『今芽旬!』

春粧の候、いかがお過ごしでしょうか?

花・樹木

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

広島駅南口の福屋駅前店で、ラン展が公開中(1月15日〜20日)とのことで、
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
五日市高校書道部作
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
【ひな人形コーナーが春の訪れを感じさせてくれます】
 
 
 
第32回「広島県ラン展」に行ってきました!(入場料500円)
イメージ 3
 
 
広島カープのコーナー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
黒田選手(背番号15)も、跳ねる若コイの仲間!
 
イメージ 5
 
「福屋賞」受賞。見事なピンク色の胡蝶蘭でした!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
今回の目玉は、西日本初展示の青いコチョウラン。
【遺伝子組み換えによる生態系への影響が未確認の為、花粉が飛ばないように、二重ケースの中にで厳重管理されています】
 
 
イメージ 7
青いコチョウランは2012年、千葉大の三位名誉教授が開発。
 
コチョウランの細胞に、つゆ草の青色遺伝子を組み込ませて作られている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
見事な青色のコチョウランです。
 
近縁のランにパンダがあり、かなり前から人工交配が試みられていますが、いい品種はまだ生まれていないそうです。
 
 
 
イメージ 9
 
ランの絵手紙人気コンテスト。
お気に入りの絵手紙に投票できました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
「おかえりなさい!黒田投手」の垂れ幕が嬉しい広島駅前。
 
超高層マンション「シティータワー広島」の工事も順調のようです!

開く コメント(2)

ジューンベリー

樹冠の外側に純白の花が総状に密生する姿を、采配に見立てて、「ザイフリボク(采振木)」と名づけられました。
 
イメージ 1
花の見事さからサクラ(バラ科)の名を冠し、シデザクラやニレザクラの別名もあります。
【バラ科】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 3早春に5弁の白い花を咲かせます。【4月中旬】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
             色づき始めました! 【6月初旬】
 
 
すると、つがいの小鳥が枝に止まり始めましたので、
 
イメージ 5
防鳥ネットを取り付けました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
そろそろ、収穫できます。
 
【別名「ジューンベリー(=アメリカザイフリボク)」は、果実が6月(June)に収穫できるところからというこの名称がつきました】
 
イメージ 7
 
果実は、直径7〜10mmで、黒紫色になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
今年初の収穫で、総重量1.4kg。綺麗なものを仕分けして、最終的には0.9kg。
 
ジャムが美味しいとのことですが、パン食しないので、ジューンベリー酒にしました!
 
北米では庭木や街路樹用としても大変人気があり、花、果実、紅葉を楽しむことができますが、この紅葉を楽しみながら、美味しいジューンベリー酒が飲めるといいですね♪
 
少し、残った状態でネットを取り外し、数日後見たら、完全に実が無くなっていましたので、今まで注意してみていなかったこともあり、鳥たちに食べられていたのかもしれません(汗)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(6)

入梅中の薔薇たち

6月4日に梅雨入りしたばかりの薔薇(湧永庭園)の様子を、6月7日に見に行ってきました!
 
イメージ 1
一見、何でもないようですが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 結構、花弁が散っていました!【ナエマ CL 仏国 デルバール 1998年】
 
 
イメージ 3
 
遠目には、なんともないようですが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
やはり、花弁が散っています。【モーニング・ジュエル CL 英国 コッカー 1968年】
 
 
イメージ 5
 
こちらは、もっと散っています。
【 カクテル CL 仏国 メイアン 1967年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
こちらは、あまり散っていませんでした!【F ストロベリー・アイス 英国 ピース 1975年】
 
 
イメージ 7
 
【SH ペッシュ・ボンボン 仏国 デルバール 2009年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
                  【FL 伊豆の踊子 仏国 メイアン 2001年】
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
こちらは、多少花弁が散っていたように思います。【S サリーホームズ 英国 homles 1976年】
 
 
イメージ 10
 
【HT ブラックティ 日本 岡本勘二郎 1973年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
                       【HT ラブ 米国 J&P 1980年】
 
イメージ 12
 
【HT リーベスツァウバー 独国 コルデス 1959年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上のように、CLの雨に対しての花もちは悪いようですが、その他は特に影響は無かったように思えます。
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

薔薇HT in 湧永

梅雨入り前の猛暑の6月1日(一部5月31日)の湧永庭園のHT。
 
 
 
イメージ 1満開前の薔薇庭園。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
【ひさみ 日本 原田敏行 1988年】
 
 
イメージ 3【ピース 仏国 メイアン 1945年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
【ブルー・ムーン 独国 タンタウ 1964年】
 
イメージ 5【ダイヤモンド・ジュビリー 米国 J&P  1947年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
【ロード・ロスモア ニュージーランド マクレディ 1930年】
 
 
 
 
イメージ 7【ロード・ロスモア ニュージーランド マクレディ 1930年】
 
 
イメージ 8【パスカリ ベルギー lens 1963年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
【タチャーナ ド 独国 コルデス  1970年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
【キラニー洛陽 アイルランド Dickson 1898年】
 
 
イメージ 11
【グルマルディー 仏国 デルバール 1997年】
 
 
 
イメージ 12
【ピース 仏国 メイアン 1945年】
 
 
イメージ 13【エル 仏国 メイアン 1999年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
【シュワルツ・マドンナ 独国 コルデス 1992年】
 
今回は、このくらいに
 

開く コメント(4)

今日、我が地方も梅雨入り致しました!
 
この機会に、先日の梅雨入り直前の真夏日に撮ったバラの写真をアップしたいと思います。
 
今回は、CL(=クライミングローズ、つるばら)です。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2【モーニング・ジュエル 英国コッカー1968年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
同上
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
【ピエール・ドゥ・ロンサール CL 仏国 メイアン 1987年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
【ナエマ CL 仏国 デルバール 1998年】
 
イメージ 7
 
 
甘いフルーツのようないい香りがします。
 
気に入ったので、苗を購入したかったのですが、庭が狭いので植える場所が見つからなかったし、一株4千円もしたので、次回にしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
【アルベリック・バルビエ 仏国  バルビエ 1900年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
【つるエトワール・ドゥ・オラン CL 和蘭 1951年】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
【つるマダム・アルフレドオ・キャリエール CL 英国 Schwartz 1979年】
 
 
 
 
イメージ 12
【カクテル  仏国 メイアン 1957年】
 
 
 
イメージ 13
【ポールズ・ヒマラヤン・ムスク  英国 1916年】
 
 
 
 
 
イメージ 14
【ゴールド・バニー  仏国 メイアン 1991年】
 
 
 
 
 
イメージ 15
【ラングリング・レクター  1912年】
 
 
 
イメージ 16
【同上】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで、画像の制限を超えてしまいましたので、今回はここまでです!
 

開く コメント(6)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事