とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昨日の朝、それほど冷え込んだわけではないけれど
少し雨が降ったためか、氷の造形がひときわ面白かった

氷はアートだぁ

撮影:2019年2月7日(木)朝  iPhone6S


イメージ 1

イメージ 2

駐車場の車の屋根に降った雨がはじかれて
そのまま凍ったのでしょうね(笑)
先日ガソリンスタンドの洗車機でワックス洗車したばかりだったのだ(;^ω^)


2月6日から開催されている
サントリー美術館の暁斎展を観てきましたぁ!

「河鍋暁斎
その手に描けぬものなし」展
2019年2月6日(水)〜3月31日(日)
サントリー美術館・六本木東京ミッドタウンガレリア3F

撮影2019年2月8日 iPhone6S

イメージ 1


イメージ 2

最近、河鍋暁斎の人気がうなぎ上りでゴザル。
河鍋暁斎記念美術館友の会会員としてはうれしい限り。(笑)
とにかく、日本では河鍋暁斎に対する評価が異常に低すぎたのだから。
やっと時代が暁斎を理解できるようになってきたということか('◇')ゞ

さて今回のサントリー美術館の企画展でござるが
暁斎の作品の中でも、狩野派絵師としての側面が
かなり掘り下げられていたように思います。
発見だったのは、暁斎の師事していた狩野派の
加納探幽の描いた戯画に暁斎が影響を受けていたという展示。

、また、著名なイスラエルゴールドマンコレクション、
や大英博物館所蔵の暁斎作品が多く出品されていて
torikeraが初めて見る作品も数多くありました。
(もちろん蕨市の河鍋暁斎記念美術館の所蔵品も多数ありましたが)

暁斎ファンはもちろん、暁斎を知らない方にも
見ていただきたい企画展です。



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事