とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

全体表示

[ リスト ]

毎年のように出かけていますが
なかなか最盛期に行けないものです。
今年は、ほぼ満開だったかなぁ(^^♪

秩父市小鹿野町両神小森
セツブンソウ園

撮影:2019年3月9日 午後2時ころ

カメラ:Canon EOS D50 / IXY430F
レンズ:Tamron SP AF90mm F2.8Di
     Canon  EF-18−200mm F3.5-5.6


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


※セツブンソウ(キンポウゲ科)

セツブンソウは、多年草で冬は地下茎で冬越しをして、
早春に他の植物に先駆けて芽を出し花を咲かせ受粉し
種子を作ります。花は直径2cmほどの小さな白い花。

石灰岩地帯の落葉広葉樹の林床に大きな群落を作り
広葉樹の葉が出る前に種子を作り、林床が暗くなる4〜5月
には地上部が枯れ、その後は地下茎で過ごしているそうです。

早春の雪の中に咲くセツブンソウは、とりわけ美しく
「春の妖精」(スプリングエフェメラル)とも言われます。

こちら両神小森の群落は県内でも最大級だと思います。
環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧種に指定され
各地で群落が失われていますので大変貴重です。

例年2月下旬から3月中旬に開花していますが、
今年は暖冬で10日ほど開花が早まったようです。
開花期間中は、一般公開されていますが、花が終わると
節分草園(入園料300円)も閉園しますので、
地元小鹿野町のホームページなどで確認してお出かけください。


注意:小鹿野町観光協会のサイトによると
今年は、3月17日(日)までの公開で
18日からは閉園されるそうです!






 


閉じる コメント(4)

顔アイコン

アップで撮っている写真の使用レンズは90mmでしょうか?

今は高山植物の撮影はお手軽なコンデジ(SONYRX100掘砲鮖藩僂靴討い襪里任垢、手元にあるIOS kissX3も活用しようかと思っています。今は純正の単焦点、長尺のズームレンスを持っているのですが、28〜300mmくらいの社外品に統合しようとも考えています。重いカメラは邪魔なので最新のミラーレスを買おうとも?
いろいろ悩み中です(^^♪

2019/3/12(火) 午前 8:22 [ emumyu ]

emumyuさん!こんにちは!
1〜3株のクローズアップは、タムロンの90mmマクロレンズです。昔からボケの美しさで定評のある写真愛好家から人気のレンズです。200〜300mmのマクロレンズ(マクロ機能付)があるともう少し雰囲気の違う写真が撮影できるので欲しいのですが、(広角も!)なかなか手が出せません。一眼のデジカメは、重いので車やバイクでの撮影にしか持って行きません。ミラーレスがあると良いですね!

2019/3/13(水) 午前 9:23 torikera

顔アイコン

接写かなりのもの、いいですねー。レンズ効果あり。
マクロレンズなしではここまでぼやけないんですよ。
フィールドワークは生きた学問ですよ。
とりさん見習って、英語でも心がけていますが。

2019/3/14(木) 午後 10:39 [ ヨッチー007 ]

顔アイコン

> ヨッチー007さん!こんばんは!
ぼかすためには、できるだけ明るいレンズで絞りを開放させなければいけない訳ですが、レンズの個性も重要なようですね。困ったことに、老眼・乱視・白内障と最近一気に目に変化が出て、きれいな花を探すことも、ピントをかっちり合わせることも、以前のようにできなくなり、今回は少々ストレスでしたぁ(;^ω^)

2019/3/14(木) 午後 11:22 torikera


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事