とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全544ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

先週のハイテクハーフマラソン以降十分な休養をとっておりました(笑)
1週間ぶりのランは、ご近所道満グリーンパークで彩湖を一回り!
夕方、4時過ぎに走りだしたので、途中で日が暮れてきた。
ということで、最後は夕焼けの富士山を見ながらの「富士見ラン」
う〜ん贅沢だなぁ(笑)

彩湖で「富士見ラン」
2019年1月20日(日)午後4時過ぎ iPhon6S

 彩湖に夕日が落ちていく (^^)/
イメージ 1


JR武蔵野線荒川鉄橋の横に富士山
イメージ 2


彩湖管理棟の上に丸い月
イメージ 3


彩湖と東京外環道路彩魂大橋
イメージ 4


夕焼け富士山が大きい
イメージ 5


写真は、ワイドサイズにトリミングして、彩度をあげています(^_-)-☆
イメージ 6

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

毎年、職場の知人から素敵なカレンダーをいただいていた。
「日本の自然」と題した小さなカレンダーだが、
2カ月ごとに、美しい野草の写真が使われていて
職場の机に飾り、一人楽しんでいた。
昨年春に職場が異動になったのだけれど
嬉しいことに、知人がわざわざカレンダーを届けてくれた。
ありがたいことでゴザル。

日本の自然35
乗鞍岳の花
制作:布施正直
イメージ 1
作者の布施さんは、職場の知人の知り合い、ぐらいのアバウトな情報しかもっていなかったのだけれど、調べてみたら尾瀬の花の本を出したりしていた。さらに、今年のカレンダーの台紙に、カレンダーを作りを始めたいきさつが書かれていて、
さらに布施さんのお歳(81歳)が分かりビックリしてしまった。
(下にコピーをご紹介しておきます。)

なお、このカレンダーについては、布施さんの息子さんが茨城の常陸太田市で有機農法の農園をやっておられて、そちらの農園のサイトの記事に
カレンダーと布施さんのことが書かれていましたのでご紹介しておきます。

こちらの農園も素敵なところですね。


イメージ 2


カレンダー台紙より

「ここ数年、乗鞍高原温泉、福寿荘の御主人福島英世さんのおすすめで乗鞍スカイライン・エコースカイライン沿いの花を見にゆくようになりました。
〜略〜
81歳の腰曲がり爺さんの撮った高山の花です。

このカレンダーは45年前、尾瀬・長蔵小屋の平野紀子さんの発案で始まりました。最初の10年、”尾瀬の自然”は長蔵小屋と一般の方々との併用でした。11年目からは”尾瀬の花”は長蔵小屋の専用に、一般向けに”高山の花”・”花”と続き現在に至っています。したがって今回で45年となります。50号まではという夢は持ち続けておりますが、おぼつかない昨今、私のわがままで乗鞍岳の花を組ませて頂きました。」

文中の ” ” はtorikeraが付けました。カレンダーのタイトル(題)と思われます。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

おなじみ江戸末期から明治期に活躍した絵師
河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)の記念美術館が主催するシンポジウムが
東京国立近代美術館(東京メトロ竹橋駅近く)であり
神保町駅からも歩いて行けるので
ランチを神保町と決め、はやりのカレー店を探し入ったのがこちら!

インド料理
サンガム・神保町店

撮影:2019年1月14日(月・祝) 午後 Canon IXY430F

イメージ 1
 ▲神保町のメインストリートから一本奥に入った通りに面している。周囲には飲食店が並ぶ激戦区。
通りの反対側も、庶民的カツカレーで人気の、キッチン南海がある。(こちらも行ってみたい店だ)


▼さてこちら、サンガムのランチメニューがすごいことになっている(笑)
ざっと17種類!まぁほとんど同じに見えるのだけれどね。
カレーの種類が違うのだけれど、最安値830円〜1,350円まで。
ほとんどは、980円か990円という、いさぎよい価格設定でござった。
イメージ 2


▼torikeraの注文は、おすすめ!の Gランチセット
バターチキンカレー、ナン又はライス、サラダ、ドリンクで 990円
イメージ 3


まずはドドーンとサラダ。あふれんばかりにドレッシングがかかっていた。
イメージ 4


そして、こちらが バターチキンカレーと 巨大なナン !
カレーは、辛さを指定できるが、「普通」にしたけどあまり辛くなかった。
カレーもスパイスがそんなにきつくないので食べやすいマイルドの旨味でしたぁ。
ナンは、バターの香りが食欲をそそり美味しくいただきましたよ。
イメージ 5


イメージ 6


おねえさんに、食後にドリンクを出してもらうように頼んだのだけれど
忘れてたのか?食後こちらからオーダーして出してもらった。
アイス・チャイを頼んでおいたのに、慌ててもってきたのがラッシーだった。(笑)
酸味がさわやかで、これはこれでうまいなぁと感心して飲んだ('◇')ゞ
基本的におねえさんには、優しいtorikeraであった。
イメージ 7


美味しいカレーランチのあと、テクテク15分ほど歩いて、東京国立近代美術館へ行きましたぁ。

今回のシンポジウムのテーマは「暁斎の仏画−特に追悼絵に見る癒しについて」で
芥川作家で三春町の寺の住職をしている、玄侑宗久氏ほかが講師をしてくれた。
イメージ 8


皆さんも、カレーで有名になった「神保町」で
美味しいカレー店巡りをしてください。

※こんなサイトもあるよ〜



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

大阪王将で、餃子にクラフト・ビール?!
イメージ 1


毎年、ハイテクハーフマラソンに出ていて
最近困ったことが起こるようになった。
それは・・・・・

打上げをする飲み屋が満員で入れない(笑)

これは、笑い事ではなく本当に困る ('◇')ゞ
例年利用していた、裏通りのホルモン焼き屋も
「予約しないと入れない!!」とおっしゃる。

何ということだ。
恐るべし、大会のあとは赤羽駅周辺のお店が
ランナーであふれかえるのだぁ。
実にすごい、経済効果だ。

そこで、皆さん開いている店はないかと、うろうろさまようことになる。

そんな、ときに救世主となるのがお酒も飲めるチェーン店でゴザル。
レースの後の空腹を満たすのにもピッタリのお店が駅のそばにあった。

▼がはははっ! 餃子専門店 大阪王将 でゴザルよ。
ビーンズ赤羽店(駅ガード下)
実は2次会で昨年も利用させてもらった。2年連続の感謝・感謝!
イメージ 2

何だか知らないが、現在期間限定で
味噌ラーメン祭りを展開中。汗をかいた後なのでこれはいい。
野菜たっぷり味噌ラーメンを注文する。
さんざん酒を飲んだ後で、少し健康志向になるところが我ながらけなげだ。
イメージ 3

▼さらに、目に入ってしまったのがこちら!
なぬ、大阪王将にクラフトビール
アンマッチすぎないかぁ!そんなら試してやろうじゃないか!
と、まんまと戦略に乗ってしまうところが、我ながら情けない(◎_◎;)
イメージ 4

▼ということで!野菜たっぷり味噌ラーメンと・・・・・
イメージ 5

▼熱々、大阪王将の餃子をほう張りながら・・・・・
イメージ 6


▼美味しいクラフトビール(今回は、よなよなエール)
をぐびぐびといただき、大会を締めくくったのでありましたぁ。
イメージ 7
※それにしても、グラスに缶ビールを注いだような
泡なしビールはビジュアル的にも、美味しそうではないなぁ。
もう少し泡を立ててちょうだいね。王将さん(;^ω^)

<おなじみメニュ−編>
イメージ 8
イメージ 9















イメージ 10
イメージ 11


















※大阪王将・ビーンズ赤羽店/基本情報:
東京都北区赤羽1−1−1 


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

毎年恒例になったハイテクハーフに行ってきました。
よくよく調べたら最初に参加したのが、第10回だったようで
10年間(途中抜けたことがあったかも)
よくまぁ出ているもんだ(笑)
※昔は「谷川真理ハーフマラソン」といっとった。

第20回
ハイテクハーフマラソン
2019年1月13日(日)
北区赤羽・荒川河川敷

▼会場の様子
参加者はハーフで10,000人、今年は初めてフルマラソンも1,000人
他に3kmと2㎞ペアがある。
イメージ 1

▼ハーフは人数が多いので、上流コースと下流コースの2コースに分かれる。
さらに、ウェーブスタート方式なので、10時から、15分、30分と3組に分かれる。
まぁ速い人は前の組を抜いていっいちゃうわけだけど、狭いコースを走るには
良い方法でござる。トイレや更衣室など様々な運営も混雑を避けることができる。
イメージ 2

▼人がばらけた分、何となく会場の密度が減りステージ前もまばら。
10時過ぎの様子です。
イメージ 3

▼子ど向けのアトラクションも用意しています。
イメージ 4

▼ショップのブースもあります。バーゲン品だらけだぁ。
今年は「ジュエン」で、速乾素材のナイキのキャップを1000円で購入。
色々な大会の参加賞も格安で出している。(笑)
イメージ 5


▼使用前(スタート直前)のtorikera!まったく緊張感のない顔だぁ ('◇')ゞ
1万人の6分のだから、スタートも少ない人数だ。ほぼ最後尾からスタート!
イメージ 6


▼10時15分、上流の第2組スタートでゴザル。
風もなく、日差しもあって、スローランナーにとっては絶好のラン日和(;^ω^)
イメージ 7


▼前方に怪しい物体を確認し、後ろに張り付く(笑)
イメージ 8


▼すきを見て前に回った! あはははっ期待通りのアンパンマン!
torikeraとほぼ同じ速さで走っている、空を飛べばいいのに(笑)
最近は、仮装のランナーが少なくてつまらないなぁ。
イメージ 9


▼この大会は1kmごとに表示がしっかりとしてあるので嬉しい。
イメージ 10


▼河川敷を走るので、単調だけど、まぁ走りやすい。ほぼ上り下りもない。
イメージ 11


▼給水エイドも、数kmおきにある。水だけのところと水とスポーツドリンクのところがある。
混んでいないのがうれしいね。
イメージ 12


水門の手前で土手に上がる。
イメージ 13


▼途中10㎞地点を通過。この先で折り返す。
イメージ 14


▼今年はハーフとフルが同じコースを使うので、折り返し地点が近くにあり
間違える人もでるのではないかなぁ?
イメージ 15


▼こちらは、手前にあるフルマラソンの折り返し地点。ハーフはこの先だぁ。
イメージ 16


▼こちらが、ハーフマラソンの折り返し地点。土手を下り河川敷の底。
いつものところでした。折り返したのちまた土手に上ります。
イメージ 17


▼再び土手に上り水門を目指す。
イメージ 18


▼土手をくだるとまた河川敷をゴールまで走ります。
イメージ 19


▼ここは、ヨシが刈られていないけど、
多くのところが刈られていて見通しもよく良かった。
イメージ 20


▼驚いたことに、13kmのエイドにバナナが置いてあった。
初めてじゃないかなぁ!大歓迎!
実はすでにお腹がすいて、走りながらグーグ−鳴っていたぁ(笑)
イメージ 21


▼この後はひたすら我慢比べ。単調な河川敷を走り続ける。
最初は余裕だぁと思っていたが、やっぱり最後の方は足が上がらず
ペースが落ちてきた。
イメージ 22


▼消防の皆さんも待機中だぁ。 まぁお世話にはならないようにしなきゃね。
イメージ 23


▼う〜ん終盤になると、ランナーがまばらになって来た。
イメージ 24


▼ランナーとは「孤独だぁ」(笑)
イメージ 25

▼会場に戻って来たぁ。ここでかっこよく走りたいところだが
見栄をはって足をつるといかんのでマイペースだっ。 ('◇')ゞ
イメージ 26


▼いよいよフィニッシュ!
影はtorikeraがカメラを構えているところ(笑)
イメージ 27


ゴール!タイムは、第1組の時間が表示されていた。
第2組は15分後なので、2時間23分!!
がはははっ、歴代ワースト記録更新かっ (^▽^;)
イメージ 28


▼ゴール後は、①温かい濡れタオル ②スポーツドリンク 
③ヤマザキのランチパック(ハム・チーズでしたぁ)
④参加記念Tシャツ の順番にもらっていく。
こちらはTシャツのテント!
イメージ 29


▼いただきもの (;^ω^)
イメージ 30


この後は怒涛のアフターレースだぁ
まだ続きます(笑)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全544ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事