とらのすけの題名のないブログ♪

お気に入り登録はご遠慮くださいね!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全168ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

世事いろいろ

またしても随分間があいてしまった。
現状を書くと、拡張型心筋症と喘息と肺気腫という病気になって会社も辞め、自宅警備員だ。
仕事もこんな病気もちでは見つかるわけもなく貯金ももうじき底をつく。
妹や皆さんに迷惑かけたくないからもうある程度の覚悟はしてる。
まあその人生50年といった信長のことがいまさらながらに実感できるし、僕も無事にここまで生きた。
でも、まあそろそろ限界だなとあきらめてる。

人生50年ってのは、敦盛のことだけど、これは以前にも書いたな。
ここで知り合った多くの同病の皆さんはもうなくなったし、僕はここまでよく頑張って働いて生きたと思ってる。
今すぐ病院行かないと死ぬといわれてから」15年も生きた。
市役所に生活の保護の相談に行ってもどうせ相手にされないだろう。期待はしてない。
この国は本当の部分では、困った日本人には冷たいと思ってる。

国会はおわったけど、どうでもいい学園問題ばかり議題になり、だれも少子化問題を真剣に語らない。
国家百年の計ともいうべき大問題をないがしろにし、北朝鮮のミサイル危機対策も本気と思えない。
無能な防衛大臣がやっとまともな人になって機能しだしたけど、本当に心配だ。

僕は名もなき一人の庶民だけど、日本という国が大好きだ。
本当に心から持続可能な未来ある国でいてほしいと思う。
そういう政治が実行されない現状やまともな政治家がいないのが残念でならないよ。

もうちょっと頑張ってみるけど、どうなることやらだな。
これを見てるくれる皆さんには、健康こそが一番大事だといいたい。
安静時に心拍数150(一分)とかだともう動けない。。。
調子いいと100くらいだけど、それでもちょっとうごくと跳ね上がる。
結果、どうしようもない。

僕の父母はもう80超えてるけど元気で、妹は出産以外で入院したことないくらい元気だ。
なんで僕はこれほど病弱なのか不思議だけど、今更言っても」始まらない。
子供のころから病弱で20歳は迎えられないといわれてたんだからここまで生きたことが奇跡だもん。
まあもうちょっとガンバルンバだな。
せめて姪の上のこの結婚式は見たいなぁと思う。下の子のも見れたらもう未練ないな。

この記事に

開く コメント(0)

朴槿恵大統領が罷免

韓国大統領の朴氏が罷免されたわけなんだけど、
正直な感想を言えば、韓国の人の思考ロジックは本当に理解しがたいというか、
さっぱりよくわからんというのが本音だな。

国民もそうだけど、裁判所の判決(例えば仏教泥棒の返還しなくていいとか)もだし、
もちろん政府の意向もだし、よその国のことながら心配になるよ。

これで選挙して次が決まるのだけど、反日な野党の人になるみたいな報道がある。
日韓合意をやりなおすとか言ってるみたいだし、おまけに北朝鮮とは仲良し対話路線のようだ。

世界がどう韓国をみるかという視点で考えると、
もう主要西側諸国は見放すんではないかと思えてならない。

てか、韓国経済は今後大丈夫なのかと思うと、ますます悲観的だな。
サムソンの事実上TOPが逮捕され、ココのかじ取り含めてどうなるのか?
通貨の協定も断ったんだよね。もうアホとしか思えない判断だと思うよ。

ミサイル防衛のサード配備でロッテグループ製品の中国でのボイコットとか、明るい話がないじゃん。
あ、これ日本のメディアは全然やらないね。
退院してから自宅療養していてテレビ見てるけど、この報道を見た記憶がないもん。
トランプ大統領じゃないけど、日本のメディアもたいがいだなぁ〜と思うわ。
なんとか学園問題ばかりで本当にうんざりする。

これからの韓国はよくなるのかと考えると、ますます悲惨な方向にいくような気がする。
これは個人的な感だし、根拠もないけど、金正男が暗殺され、弾道ミサイルバンバン撃って粛清しまくりの北もだけど
ここで韓国もこの状況だとホントに今後は何が起きてもおかしくないというか、
10年いないくらいに朝鮮戦争再開とかおきそうだなぁ。。。

その前にアメリカと中国とかもだし、中国の軍事費16兆円とかもう近い将来やる気満々にしか思えない。

僕は、韓国は大嫌いとこのブログにずっと書いてるけど、アジアの安定と平和を考えると心配になる。
まあこのまま国交断絶(日韓合意不履行とか領事館前の慰安婦像等)ならそれはそれで結構だけど
日本の駐韓国大使も召喚したままだし(大使召還なんて戦争前夜といってもいいレベルだと思う)
政治も経済もダメならどうするんだろう?

今後を注視するしかないけど、だめだろうなぁ〜。

この記事に

開く コメント(0)

入院生活

先週の金曜日に退院した。

このブログも随分長い間放置したけど、やっぱり愛着あるなぁと実感した。
入院生活は本当に退屈で、まあその入院当初は歩くのも喋るのもしんどいほど状態悪く
これはもうだめかもしれやんと相当弱気になってたんだけど、
なんとか普通に頑張れるレベルになって退院できた。

会社もとても通えるレベルになく、大型プロジェクトだけなんとかこなして退職した。
というわけで、自宅警備員になった(笑)

今後の暮らしを考えると憂鬱だけど今しばらくはなるようにしかならないので
自宅警備員らしくのんきにやっていくしかない。

入院中にいろいろ思うと事があって、それはもちろん暇をもてあますのと
基本的にベッドにず〜っといるのでいたしかたないんだけど、
これからどうするかが一番の主題で、もちろんよくなって退院する前提なんだけど
これが見事に明るい展望が見つからない。

とすると、今度はだめだった時の事を考えるわけで、じゃあ僕はどこで死にたいかという事を考えるんだな。
世間的には、病院で死ぬのは嫌で、多くは自宅でとなるんだろうけど、
僕は海の見えるきれいなところがいいなぁと、心からそう思うという事に不思議な気持ちになる。

海の見える街に育った訳でもなく、基本的に海とは無縁なところで過ごしてきた。
どうして海の見えるきれいな場所がいいのだろうか?
この答えが全然わからない。

海って、青春時代の海水浴くらいしかなじみがない。
あ、そういえば新婚旅行はモルジブで、マンタみて過ごしたな。
まつわる思い出がこれくらいか。

あ、海外旅行はは結構な回数で海いってるな。
グアムとかフィリピンとかいろいろ言ってるから、ここでのいいイメージのせいかな。
それとも本能がそう思わせるのか、それにしてもなんで海がみえるきれいな場所なんだろうか?

まあこれは今後ず〜っと考えるしかないな。

で、入院中は大部屋で4人だったんだけど、見事に老人しかいなく若いのは僕だけで
日本の医療とか、高齢化社会とかについても考えたんだね。

これは何か間違ってる気がしてならなかった。
長生きすることは本当に幸せなのかという事ね。
元気ならそれは大変結構なんだけど、なにかとても違和感を感じる。
これはうまく言えないけど、本音の部分で皆さんはどう思ってるのか?

人の生き死にってのは、一言では語れないんだけど、尊厳死とかをものすんごく考えるんだな。
このブログでもこの件は過去にも書いてるけど、自分がダメかもと思う時点で深く考えちゃうんだな。

今、国会ではなんとか学園の問題とかやってるけど、
少子化対策とか、尊厳死とか孤独死の問題とか若者の未来に繋がる問題を本当に真剣にやってほしいと思うんだな。
入院中はもう考えることしかできないんだから。。。
国会議員を全員1週間くらい強制入院させたらいいのにと思うよ。
そしたらこの国の未来についてきっと真剣に考えると思える。

まあそんなことはできないけど、退院して改めて思うのは、この国の難病患者に対する姿勢は冷たいなと実感した。
今後どうしるかをかんがえないとだな。

この記事に

開く コメント(2)

現代の人々

ここ最近だけど、高倉健さんやら菅原文太さんといった昭和の大物芸能人が逝ってしまった。
美空ひばりさんが亡くなった時にも思ったんだけど、
昭和の時代ももう終わりなのかなぁ〜と実感するよ。

でね、ちょっと思うんだ。
僕が子供時代に40代や50代のおじさんはとてもすごかったし怖かったしなにより大人だったと!

今、僕はその年代なんだけどとても幼い。悲しいほど幼く幼稚に思える。
どうして?どうして自分自身でそう感じるのだろうか?

でね、ぼくはこの何日かものすんごくこの違いについて考えた。
考えたというか分析した。いったい何が違うのか?

そこでひとつの結論に至ったのでここに記すことにしたんだ。
それはね、戦争を経験してないって事なんだ。
僕らの世代は戦争を経験した世代に比べて圧倒的に幼い。
全てにおいて甘ちゃんだ。

生き死にについて絶望的な経験をしてない。
この世の理不尽さ無情さを全く理解してない。
そして何より覚悟がない。

僕は男の子だけど、戦争世代に比べて全てにおいて負けてる。
そういう気がしてならない。
これが正しいのか全然わからないけど、現時点の僕はそう思う。

あ、戦争世代を美化したいわけじゃないよ。
むしろ平和な時代に生きてる幸せを実感してる。してるけど、それは日本人として今を生きてるからそう思うだけだ。

ウクライナ、パレスチナ、アフガニスタン、スーダン、あげればきりがない。
僕は病気を抱えてそれでもがんばって働いてるけど、それだけじゃ何かが足りない。
人生なんて、自己満足で俗物的なのかもだけど、自分に足りないものを突き詰めたくなる。

しぬまで勉強なのかもだけど、だからこそいきてるという実感を確かめたい。
所詮はない物ねだりだろうけど、ぼくはいったいこの時代に生きた証をちゃんと残したい、
なんだかそういう気持ちを最近強く思うようになった。

有名人jになりたいわけじゃないけど、僕が死んだらどれほどの人が涙を流してくれるだろうか?
地位も名誉も金も関係なく、そう思ってもらえる人になりたいなぁ〜って思う。

こんなこと思うのはおむかえがちかいのかなぁ〜。。。

この記事に

開く コメント(4)

ガザ侵攻

2009年1月にイスラエルとハマスの対して僕はひとつの記事を書いたんだけど、
どんどんひどいことになってきてる。
500人を超える死者が出てそのうちの120人は子供のような報道がされている。

他にもシリアやイラク、ウクライナもだし北朝鮮だってミサイル発射だの
国内情勢の不満で言えば中国やブラジルなどあげれば
世界は一体これからどうなるのかとても憂鬱になる。

日本だって庶民の可処分所得は減り増税に次ぐ増税でこれからはこの国のおとなしい国民ですら
段々と声を上げるようになるだろう。
 
何はともかく今は一刻も早い停戦を願っているよ。
無能な国連事務総長には期待できないのが実に残念でならない。

この記事に

開く コメント(2)

全168ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事