とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
知っていましたかぁ!
torikeraは、今気が付きました(◎_◎;)

Yahoo!ブログ
サービス終了のお知らせ
Yahoo!ブログは、2019年12月15日をもちましてサービス
を終了いたします。終了までのスケジュールなど、詳細は
こちらからご覧ください。

と表示されているではないですかっ!
この表示は「新規投稿」を選択すると
現れます。

おいおい!

スケジュールを見ると、
4月15日:β版先行終了
5月 9日:他社ブログへの移行ツール提供開始
8月31日:記事・コメント・トラックバックの投稿及び編集機能終了
12月15日:移行ツール及びサービス終了

この12月のサービス終了になると
記事の投稿ばかりでなく
ブログのサイトそのものを閲覧できなくなります。
つまり消えてなくなります。
ですので、この日までに他社のブログに引っ越しをしなければ
ハイさようなら!!

実は、torikeraは痛い思い出があります。
それは、jcomが提供するホームページサービスを利用し
とりけらの卵というサイトを作っていたのですが
jcomのサービスが終了するときに
忙しくて他社への引っ越しを先延ばししていたら
作業しようとしたときにはすでにサーバーのデータが消去されていて
何年にも渡って調べていた貴重な記録が消えて無くなってしまいました。

ヤフーブログは、2008年の1月から始め
すでに記事が2705件掲載されているので
これが消えて無くなるのは、チトつらいものがあります。
さて、2700件の記事をスムースに引っ越しできるのか?
大変不安がありますが、利用している皆さん!
早めに対応を考えないと大変ですよ〜!

それにしてもβ版に移行してしまった方は
とんでもないカードをひかされてしまいましたね。
最近は、広告表示がしつこくて
ヤフーブログをやめる人も出ていました。
利益が上がらなければ撤退するというのは
企業の論理としては当然と思うかもしれませんが、
利用者置き去りの運営は感心できませんね。



開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

先日のトレランで立ち寄った
埼玉県小川町の石仏・石碑を調べていたら
やはりランニングしながら石仏・石碑を紹介している
ブログに出会いましたぁ。
記事の中に資料として紹介していた本を
検索してみたら、もう「昭和63年」の本。
ヤフオクで検索したら複数出品されていて
とても手ごろなお値段でゲットできましたぁ(^^)/

石仏地図手帖
埼玉編・東京編・神奈川編・長野編・群馬編・千葉編
日本石仏協会編
発行・図書刊行会

イメージ 1

※1冊定価1,800円のものが、6冊で1,500円(送料込)だった!

イメージ 2
イメージ 3

















イメージ 4






























内容は、都道府県単位に面白そうな石造物を中心に、
1〜2日で回れるモデルコースを10コースほど紹介してあります。
コースは手書きの地図と石仏のイラストが出ていて、
(この手書きというのが今どき無い)、
石造物の解説もうれしい。
おまけに2万5千分の1の地図のコピーも載せてくれているのだけれど、
これがめちゃくちゃ見にくい(笑)。
20年以上前の本だから、
行ってみたらすでに石仏が無くなっているところもあった。
そんな時の流れも分かるのが面白かったり・・・複雑だけどね (-_-;) 


がはははっ!
これでまた蘊蓄(うんちく)が増えそうだなぁ(笑)
それにしても、行きたい所がまた増えちゃった。
体とお金がいくらあっても足りないなぁ('◇')ゞ

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

わーい!2週連続でトレイルランに行ってきました!
今回は、2つのハイキングコースを合体。
欲張りなコースプランでしたが十分満足できる
素敵なコースになりましたぁ!
奥武蔵のトレイルランを考えている皆さん
お勧めですよ〜!ぜひお出かけくださいね。
今回はハイライトで、ちょっとだけご紹介(笑)

奥武蔵トレイルランニング
正丸駅起点、旧正丸峠〜虚空蔵峠〜カバ岳〜
大野峠〜丸山〜日向山〜横瀬駅終点

静かな峠を巡る尾根縦走、素晴らしい眺望の丸山、
里山の落葉広葉樹林(薪炭林)、秩父観音霊場札所も訪問
超欲張りトレラン!

撮影:2019年2月24日(日) 午前8時〜午後2時 Canon IXY430F

▼大野峠近くのパラグライダー滑空場先の広葉樹林
イメージ 1

▼起点の西武線正丸駅。
日曜日とあって多くのハイカー、トレイルランナーが伊豆が岳方面へ
しかし、旧正丸峠方面へ向かう人は少ない。
イメージ 2

▼正丸近くの山里の地蔵堂にあった石仏。
姿は地蔵尊だけど顔がいくつもある珍しいタイプ。
イメージ 3


▼旧正丸峠。ここで先行していた二つのパーティーに遭遇する。
途中は誰もいない静かな昔ながらの峠道でした。
イメージ 4

▼ヒノキの植林地で偶然見つけた・・・
これって「犬神家の一族」だぁ(◎_◎;)
ちょっと難しいかなぁ(笑)
イメージ 5

▼牛立久保の先の明るい広葉樹林にて。
影はウルトラマン?自由の女神?torikera?
イメージ 6

▼「カバ岳」山頂
逆立ちしてみて頂戴(笑)
おそらく「樺・かんば」のカバなのかなぁ?不明です。
イメージ 7


▼カバ岳の先の日陰に残っていた雪!
このトレイルコース上には全く雪はありませんでした。
イメージ 8


▼このコース最高峰の丸山960m山頂の展望台からの眺望。
途中に見晴らしの良いところがないので一気に欲求不満解消!
右手前に武甲山、左手前に二子山、左端には伊豆が岳が見えています。
イメージ 9


▼秩父の市街地の奥にのこぎりの様な両神山、左手奥に雪の八ヶ岳連峰。
イメージ 10


▼素晴らしい眺望にご満悦のtorikera。
イメージ 11


▼県民の森で大勢のカメラマンに遭遇。
何の撮影か聞いてみたら「オオマシコ」という野鳥が目当てでしたぁ!
イメージ 14
それにしても、皆さんスゴイ望遠レンズですねぇ。
イメージ 13


▼県民の森からの尾根の下りはご覧の通り。
まるで陸上の100mトラック!スピード出しすぎ注意の快適ランです。
イメージ 15

▼県民の森から日向山への下りで見つけた看板。
熊さんが、このギャグを理解できるのか?(笑)
イメージ 12


▼日当たり抜群の日向山633m。小さな展望台もありました。
イメージ 16


▼中央奥が伊豆が岳。辿ってきた来たルートを振り返り満足できる。
イメージ 17


▼日向山からの下りも明るい広葉樹が続き気持ち良いランができる。
イメージ 18


▼芦ヶ久保の斜面に、突然現れたイノシシを飼育する檻。
こちらに気づいたイノシシたちが一斉ににらみつけて威嚇していた(;'∀')
イメージ 19


▼横瀬の町に出ると、すぐにある秩父観音霊場第6番札所「ト雲寺」
イメージ 20


▼コース途中には、この時期梅の花が満開でしたぞ。
イメージ 21


▼第9番札所の明智寺の「文塚」
イメージ 22


▼明智寺は、安産の観音としても有名だそうだ。
犬の絵馬は、多産の象徴で=安産ということだ。
イメージ 23

▼ほどなく、終点の西武線横瀬駅でござるよ。
イメージ 24

<コース概念図>
イメージ 30

※今回のコースは、ハイキングガイドのコースタイムで7時間25分のコース。
(山と渓谷社・首都圏1000kmトレイル①奥武蔵・秩父354kmより、以下カッコ内も)
イメージ 25
※ちなみにこのガイド、コースの詳細な地図がありとても便利
エアリアマップだけでは、細かいところが分からなくて困った方はぜひご覧下さい。

正丸駅午前8時出発、横瀬駅午後13時30分着(途中休憩・見学等で約1時間)
実ラン・ウォーク時間は、およそ4時間30分ほどでした。
急登があまりないので、ランできるところも多く楽しいトレランができます。
最後の横瀬町に入ってから、舗装道路になりますがまぁ我慢できる範囲かと。
(ただし、終点の横瀬駅周辺に土産物店や飲食店がほとんどないので
アフターのことを考えると芦ヶ久保駅の方に利があるかもしれません。
また、時間が許せば横瀬にある「武甲の湯」日帰り温泉がお勧めです。)

通常のハイキングでは、旧正丸峠から牛立久保・カバ岳を経由して
大野峠に出て、赤谷経由で芦ヶ久保駅に出るのが一般的か。(5:40)
大野峠から展望の良い丸山まで出て芦ヶ久保駅へ出ることも。(6:15)
(下の東京周辺トレイルランニングコースガイド参照)
日向山から芦ヶ久保駅に下れば多少時間を短縮できます。


いずれにしても色々なコースを組みあわせることが可能なので
自分好みのコース設定をしてくださいね。

イメージ 26
イメージ 27














※よくよく探してみたら、こちらの「東京周辺トレイルランニングコースガイド」山と渓谷社刊、に正丸駅〜丸山コースとして紹介してあったぁ!見逃していたよ。


イメージ 28
イメージ 29














※また日向山については、こちらの「日帰りハイキング+立寄り温泉関東周辺」JTB刊に、日帰りハイキングコースとして紹介されていました。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

落語を聞くなら
寄席やホールに行けばよいのだけれど・・・
昔の名人たちの噺も聞いてみたいし
そもそも、寄席デビューの前に
予行演習をしておきたいという方もいるのでは?
そんなあなたにピッタリの本がありました。
一挙に2冊ご紹介だぁ!

古典落語CDの名盤
京須偕充 著
光文社新書
イメージ 1


今夜も落語で眠りたい
中野 翠 著 
文春新書
イメージ 2


京須さんの「古典落語CD名盤」は、
そのタイトルの通り、ソニーミュージックでプロデューサーとして
数多くの落語録音の場に立ちあったプロの目線で
優れた落語CDを紹介・解説してくれている。
あらすじを紹介する「はなし」
「ききもの・ききどころ」
「これぞ名盤CD」
と、どの噺を誰のCDで聞いたらよいのかガイドしてくれる。
70ほどの落語を紹介してくれているのと
噺家のききどころなど貴重な情報満載でござる。
「コラム」で、名盤を見抜く術、落語CDはこうして作られる
など、まさに裏側の目線を知ることができるのは面白い。

中野さんの「今夜も落語で眠りたい」は、
落語こそ最大・最高の遺産なのだという落語大好きの
コラムニストが、一般の人の愛好家視点で
名作落語の数々を紹介してくれる。
紹介している噺は32.
第二章では、いとしのご常連キャラクターズと称して
名作落語に登場する人物にスポットをあて
その見どころ聴きどころをご紹介。
もちろん、最後はお勧めCD(お勧め47枚)の紹介も忘れていません。

最近は、YouTubeでも、多くの落語動画や音源が紹介されている。
さながら、家にいても寄席気分を味わえるということだ。

お試しくださいねぇ!

名人 5代目柳家小さん「うどん屋」
寒い夜はこんな噺で温まりたいねぇ(^^)/
「古典落語CDの名盤」推薦盤

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日何気なくスマホでTwitterのニュース配信を見ていたら
NHK文化部:
「米 ザ・モンキーズのピーター・トークさん死去77歳」
という記事が目に飛び込んできた!

記事は、

「デイドリーム・ビリーバー」などの
ヒット曲で人気を集めた
アメリカの音楽バンド、ザ・モンキーズのベーシスト
ピーター・トークさんが亡くなりました。
77歳でした。

というもの。

調べたら、リードヴォーカルの、デイビー・ジョーンズさんが
2012年にすでに亡くなっていたんだねぇ。

ちょうどtorikeraが小学生のころだったかなぁ?
TV番組が大ヒットして、姉も好きだったので
いつもテレビにかじりついて見ていた。

ピーターは、独特の天然ボケした?キャラで
愛される存在だったと思う。

レコードもシングル盤を何枚か購入したことがあった。
以前も某中古CD取り扱い店で偶然
「ザ・モンキーズ」のベストアルバムを見つけ
思わずゲットしていたのよねぇ。

ザ・モンキーズのオフィシャルサイトを訪問してみたら
死亡記事が出ていた。
死因は舌癌らしい。(そういえば、日本でも今話題だけどね)

ピーターを偲んで
ザ・モンキーズの大ヒット曲を聴きたい!


Daydream Believer : The Monkees
デイドリーム ビリーバー / ザ・モンキーズ
いい曲だなぁ!
そういえば、忌野清志郎さんも大好きな曲だった。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事