球界にんげん地図

昭和「職業野球人」の物語。。

全体表示

[ リスト ]

宮本洋二郎

兵庫県尼崎市で生まれるが、中学卒業後に親類を頼って鳥取県米子市へ移住。県下有数の進学校・米子東高校では岡本利之監督の指導を受け、同期の清水賢とバッテリーを組む。冬場はボートで錦海に出て、足腰を鍛えて体幹を強くした。投球後は水道水で肘や肩をクールダウン。当時は「肩を冷やすな」というのが定説だったが、今では当たり前となっているアイシングの理論をいち早く取り入れていた。3年次の1960年に春の選抜でエースとして出場し、山陰勢初の甲子園決勝進出を果たす。決勝の高松商(香川)戦では同点の9回裏、山口富士雄に左翼ラッキーゾーンに飛び込むサヨナラ本塁打を浴びて1-2の惜敗。準優勝に終わったが、同大会のベストナインに選出された。その後は春の中国大会で優勝し、夏の東中国大会では決勝で倉敷工を敗る。夏の甲子園では2回戦で徳島商に敗退したが、秋の熊本国体では決勝に進出。北海の佐藤進と投げ合ったが、0-3で敗れてまたも準優勝に終わる。高校卒業後は早稲田大学へ進学し、1年春のリーグ戦から登板。当時の早大では非常に異例なことだった。交通事故で再起不能と言われた時期もあったが、無事に回復。4年次の1964年には春のリーグ戦で優勝し、同年の日本選手権では決勝で駒大に敗れる。大学卒業後の1965年、川上哲治監督の強い要望で読売ジャイアンツへ入団。2年目には22試合に登板するが、2年間で2勝に終わる。1967年に森永勝治との交換トレードで広島カープへ移籍し、長谷川良平監督の指導を受けて素質が開花。移籍1年目は18試合に先発して5勝を挙げ、5勝中3勝は阪神戦でのものだった。その後の2年間は0勝と不調に終わるが、1970年に4勝を挙げて復活。1971年には自己最多の6勝を挙げ、6勝中4勝は5月の10連勝中に挙げたものだった。5月13日のヤクルト戦(広島)では1球勝利投手となり、これが同年の初勝利となった。特に古巣・巨人を苦しめ、満塁のピンチにON(王貞治&長嶋茂雄)を抑えたこともあった。その後は再び低迷し、1974年に南海ホークスへ移籍。野村克也プレイングマネージャーの再生術で復活し、36試合に登板して3勝3セーブを挙げた。防御率も前年の4.50から2.19に大幅アップしたが、同年引退。

引退後は南海で一軍投手コーチ(1975年, 1979年-1980年)・二軍投手コーチ(1976年-1978年, 1981年)、古巣・広島でスコアラー(1982年-1987年)・二軍投手コーチ(1988年, 1991年-1992年)・一軍投手コーチ(1989年-1990年)・スカウト(1993年-2013年)を歴任。南海でのコーチ1年目はブルペンを担当し、チーム防御率がリーグトップの2.98を記録するも5位に転落。松田清コーチが一軍に昇格する代わりに二軍へ降格。1979年に一軍へ再昇格すると、広島時代のチームメイトだった大石弥太郎が入団。2年目の1980年は防御率が3点台の山内新一・金城基泰以外、投手陣は5点台から8点台という有り様。チーム防御率は両リーグ通じて最下位の5.63に終わり、2度目の二軍降格となった。古巣・広島ではスコアラーとして松田耕平オーナーに評価され、スカウト時代は木庭敦に師事。主に関西地区を担当し、倉義和・前田健太などを獲得。退職後の現在は日本福祉大学特別コーチ兼チーム編成部長。 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事