とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

毎年のように出かけていますが
なかなか最盛期に行けないものです。
今年は、ほぼ満開だったかなぁ(^^♪

秩父市小鹿野町両神小森
セツブンソウ園

撮影:2019年3月9日 午後2時ころ

カメラ:Canon EOS D50 / IXY430F
レンズ:Tamron SP AF90mm F2.8Di
     Canon  EF-18−200mm F3.5-5.6


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


※セツブンソウ(キンポウゲ科)

セツブンソウは、多年草で冬は地下茎で冬越しをして、
早春に他の植物に先駆けて芽を出し花を咲かせ受粉し
種子を作ります。花は直径2cmほどの小さな白い花。

石灰岩地帯の落葉広葉樹の林床に大きな群落を作り
広葉樹の葉が出る前に種子を作り、林床が暗くなる4〜5月
には地上部が枯れ、その後は地下茎で過ごしているそうです。

早春の雪の中に咲くセツブンソウは、とりわけ美しく
「春の妖精」(スプリングエフェメラル)とも言われます。

こちら両神小森の群落は県内でも最大級だと思います。
環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧種に指定され
各地で群落が失われていますので大変貴重です。

例年2月下旬から3月中旬に開花していますが、
今年は暖冬で10日ほど開花が早まったようです。
開花期間中は、一般公開されていますが、花が終わると
節分草園(入園料300円)も閉園しますので、
地元小鹿野町のホームページなどで確認してお出かけください。


注意:小鹿野町観光協会のサイトによると
今年は、3月17日(日)までの公開で
18日からは閉園されるそうです!






 


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事