突撃!資産活用/貯蓄から投資まで〜

積極的資産運用から守りまで・・・。トレンドにのることが貴方の資産を増やします!

全体表示

[ リスト ]

サブプライム本家本元の米国以上に下げ幅の大きかった日本の株式市場であるが、今朝のサンデープロジ

ェクトでも取り上げられ、07年度は米国が6%上昇したのに対し、日本株は11%も下落し、これは日本独自

の問題であるようだ!

年明け以降も日本市場はさえない展開が続いているが、1月22日には12,573まで急落し現時点では13500近

辺まで戻しているが、先行きは極めて不透明と言わざるを得ない。

チャート上で上値・下値を見通す時には過去の高値・安値が節目となるが、下に示す“目処”ではどうも

大きなトレンド上で半値押しのまで突き進んだ結果となったようだ!


−日経平均の主な目処(日経新聞)
     14,194  05年5月安値から06年4月高値までの上昇幅の半値押し
     13,973  小泉政権発足時(01年4月26日)終値
     12,585  03年4月安値から06年4月高値までの上昇幅の半値押し


1月15日以降´△魎袷瓦乏笋蟾んでしまったため、現時点ではからの戻しを試す展開であるとはい

え、今度は´△上値抵抗線となってくることが予想されるところだ!

要するに´△鮟侏莵發閥Δ貌庸砲靴討ることが、上昇相場への転換となることが予想されるが、現時点

の市場環境では極めて難しい〜。やはりこれには日米欧の金融政策が何時発動されるかに因ると思ってい

る。

既に、FRB(米国)は1月に0.75%+0.5%のFFレート引下げを実施したが、利下げは流動性を供給するため

一時的に株価は上昇するものの、本格的なトレンド転換とはならないようだ!日経2月1日に因ると、

利下げの打ち止めが景気反転であり、特に米金利の利下げが止まる“10週前”に日本株が上昇トレンドに

入るという。

そこで、米国の利下げ打ち止め時期をどのように読むのかといったところであろうが、マーケットは3月

の0.25%の利下げを織り込みつつあり、これにて打ち止め宣言となるなら約10週間さかのぼった12,573が

大底になる可能性があるようだ!

ここで完全に上昇トレンド入りを確認するためにも次週のG7を見守りたい〜。14000近辺が上値となるの

か、突破していくのか、重要な局面であるようだ!

閉じる コメント(16)

顔アイコン

日経の調整は、十分と考えますが。下げのチャートが黒で即上昇を感じられません。
原油高・ドルが高くなるので、企業の利益(電気株 産業の米)消え、政局不安により、外人の買いが細る。この様なことから、ドルの高値は3月末であるとしても、また、ドル高になる可能性が高い。しかしながら、その後はドル安になれば小バルブの可能性が特にたかいと考えます。今回の下げが次の下げでW底になれば、上昇トレンドの可能性が高くなると予想しますがどうでしょう。ご教示願います。 削除

2008/2/3(日) 午後 9:53 [ yaitasitk ] 返信する

コメ有難うございます。昨年からの急落はチャート主義者には想像できない状況であったことは周知の事実です!10月のG7でドル安容認が発端となったともいいますし…。ですから、今までのチャートは現状分析と僅かな将来予測しかできないと思っております。個人的には今回のG7でどのような政策合意がなされるかです。金利を引き下げている米国に対し、インフレ懸念でECBや日銀が現状維持又は金利引き上げとなれば、一波乱起こるでしょうね〜〜!!

2008/2/3(日) 午後 10:08 kyon 返信する

顔アイコン

日本は、増税の根拠がほしいだけですよ!!
それよりも減税の世論を高め、役人の無駄遣いの損害賠償と関係者の財産没収を行う事。
これが、日本の運命を決めますね!!
役人に飼いならされてる以上、糸偏に冬ですよ!!

2008/2/4(月) 午前 7:04 全国競馬場襲撃委員会総合司令本部 返信する

顔アイコン

これは、ねじれ景気の始まりです。
注意した市場取引が要求されますね!!

2008/2/4(月) 午前 7:27 全国競馬場襲撃委員会総合司令本部 返信する

顔アイコン

私はチャート主義者ではないのですが、公定歩合は14年かけて底をつきました。買いにチャートを利用しております。今回の下げはエリオットの法則で下げ1波に辺当り十分な下げではありません。チャート的には十分です。エリオットの法則で実は第二波の底よりボックス相場になると考えております。上げが14100円を超えなくて、下げが当面は12000円を割る事をにらんでおります。それでも、上昇トレンドは困難と考えております。更に、米国の金利の底は、景気が上向いたとき必ず上昇トレンドになると予想し、今後の株価予想に重要とがえております。 削除

2008/2/4(月) 午前 9:52 [ yaitasitk ] 返信する

顔アイコン

続き、今回の下げは、NTTを見ると分かるのですが、酒田6法の宵の明星から、チャート的のは空で下げております。更に、以前に第3波は、明けの明星から上げております。
全体的な流れの中では、銘柄選定が最重要と考え、澤髪ファンドを一部参考にしております。 削除

2008/2/4(月) 午前 9:59 [ yaitasitk ] 返信する

顔アイコン

コメ有難うです。チャートのローソク足は日足、週足、月足などがありますが、年足もあるということです。年足は月足12本が凝縮されており、日・週・月のエネルギーも含まれております。下げ相場は年がら年中下げているわけでなく、ジグザグしながら下降を描いていきます!年足が陰線であっても週や月では陽線になることも多く、どのトレンドに乗っていくかの判断は各々であると考えます!

2008/2/4(月) 午後 4:29 kyon 返信する

顔アイコン

また、全体的に下降トレンドであっても、上昇を描く旬の業種・銘柄はあるもので、これらを見極める目を持つことが最も重要かと思っております!

2008/2/4(月) 午後 4:31 kyon 返信する

顔アイコン

kyonさんのご指摘とおりです。
ただし、確率的には、下降トレンドで上昇を描く業種を結果的に確認するのは、簡単です。現実的に私には困難なので、下げの時は、大きな下げトレンドの中では、投資を休みます。ボックス相場の想定時に下げを予想して、底付近で買いを入れますが、私は公定歩合2回目の上げで買い有利と考えていて、10000円を切るぐらいであれば、上昇相場にになると考えています。いわゆる、公定歩合が上がらず、企業業績が良くなる図式です。ドルが安値に振れ、原油が安くなる図式です。ドルの投資はユーロが罫線からトレンド後半になったと考えるので、ユーロの底値が問題と考えております。 削除

2008/2/4(月) 午後 8:14 [ yaitasitk ] 返信する

顔アイコン

yaitasitkさん、コメ有難うです。上の文で、“公定歩合2回目の上げで買い有利”の部分が理解できません!金利は景気が良くなるからこそ上昇するという結果であって、金利の引上げ自体は株価にはマイナスです!
80年代のバブル相場は外国人が売り尽くした後に、国内機関投資家によって買い上げられました。結果として彼らがババを掴んだわけですが…。
チャートは過去の分析と未来の僅かな予測には有効ですが、信用倍率が2倍となった今、このまま下がっていくのか甚だ疑問であります!

2008/2/4(月) 午後 8:45 kyon 返信する

顔アイコン

公定歩合買い有利の件ですが、大底は公定歩合大底でつけております。私が14年待った結果と読んでおります。公定歩合2回目上げで3回目になっておりません。
ですから過去の情報からは、今後、下げ調整は十分ですので、上げの納得する理由探しであり、日経ダウの底を売った場合は買いが有利という意味で、12000割れ程度を読んでおります。だだし、今後、企業業績が下がった時は、最悪の点灯率13%です。これは、エリオットの法則下げ3波の場合の最悪のシナリオです。この時、銘柄で1部が上がると予想しますが、3割程度と読んでおります。
更に、今後2014年には、株価が色々の理由で天井を付けるシナリオです。ただし、日本が公定歩合を下げたときは、大底探しと考えます。当面は現在、雲の下に位置しているので、転換点探しです。 削除

2008/2/4(月) 午後 9:44 [ yaitasitk ] 返信する

顔アイコン

続き、信用評価損は、約ー20%を3回つけております。次は買う予定です、もう一度信用評価損が、急落することが条件で、日経の1割程度の下げ1500から2000と考えております。
ただし、可能性は少ないのですが公定歩合が3回目が上がった場合は、大きな下げを予想します。 削除

2008/2/4(月) 午後 9:55 [ yaitasitj ] 返信する

顔アイコン

理解できました!利上げ3回とは量的緩和解除から数えてですな…。量的緩和解除は短期間で35兆円から10兆円まで圧縮することにより、実質2.5%の利上げ効果があったと言われています!それから0.5%まで計3回引上げられており、引き上げ効果は3%以上となるでしょう。05年5月の急落は日銀の引き締めにより起こりました。要するに既にひき締めすぎるぐらい引き締めているのです。
また、利上げ効果は10カ月程度とも言われております。最後の利上げが07年の2月でしたから、このときの影響はもうないと言っていいと考えます!!!

2008/2/4(月) 午後 10:04 kyon 返信する

顔アイコン

纏めますと、日銀による金利引上げは、

量的緩和解除→0%→0.25%→0.5%

と既に3回引上げられております!

2008/2/4(月) 午後 10:09 kyon 返信する

顔アイコン

アメリカNYの下げは第1波現在小さく。米国30年もの国債MACD-0.1日本225種の下げは第1波、普通以上の下げですが、エリオットの下げより小さく、ドルはMACD-1.23でー3.4より小さく。今後の株式情報で経営者の60%は悪くなる。澤髪ファンドはサブプライムローンは1年くらい。
この様なことから、私は、ボックス相場を予想します。ボックスの底ねは、下落率と新安値が800程度と予想します。願わくば私が買う場合は、W底か、明けの明星ですね。証券マンは優良株といておりますが、トヨタに利益が多くなればよいのですが。 削除

2008/2/6(水) 午後 4:24 [ yaitasitk ] 返信する

顔アイコン

2/27,14105まで上昇したものの、出来高を伴うことができず、騰落レシオ136%をもって頂点を迎えたようだ!その後は為替に引き摺られる様に2番底を伺う展開に・・・。

2008/3/8(土) 午後 0:31 kyon 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事