『今芽旬!』

春粧の候、いかがお過ごしでしょうか?

全体表示

[ リスト ]

「食べて」に強く惹かれて講座を申し込み、参加してきました!
 
講師の自己紹介やイメージ 1「山野草」についての概要説明ののち、野外へ。
 
【「イタドリ」(タデ科)】痛みを取り除いてくれるという効用のある山野草。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
     受講者は20名。【美土里生涯学習センターまなびと「そよ風の丘」】
 
 
イメージ 3この時期は、かぶれの木が要注意!この日は、かぶれ防止のため、手袋を使用。
 
葉の下側から、かぶれの原因物質ウルシオールが放出されます。
 
何回か、かぶれると免疫ができ、かぶれなくなるそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
                      【「ヤマハゼ」(ウルシ科)】
 
 
 
イメージ 4
【「エゴの木(エゴノキ科)」果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来】
 
など、口にしてはいけないものをまず、紹介!
 
 
イメージ 5
説明を受けながら、収穫。
 
ヤマツツジやレンゲツツジは、猛毒なので、花を食べないこと。
 
猛毒のトリカブト(キンホウゲ科)は、食べられるニリンソウ(イチリンソウ属)によく似ている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
笹とソメイヨシノの葉は、ガスであぶって乾燥させて、お茶にする。
イメージ 6
葉っぱは、テンプラにすると美味しいそうです。【ヤマアジサイ(アジサイ科)」】
 
 
イメージ 7
 
収穫した山野草。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
【ヨモギのテンプラ】米粉と天ぷら粉を半々に。テンプラ油温は、160度弱。上手に揚がりました。
 料理は、エプロンと三角巾が必須アイテム。
 
 
イメージ 9
右は、「スベリヒユ(スベリヒユ科)」。まず、最初にバターで炒め、仕上げに焼肉のたれで味付け。
 
生命力も強く、精力剤の効用もあり。美味しかった!
 
ヨモギは、釣った魚にヨモギの汁を飲ませると元気になるほど、精力アップにはいいが、食べ過ぎると下痢したりするので、そこそこに!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
「オカヒジキ(アカザ科)」は、お味噌汁にもテンプラにも、イケます。
「クズ(マメ科)」春は、つるの若芽、夏は、新芽花穂、秋は花が食べれます。
 
 
イメージ 11
左は、こんにゃくを炒め、テンプラしたもの。肉のような食感が味わえます。
 
「コアジサイ(アジサイ科)は、葉の裏側のみ衣をつける。
 
 
「イロハモミジ」は、紅葉した時が色も鮮やかで、お薦め。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
テンプラつゆも、手作りで、水200ccに対し、みりん40ccと醤油40ccを煮ただけですが、美味しかった!
おにぎりは、黒豆が入っていました。 
 
 
ただ、山野草のテンプラなどを食べ過ぎると副作用が出る場合があるので、週1回程度が望ましいとのこと。
 
また、土地の所有者の許可を取っておくことと、分からないものは食べないとのこと
 
 
貴重な体験となり、何かがあっても、生き延びられるかなと?
 
 
山野草の旬は、四季を通じてあるそうですので、次回は秋の山野草試食会もいいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(2)

(^∇^)おはよーございます♪

山野草、とても勉強になりましたネ^^

学びながら摘んだ山野草、美味しそうですね(@⌒ο⌒@)b ウフッ

講座を受講できて良かったですネ♫♫♬

(^-^*)/Very Nice

2014/6/16(月) 午前 9:16 [ - ]

ここさん☆

身近にある山野草の知識を深めて収穫し、さらに調理の仕方を学び、講座仲間と楽しく会食でき、山野草の魅力が一層深まり、とても充実した講座となりました!

ナイスありがとうございます。

2014/6/16(月) 午後 11:05 トリッチ2


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事