知って目覚める釧路の社民党日記

戦争法廃止、TTP撤回、改憲阻止、自公政権打倒に立ち上がりましょう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 ドキュメンタリー作品「冬の兵士〜良心の告発」自主上映会まで、あと5日です。

 早いもので12月5日13時30分から釧路市生涯学習センター602号室の開催が間近です。

 北海道新聞の夕刊と釧路新聞でも、記事に載せてくれましたし、チラシ・ポスターの配布等も90%は終わっています。

 気になるやり残しは、僅かです。

 それより、驚いたのが、アメリカのコロラド州の「宮前」さんと言う方から、コメントが届きました。

 しかも、この方、以前、釧路で暮らしていたこともあるそうで。さらに「冬の兵士」の関係者というから、ビックリです。

 TUP(平和をめざす翻訳者たち)という、市民反戦運動に入っていて、私たちが上映する映画「冬の兵士」の字幕を担当して下さったそうです。

 また、帰還兵の証言集が、反戦イラク帰還兵の会/アーロン・グランツの著で本「冬の兵士」となり、日本で岩波書店が出版。その翻訳を「宮前」さんらTUPが担当したということなんです。

 さっそく、本を購入しましたので、当日、会場に持って行き、紹介をします。

 何人が来てくれるでしょう。やっぱり心配です。

 ブログを見た釧路市民の皆さーん。見に来てくださーい。



 次の文は、「結びの言葉」の一部です。

 「われわれが壊したのだから元に戻すまでいるべきだ」との言い分は、一度壊れたら決して元には戻せない物について釈明できません。………私たちの弾丸が幼い息子の命を奪ったら、母は決して癒えることのない傷を抱えて生きていくでしょう。………私たちが彼女の国に留まるのは「彼女を元通りにする」ためではない。そんなことはできないのです。
 ………私たちはイラクの人々と米国民の正義のために闘います。自分の良心に恥じないように生きるには、その立場に立つしかないからです。

閉じる コメント(5)

アメリカは相変わらずバカなことを言ったりしたり・・・、アメリカは、さっさと出ていき、イスラムのことはイスラムの中で解決してもらえば良いのです。悪意にしても善意にしても外国が関われば、それは偽物の自決になってしまいます。

2009/12/1(火) 午後 5:57 トロツキー 返信する

顔アイコン

この記事、転載させていただきます。

2009/12/2(水) 午後 10:07 [ 琵琶 ] 返信する

おはようございます。
琵琶師様より駆けつけました。直ちに転載☆(握手♪)

2009/12/3(木) 午前 5:44 [ じゃじゃまる ] 返信する

顔アイコン

12時半で勤務を終了し、母を歯科医院から連れて帰り、多少遅刻かなとは思いますが、必ず出席させて頂きます。新聞も余裕を持って読めない日々のため、今日この開催を知りました。この目で感じたい映画だと思います。

2009/12/4(金) 午後 10:09 [ yuu*a2*miki** ] 返信する

顔アイコン

琵琶さん、じゃじゃまるさん、転載ありがとうございます。 [ yuu*a2*miki** ] さんが、いらしてくれます。
[ yuu*a2*miki** ]さん、きっと満足してもらえると思います。 ありがとうございます。

2009/12/4(金) 午後 10:35 [ 釧路の社民党 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事