『今芽旬!』

春粧の候、いかがお過ごしでしょうか?

TOP

[ リスト | 詳細 ]

ご訪問ありがとうございます。


記事検索
検索
安芸高田市「高宮田園パラッツォ」で、アロマテラピー講座「ハッピーアロマで練り香水づくり」がありました。
 
                                                
 アロマテラピーがストレスを緩和したり、脳を活性化すると期待されて研究が進められて注目を集めています。イメージ 1
また、認知症の初期の症状で最初に臭いの嗅ぎ分けができなくなり、次に記憶ができなくなるそうです。
 
五感の中で臭覚だけがいち早く記憶をつかさどる海馬を刺激します。また、現代人の病気や不調は、ストレスによるものが多く、ストレスが長く続けば脳の海馬を委縮させ、記憶などに大変な影響を与えかねません。
 
このストレスの緩和は、アロマテラピーが最も得意としています。      
【高宮田園パラッツォ】
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
【練り香水】手前:リラックスできる夜用香水、後ろ側:リフレッシュできる朝用香水
 
作り方)①ファーナスペレットとファーナス油をビーカーなどに入れて溶ける湯煎
②容器に湯煎したファーナス①を入れる。
③精油を入れて良くかき混ぜて、完全に固まるまで待つ。
④手首やこめかみなどに塗布して使用
 
朝用香水(交感神経を刺激⇒活動化・緊張やストレスの緩和):精油(すっきりとした香りなので脳をリフレッシュする「ローズマリー・シネオール」と爽やかな香りで気持ちを明るく交換神経をアップする「レモン」を2対1で混ぜたもの)
 
夜用香水(副交感神経⇒休息・体の回復・リラックス効果):精油(リラックス・安眠効果のある「ラベンダー・アングスティフォリア」と不安な気持ちを和らげる「オレンジ・スイート」を2対1で混ぜたもの)
 
イメージ 3
 
講座状況
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【アロマセラピーの安全の為のガイドライン】
1.精油は植物を凝縮しているため、原液で使用しないこと。植物油や精製水などで希釈する。
2.精油は決して飲用してはいけない
3.肌に使用するときは、パッチテストをしてから。但し、次の日に起こる遅延アレルギーもあるので注意。
4.柑橘系の精油を塗布するときは、塗布後4〜5時間は紫外線に当てない。(シミができる)
5.妊婦や乳幼児は禁忌の精油があるので、講師に確認してから使用すること。
6.精油は封を切らなければ5年くらいは使用できるが、開封後は柑橘系で半年、その他で1年以内に使用。(但し、掃除用などに使用することは問題が無い)
7.日本では精油は雑貨扱いで、薬ではありません。自己責任で使用すること。
8.精油を選ぶときは、学名(英名)が明記されているか確認すること。
 
 
好きな香りを嗅いで、日常にアロマセラピーを取り入れることで、リフレッシュ・リラックスのメリハリのある生活を送りましょう!
安芸高田市の健康あきたかた21推進協議会運動部会では、「いつでも、どこでも、誰でも、手軽にできる」ウォーキングを推進し、その一環として、定期的に「こまめに歩こう会」を行っています。
 
日頃の運動不足の解消と、全く散歩のできない体質改善のために、11月14日に行われた土師ダム湖畔ウォーキングに参加してきました。
 
イメージ 1
【土師ダムサイクリングターミナルにて】
参加要件
●コース 3km(土師ダム周辺)
●申し込み不要・参加費無料
●持参物 動きやすい服装と靴・タオル・帽子・水分補給のできるもの
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
ウォーキングコースは、「土師ダムサイクリングターミナル」をスタートし、「ふれあい大橋」を渡り、再びターミナルに戻る3kmの舗装道路です。
 
イメージ 3他のウォーキンググループと遭遇。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
人によって、歩く速度は様々。
 
イメージ 5
折り返し地点のふれあい大橋。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
橋の上からの景色
 
 
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
とても綺麗な湖と山並み。暫しの間、見とれてしましました!
 
 
イメージ 11車で通ったことがありますが、ウォーキングで新たな発見に感動。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
ゴール後は、名簿に戻った旨を記帳して、自由解散。私は湖畔の紅葉を楽しみました。
 
イメージ 13はじ丸館から見た八千代湖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1411月23日には、八千代湖やこの紅葉を見ながら走るマラソン大会があります。
 
 
今は、足を痛めていて、ウォーキングしかできませんが、来年はここで走ってみたくなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月7日、市内再発見の旅、市民セミナー「五感で感じる安芸高田」に参加。
イメージ 1
まず、最初に訪問したのが、「エコミュージアム(エコロジーとミュージアムとの造語)川根」。
 
 
 
イメージ 2
川根柚子協同組合の取り組みについて、熱く語って頂いた熊高部長と今回のツアー企画担当者。
【エコミュージアム川根めだかホール】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
川根は広島県の北部で、冬季は4〜50CMの積雪のある寒い地区。
早くから人口減に悩んでいたが、昭和47年の豪雨により、町への侵入道路4本全てが寸断され孤立化してしまうと、急激な人口減が進み、悩んだ住民は過疎化対策として、まず働く場所を作ろうと、昭和57年、耐寒性のある農作物の柚子に目をつけ、川根柚子振興会によって柚子の栽培を始める。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 柚子は−7,8℃しかならない暖かい四国九州が主生産地で皮の厚みは1〜3mm程度であるが、一方川根の柚子は同じ品種にもかかわらず、7,8mmと厚い。
川根はー12℃まで下がるが、7つの川のある川根の朝霧が霜から中の果汁を守ってくれることと、天然の品種改良により、皮が厚くなったのではと推測されている。
 
イメージ 6
 
 
平成元年頃、竹下首相が実施した一律1億の「ふるさと創生事業」で2、000本の苗を植えたが、柚子の実生で18年しないと実が収穫できないと言われているように、いつまで待っても儲からない。
7,8年間、農薬を使うなどして栽培の管理をしていたが、風呂に入れるしかないような小さな柚子の実しかできず、手間をかける余裕もなくなって、その後10年位放置されていたそうです。
 
 
 
やはり、過疎化対策として、再び柚子に着目し、樹木や果実に光と風を十分に与え、湿気が籠らないように、管理を各家に分担して、適切な剪定を実施することにより、無農薬栽培ができるようになったそうです。
 
イメージ 5
「安心安全は当たり前。そこからどう付加価値に転換するか」
 
柚子の果汁を使って加工品を生産する。
 
県の銀賞を獲得した「ユズみそ」、果汁5〜7%に砂糖蜂蜜を加えた「柚子しずく」などはヒット商品。
ジュースは果汁100%でないと表示できないが、100%では飲めないので、「しずく」とネーミング。
 
 
 
 
イメージ 7今年新発売の「柚子ヴぁたーケーキ」は、美味しく頂きました!
 
今年3月に幕張で行われた食品飲料博覧会で、2600社の中からトップに選ばれ、95/105点の過去最高得点を獲得。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
現在、幼木2000本を合わせて、4800本の柚子の木が栽培され、加工に6名、生産に6名(うち3名は外部からやってきた20〜23歳の若年定住者)、営業関係3名で運営しているそうです。
 
 
イメージ 9
 
頂いた種(化粧水に使用)と汁をしぼった皮と袋(ジャム加工や風呂用)を頂きました。捨てるところが無いのが柚子の素晴らしいところ。
 
搾った果汁は、冷凍保存して使用される。
 
【ちなみに、青汁用の収穫は例年10月25日から始まるのですが、今年は天候が悪く、10月28日から始まったそうです。また、完熟柚子は、11月7日から収穫】まさに、今が旬です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
お昼は、エコミュージアム川根に戻って、昼食。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
地元「川根」の清流で育った地物天然アユを三日間ことこと煮立てた甘露煮を乗せた清流そば。
骨まで食べれる風味豊かな甘露煮は、柚子胡椒の効いた手打ちのソバに相性抜群!
 
イメージ 12
 
3日間蜂蜜に付けて発酵させたユズをいれた柚子湯が食後に。
 
やさしい味に、気持ちも癒されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
食後は、ラベンダーが植えられた道をバスで走って
イメージ 13
樹齢およそ150年以上と言われる柚子の古木を訪問。
 
未だに、立派な実が沢山実っておりました!
 
 
 
今回、このような素晴らしい体験ができたのも、市の関係者や農家の皆さんのお蔭と大変感謝しております。
 
しかしながら、市の予算も限られているので、このセミナーは今回限りとなりそうだとのことです!
 
市全体を活性化するためには、このような知識の供用が欠かせないと思いますので、是非とも継続していただきますよう、ご検討をよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伝統行事「神儀」

安芸高田市甲田町高田原の春日神社の大祭で、300年近い歴史を持つ伝統行事「神儀(じんぎ)」が、11月3日、披露された。
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
「神儀」は、収穫を祝い、子供が太鼓を打ち鳴らして地域を練り歩きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 3
 
地元の保育所の園児児童や小中学校の生徒計26人が「よーいや、よーいや」の掛け声に合わせて、元気いっぱいのばちさばきを見せた。
 
各部落で決められた場所で、神儀打ち込み(太鼓の披露)が行われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
大人も、「道化」や「笛」などで活躍
 
 
 
イメージ 6
途中で40分間の休憩。
 
 
 
イメージ 7
 
 
最後は、春日神社に戻り、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
ここから、神輿や獅子が加わり、
 
 
イメージ 10
近くの「御旅所」に向かって移動し、打ち込みをした後、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
神主さんに、祈祷してもらい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                               【市の無形民族文化財の指定】
イメージ 12
再び神社に戻って、これまでとは異なる打ち込みが行われて終了。【小さな園児たちや可愛い生徒たちも、息がぴったりの熱演でした!】
 
そしてこの後、恒例の福まきが行われた後、境内で天神神楽団による奉納神楽が行われたが、子供神楽団も熱演。
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日の予報は雨でしたが、幸いにも最後まで雨が降らなかったのは、この神儀のお蔭でしょうか? 
 
 

五感で感じた島根の秋

11月5日(水)、快晴ということで、紅葉を求めて、久しぶりの「尾道松江線」を北上!
 
イメージ 1高野ICから山々の紅葉が素晴らしい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雲南吉田ICを降りて、10分余りで八重滝の駐車場に到着。
 
イメージ 2
紅葉の見頃までは後少しでしたが、渓谷を流れる美しい大小の滝とせせらぎを堪能
 
イメージ 3
 
八重滝は、1.5キロメートルにわたる渓谷に、民谷川の入口付近から約1.5キロメートルにわたる渓流の地域で、様々な姿の滝、瀬が連続しており、八つの滝を総称して八重滝と言っている。
 
 龍頭が滝と八重滝は離れた場所にありますが、共に「龍頭八重滝」として「日本の滝100選」に選ばれました。島根県から2つ選ばれた滝の1つです。
 
イメージ 4
 
途中、二手に道が分かれている内の渓谷沿い側の遊歩道。迫力ある大岩の下をくぐります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
【滝尻滝】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
イメージ 10
 
 
【河鹿滝】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
【姫滝】
 
イメージ 12
 
 
 
【八塩滝】木陰から見た八塩滝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
八塩滝と滝壺
 
 
イメージ 14
どちらも呼び名は、やしろ滝【上段の滝が八汐(やしお)滝と下段の八塩(やしお)滝】
イメージ 15
八重滝の最も奥にある落差40メートルの2段滝で、大万木山を水源とする豊富な水量が壮観。
 
2つの滝を合わせて「一の滝」または「八潮滝」と呼ぶこともあるそうです。
 
イメージ 16
 
帰りは、渓谷と遊歩道が見渡せる山側の遊歩道を歩く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
渓谷沿いの遊歩道からは見えない紅葉した山肌が、山側の遊歩道から堪能できます。
 
イメージ 18
 
お地蔵さんには、花とお供えが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
渓谷の入り口側の方が、紅葉は綺麗でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
駐車場に近い橋から見た民谷川の清水と紅葉が美しい山肌。
イメージ 21
 
紅葉の見頃は、11月中旬頃でしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22道の駅「頓原」で昼食をとった後、2種類(炭酸ガスと炭酸水素イオン)の全く反する性格を持つ泉質を高濃度に併せ持つ、日本でも珍しい温泉「ラムネ銀泉」に入浴。
 
38〜40℃と比較的温めの湯温で、長時間の入浴が可能で、肌がすべすべになる『美肌の湯』、『若返りの湯』と呼ばれ、女性に嬉しい!
 
私のお気に入りは、お湯の色が、2週間かけてグリーンから黄色、オレンジ、琥珀色と変化するところで、この日はオレンジ色でした!
【ラムネ銀泉(毎月第1,3木定休):11〜20時、大人一人500円、源泉かけ流し、シャンプー・リンスあり】
 
五感を満足するお出かけでした!
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事