おはようございます、山楽番さん。
    自分の場合、頭痛の方でしたからそっちは大丈夫でした。そのパターンだと自分には決行はちょっと無理ですね(笑)
    みー猫

    みー猫

    2014/4/7(月) 午前 6:59

  • 顔アイコン

    痩せ尾根の岩場もヒェ〜ですが木の根の痩せ尾根、本当に痩せ尾根でヒャァ〜!!

    [ nadeshikokobuta ]

    2014/4/7(月) 午前 8:21

  • こんばんは、nadeshikoさん。
    本当に怖かった場所は撮れませんでした。ただ単に怖がりなだけ?
    みー猫

    みー猫

    2014/4/8(火) 午前 0:30

  • 顔アイコン

    こんにちは 二日酔い登山、ご苦労さんでした.

    白髯山頂の祠、2011年4月に登った時、(多分3.11の地震で)2個共倒れていたのを起こしてきたのは私(あ、内緒)ですが、その時逆さにしちゃったのかなぁ〜 前のめりに倒れてたのを素直に起こしただけなんだけど・・・
    うーーん、どうもその辺りから良い事がない.これは、行って元通りにしてこないといかんかな(笑)

    [ 雪田爺 ]

    2014/4/8(火) 午前 11:20

  • おはようございます、雪田爺さん。
    内緒になってないですよ…1回転しちゃったのでしょうか?以前の記録も少ないのでもともと逆さまだったのか…次に誰かが、いつ行くかわかりませんから、どうしたものか…ですね,
    みー猫

    みー猫

    2014/4/9(水) 午前 7:24

  • 顔アイコン

    みー猫さん 雪田爺さん おはようございます。
    タイミングを逸した書き込みお許しを。白鬚山の石祠の胴が逆さまの件、07年3月8日時点では、正常でした。
    みー猫さんの写真では胴正面の左下にヒビが入っていますね。07年当時は、このヒビは右上にありました。
    私は胴の彫込を読み忘れましたが、それ以前に歩いたYoshiさんが確認しています。

    [ mhh*r*e ]

    2014/4/10(木) 午前 5:32

  • おはようございます、烏ケ森さん。
    書き込みいつでも大丈夫ですよ。自分も烏ケ森さんとYoshiさんの記録を後で拝見したのですが、ヒビの位置から上下を特定することは思いつきませんでした。雪田爺さんが、そこで修復時に逆さにしたとは考えにくいので、7年以降にもうひとイベントあったのではないでしょうかね(笑)
    みー猫

    みー猫

    2014/4/10(木) 午前 7:15

  • 顔アイコン

    ちょっとしつこいですが、白鬚山の石祠は10年2月20日の写真(*)では、胴体右側側面の下部に、私が07年3月8日撮影した写真と同じような亀裂が認められます。・・・不明瞭で断定はできませんが。
    (*)宇都宮ハイキングクラブの自主山行記録の写真 http://www.uhc-web.com/sanko-al/2010/100220sira-ootaki.html

    [ mhh*r*e ]

    2014/4/10(木) 午後 0:35

  • 顔アイコン

    多分、私が修復する時一回転させてしまったのでしょうね.
    拙BBSに一応当時の画像を貼ってみました.
    日曜日にでも、直しに行ってこようかなあ・・・

    [ 雪田爺 ]

    2014/4/10(木) 午後 1:40

  • 顔アイコン

    こんばんわ、烏ケ森さん、雪田爺さん。
    ???雪田爺さんの画像を見ると素直に戻されておられるようですが、なんとも巧妙な倒れ方をしたということですね!スライディングした訳ではないでしょうから、回転しながら倒れたということでしょうか?たいへん驚きです。
    みー猫

    みー猫

    2014/4/10(木) 午後 10:58

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事