突撃!資産活用/貯蓄から投資まで〜

積極的資産運用から守りまで・・・。トレンドにのることが貴方の資産を増やします!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昨今のサブプライム問題に端を発した金融・株式市場の動揺は、さまざまな局面で投資家たちを欺いてき

た。指標面で底値だと確信しつつも反発力が非常に弱く、昨年7月の18,261から1月22日の安値12,572まで

約6ヶ月間で“31%”の下落となった。そして、未だ指数・指標面で底這い状態といえる。

しかし、過去の歴史的な急落局面を見てみると下落率はほぼ似通っており、下値を固めた後の自立反発局

面が想定されるところである。オール投資2月15日号を参考にブラックマンデー以降の急落局面をこの際

整理しておきたいと思う!


.屮薀奪マンデー(1987年)
 日経平均は直前の高値から10月20日には前日比3836円の大暴落となる!11月11日の安値まで21%下落。
 下げ期間は約1ヶ月。その後は年末にかけて全下げ幅の4割戻し。

▲丱屮詈壊(1990年)
 90年初頭から株価は下げ始め、4月2日の28002まで28%の下落。下げ期間は約3ヶ月。その後は下げ幅の 47.5%戻し、再度下降した。

ITバブル崩壊(2000年)
 00年4月12日高値を基点に5月26日の16008まで23.1%下落。下げ期間は約1ヵ月半。その後7月3日まで  1/3の戻りあり。

だこζ瓜テロ(2001年)
 5月7日の高値から9月17日の9504まで34.5%の下落。下げ期間は約5ヶ月強である。FRBによる緊急利下 から1ヵ月後に下げ幅の27%の戻りがあった。

                               (参考:オール投資2月15日号)

以上より、過去4回の急落局面では平均“3割”程度の反発があったことがわかる。

またこの時、安値から自立反発に向かうまで1〜2週間の下値固めが見られたという。

今の状況が正しくそのような時期なのかもしれない。但し、サブプライム問題は資本主義経済の根幹を揺

るがす事態ともいえ、まだまだ続く危機的状況では長期下落局面の序奏であることも念頭に置かねばなら

ないかも・・・。

開く コメント(5)

イメージ 1

イメージ 2

昨日、名古屋へ久々に出向いた!
新幹線で通り過ぎはするものの、なかなか降りることがなかった。5年振りになるだろうか〜
今回は米国と韓国からのスタッフを迎え入れ、顧客への初訪問ということで、名鉄にのって南区まで出向いていった。10時のミーティングのため6時半の新幹線に乗るために5時起床と、若干ハードではあったものの無事に任務を終え、16時のインチョン行きの飛行機のアレンジを済ませ、私は東京に戻ってきた。
久々の名古屋だったがゆっくりすることもできず、昼食に味噌カツを食べたくらいか〜!それにしても、名古屋の駅前には高層ビルが立ち並び、以前と比べて風景が全く異なってしまったようだ。活気がないといわれて久しい地方都市だが、名古屋は世界に誇る企業群の街!寒さには震えた日ではあったが、活気を感じることはできた。次は名古屋城でも行ってのんびりしたいものだ!

開く コメント(9)

心に残る名言(2月16日)

真の苦労は人目につかないものである。

     目に見える苦労は虚栄心をもっていれば簡単にできる。


                     ラ・ロシュフコー

開く コメント(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事