突撃!資産活用/貯蓄から投資まで〜

積極的資産運用から守りまで・・・。トレンドにのることが貴方の資産を増やします!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

節分ですな!!!

イメージ 1

イメージ 2

今日は節分です!節分は”立春”の前日であり、春の初めでこの日から立夏の前日までが春である。

陰暦正月の節で、二十四節気の最初の節であり、暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から春

になるという。

節分は各地方で様々だ!豆撒きをするところもあれば、太巻きを食べるところもある。関西方面でのみ太

巻きを食べるものと思ってきたが、最近では全国区になったようだ!今日も千葉のスーパーでは太巻きを

かなり売っていた。

節分と旧正月(今年は7日)あたりが春になる節目のようで、“子年”を迎えるにあたり変化の年となるこ

とを期待する次第である。

私も恒例の太巻きとおでんで、節分の夜を味わったのでした〜!

開く コメント(11)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今週の株式相場は引続き戻りを試す展開が期待できそうだ!米国の相次ぐ経済指標発表と利下げによる

悪抜け感から先週は13500を挟んでの展開となり、週初には急落して始まったものの、週間ではほぼ横這

いという結果に終わった。

騰落レシオは85.4%、25日線乖離マイナス4.07%、75日線乖離マイナス11.86である。差し当たっては、

14000近辺の25日線までは戻りを試すと考えている。

ここで、1月第5週(1月28日から2月1日)の週足が、長い下ヒゲと上ヒゲを伴う“短陽線”となった点に

注目である。これは前週の値幅の範囲内で推移し方向感を示すには至らなかったものの、2週連続の長い

下ヒゲが下値に対する抵抗感を示している点である。また信用倍率が2.1倍と2倍割れ寸前までなっている

ことは、近い将来“踏み踏み”が開始されることを暗示している。

チャート上は6月高値から3段下げが完了した形であり、値幅、日柄とも十分な調整と言える。

ただ、8日のSQと9日のG7が控えており、SQ日の日足とG7による声明を見極めることは重要だ!振り返れば

10月のG7以降、為替主導で急落を演じてきた経緯があるためだ!一方、G7で好材料が出れば完全なトレン

ド転換を示唆するものと考えている。

さて、注目の銘柄であるが、四半期の業績開示の時期でもあり好業績銘柄が買われ始めているようだ!

1日にはストップ高を演じた銘柄もかなりあったようである。個人的には原発・環境関連を考えている。

日本製鋼所・酉島製作所などであり、これらを主導する形で木村化工機が仕手化している。

既に上昇相場は始まっているのかもしれない〜〜!!

開く コメント(7)

サブプライム本家本元の米国以上に下げ幅の大きかった日本の株式市場であるが、今朝のサンデープロジ

ェクトでも取り上げられ、07年度は米国が6%上昇したのに対し、日本株は11%も下落し、これは日本独自

の問題であるようだ!

年明け以降も日本市場はさえない展開が続いているが、1月22日には12,573まで急落し現時点では13500近

辺まで戻しているが、先行きは極めて不透明と言わざるを得ない。

チャート上で上値・下値を見通す時には過去の高値・安値が節目となるが、下に示す“目処”ではどうも

大きなトレンド上で半値押しのまで突き進んだ結果となったようだ!


−日経平均の主な目処(日経新聞)
     14,194  05年5月安値から06年4月高値までの上昇幅の半値押し
     13,973  小泉政権発足時(01年4月26日)終値
     12,585  03年4月安値から06年4月高値までの上昇幅の半値押し


1月15日以降´△魎袷瓦乏笋蟾んでしまったため、現時点ではからの戻しを試す展開であるとはい

え、今度は´△上値抵抗線となってくることが予想されるところだ!

要するに´△鮟侏莵發閥Δ貌庸砲靴討ることが、上昇相場への転換となることが予想されるが、現時点

の市場環境では極めて難しい〜。やはりこれには日米欧の金融政策が何時発動されるかに因ると思ってい

る。

既に、FRB(米国)は1月に0.75%+0.5%のFFレート引下げを実施したが、利下げは流動性を供給するため

一時的に株価は上昇するものの、本格的なトレンド転換とはならないようだ!日経2月1日に因ると、

利下げの打ち止めが景気反転であり、特に米金利の利下げが止まる“10週前”に日本株が上昇トレンドに

入るという。

そこで、米国の利下げ打ち止め時期をどのように読むのかといったところであろうが、マーケットは3月

の0.25%の利下げを織り込みつつあり、これにて打ち止め宣言となるなら約10週間さかのぼった12,573が

大底になる可能性があるようだ!

ここで完全に上昇トレンド入りを確認するためにも次週のG7を見守りたい〜。14000近辺が上値となるの

か、突破していくのか、重要な局面であるようだ!

開く コメント(16)

心に残る名言(2月3日)

“お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ!”

                           ダンテ

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事