ここから本文です
寅吉の写真日記

書庫登山・2018

すべて表示

 この時間になるとテントの外で食事をしていた人も、ほぼテントに潜り明日への準備と体力の回復に努めています。 
イメージ 1

 

  別山の尾根筋に夕日があたりオレンジ色に染まっています。

イメージ 2

 

 剱岳のうえにも星が現れ、テントにも明かりが灯ります。

イメージ 3

 

 日も落ちた頃、ヘッドライトの明かりを頼りに別山乗越よりキャンプ場に降りてくる人の明かりと星を一緒に撮影。

イメージ 4

 

 同じ方向ですが、天の川が現れてくれました。

 朝方、別山を目指して夜明け前に行こうかとも考えたけど、今日の疲れと急登なので諦めました。根性なしです。

イメージ 5

 

 自分のテントの灯を入れてみましたが、結構いい感じに撮れた。

 この後は粘ろうにも自分も疲れはて、早々と就寝です。

イメージ 6

つづく 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 丹頂を訪ねて2

    2018/2/4(日) 午前 9:05

    朝は5時半にホテルを出発。約 30 分に位置する音羽橋まで真っ暗な中で車を走らせます、外気温は− 13 ℃。車の窓が内気との温度差で曇ります。  橋は丹頂鶴のねぐらを観察するスポット、駐車場も整備され橋には歩道もあり至れり尽くせりで丹頂様々です。  なにせ町名が鶴居村ですからね。  さて、肝心の鶴ですが遠い遠い。粒のようですが ...すべて表示すべて表示

  • 丹頂を訪ねて 

    2018/2/3(土) 午前 11:05

       憧れであった丹頂鶴を訪ねて北海道の釧路に行く機会を得た。  この寒い最中に北海道を運転するなんてとても一人ではできない、幸い仲間が今年も行くというので同行させて貰った。  初日は新千歳空港からレンタカーで釧路まで移動、心配してた雪も降らず凍結防止剤の撒かれた高速を 100 キロのスピードで移動。  最初に訪れたのが阿寒国際鶴センター ...すべて表示すべて表示

  • ハロン湾クルーズ

    2018/1/6(土) 午後 4:58

    夜遅くに着いた。  ノイバイ空港のレストランで食事をとって、それから延々とバス移動、日中に移動するよりは時間の無駄はない。しかし、夜中についてバスのドライバーや現地添乗員までもがホテルを間違える始末、全く眠い話だ。   ハロン湾のクルーズはホテルから程近いところから出発する、おそらくは出発の時間が決まっていて一斉に出航する。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事