とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

おなじみ江戸末期から明治期に活躍した絵師
河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)の記念美術館が主催するシンポジウムが
東京国立近代美術館(東京メトロ竹橋駅近く)であり
神保町駅からも歩いて行けるので
ランチを神保町と決め、はやりのカレー店を探し入ったのがこちら!

インド料理
サンガム・神保町店

撮影:2019年1月14日(月・祝) 午後 Canon IXY430F

イメージ 1
 ▲神保町のメインストリートから一本奥に入った通りに面している。周囲には飲食店が並ぶ激戦区。
通りの反対側も、庶民的カツカレーで人気の、キッチン南海がある。(こちらも行ってみたい店だ)


▼さてこちら、サンガムのランチメニューがすごいことになっている(笑)
ざっと17種類!まぁほとんど同じに見えるのだけれどね。
カレーの種類が違うのだけれど、最安値830円〜1,350円まで。
ほとんどは、980円か990円という、いさぎよい価格設定でござった。
イメージ 2


▼torikeraの注文は、おすすめ!の Gランチセット
バターチキンカレー、ナン又はライス、サラダ、ドリンクで 990円
イメージ 3


まずはドドーンとサラダ。あふれんばかりにドレッシングがかかっていた。
イメージ 4


そして、こちらが バターチキンカレーと 巨大なナン !
カレーは、辛さを指定できるが、「普通」にしたけどあまり辛くなかった。
カレーもスパイスがそんなにきつくないので食べやすいマイルドの旨味でしたぁ。
ナンは、バターの香りが食欲をそそり美味しくいただきましたよ。
イメージ 5


イメージ 6


おねえさんに、食後にドリンクを出してもらうように頼んだのだけれど
忘れてたのか?食後こちらからオーダーして出してもらった。
アイス・チャイを頼んでおいたのに、慌ててもってきたのがラッシーだった。(笑)
酸味がさわやかで、これはこれでうまいなぁと感心して飲んだ('◇')ゞ
基本的におねえさんには、優しいtorikeraであった。
イメージ 7


美味しいカレーランチのあと、テクテク15分ほど歩いて、東京国立近代美術館へ行きましたぁ。

今回のシンポジウムのテーマは「暁斎の仏画−特に追悼絵に見る癒しについて」で
芥川作家で三春町の寺の住職をしている、玄侑宗久氏ほかが講師をしてくれた。
イメージ 8


皆さんも、カレーで有名になった「神保町」で
美味しいカレー店巡りをしてください。

※こんなサイトもあるよ〜



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事