ここから本文です
寅吉の写真日記

書庫登山・2018

すべて表示

 雷鳥沢での夕方
 テントにも明かりが灯り、昼とは違う雰囲気に包まれます。
イメージ 1


 空に天の川が広がる。
イメージ 2


 立山の山々に囲まれた室堂に、星が降り注ぎます。
イメージ 3


 雲が掛かる山々の間から朝日がこぼれます。
イメージ 4


 朝食を取りテントを撤収、室堂に戻る石段を一歩一歩と上がり再びバスとケーブルカーに乗り立山の駅に戻ってきました。
 旅行や登山バスで来ても途中の車内からみるだけの称名滝に寄ることにしました。
 駅から車で15分くらいですが、駐車場から片道30分の登り坂、暑くて堪えました。
 それでも滝の近くは吹き降ろす風と水滴がもの凄く、あっという間に汗は引きます。
イメージ 5


 落差日本一、350m4段の滝
イメージ 6

 完

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 丹頂を訪ねて2

    2018/2/4(日) 午前 9:05

    朝は5時半にホテルを出発。約 30 分に位置する音羽橋まで真っ暗な中で車を走らせます、外気温は− 13 ℃。車の窓が内気との温度差で曇ります。  橋は丹頂鶴のねぐらを観察するスポット、駐車場も整備され橋には歩道もあり至れり尽くせりで丹頂様々です。  なにせ町名が鶴居村ですからね。  さて、肝心の鶴ですが遠い遠い。粒のようですが ...すべて表示すべて表示

  • 丹頂を訪ねて 

    2018/2/3(土) 午前 11:05

       憧れであった丹頂鶴を訪ねて北海道の釧路に行く機会を得た。  この寒い最中に北海道を運転するなんてとても一人ではできない、幸い仲間が今年も行くというので同行させて貰った。  初日は新千歳空港からレンタカーで釧路まで移動、心配してた雪も降らず凍結防止剤の撒かれた高速を 100 キロのスピードで移動。  最初に訪れたのが阿寒国際鶴センター ...すべて表示すべて表示

  • ハロン湾クルーズ

    2018/1/6(土) 午後 4:58

    夜遅くに着いた。  ノイバイ空港のレストランで食事をとって、それから延々とバス移動、日中に移動するよりは時間の無駄はない。しかし、夜中についてバスのドライバーや現地添乗員までもがホテルを間違える始末、全く眠い話だ。   ハロン湾のクルーズはホテルから程近いところから出発する、おそらくは出発の時間が決まっていて一斉に出航する。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事