とりけらのアウトドア&ミュージック日記

とりけらブログは3月19日よりFC2ブログへ移動しました

浮世絵

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

蕨市にある河鍋暁斎記念美術館へ
3月の展示替えがあったので
出かけてきました!

「暁斎の戯画に見る風刺と反骨」
2019年3月1日〜4月24日
河鍋暁斎記念美術館

イメージ 1

イメージ 2

河鍋暁斎は、とにかく色々な画を手掛けた人で
狩野派の重厚な肉筆から
明治期には教科書の挿絵まで
torikeraの好きなのは、妖怪画や幽霊画とか
戯画と言われる風刺の味わいの濃い作品だぁ

今回の企画展では、
狂画五十三驛之一枚 赤坂・桑名
豊年萬作おどり
西遊記 西天竺経文取之図
一寸見なんしころしの新ばん
暁斎楽画 第五〜七・十・十五
など

普段あまり目にする機会の少ない作品たちと
出会えるのも楽しい!

ぜひご覧になってください!

イメージ 3


イメージ 4
▲3月24日の講演会・狂言公演

イメージ 5
▲こちらは現在サントリー美術館で開催中の企画展


イメージ 6



2月6日から開催されている
サントリー美術館の暁斎展を観てきましたぁ!

「河鍋暁斎
その手に描けぬものなし」展
2019年2月6日(水)〜3月31日(日)
サントリー美術館・六本木東京ミッドタウンガレリア3F

撮影2019年2月8日 iPhone6S

イメージ 1


イメージ 2

最近、河鍋暁斎の人気がうなぎ上りでゴザル。
河鍋暁斎記念美術館友の会会員としてはうれしい限り。(笑)
とにかく、日本では河鍋暁斎に対する評価が異常に低すぎたのだから。
やっと時代が暁斎を理解できるようになってきたということか('◇')ゞ

さて今回のサントリー美術館の企画展でござるが
暁斎の作品の中でも、狩野派絵師としての側面が
かなり掘り下げられていたように思います。
発見だったのは、暁斎の師事していた狩野派の
加納探幽の描いた戯画に暁斎が影響を受けていたという展示。

、また、著名なイスラエルゴールドマンコレクション、
や大英博物館所蔵の暁斎作品が多く出品されていて
torikeraが初めて見る作品も数多くありました。
(もちろん蕨市の河鍋暁斎記念美術館の所蔵品も多数ありましたが)

暁斎ファンはもちろん、暁斎を知らない方にも
見ていただきたい企画展です。



最近、寒かったり、おっくうになったりで「出不精」気味のtorikeraですが・・・
新年も何だか面白そうな美術展があちこちであるようです!
頑張って出かけようかなぁ!なんて思っておりまする。
ご紹介の巻(笑)

新北斎展
北斎、前人未到の世界へ。
HOUSAI UPDATED
2019年1月17日(木)〜3月24日(日)
森アーツセンターギャラリー
当日券1,600円、系譜とのセット券2,800円
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4


















奇想の系譜展
江戸絵画ミラクルワールド
The Miraculous World
2019年2月9日(土)〜4月7日(日)
東京都美術館
当日券1,600円、新北斎展セット券2,800円
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7














大蔵流狂言師と左手のピアニストが綴る

     暁斎のイソップ物語

        12月15日(土)14時開演

蕨市民会館コンクレレホール

今週末に蕨市で面白いコンサートがあります。
おなじみ河鍋暁斎記念美術館が、蕨市にあることから
市では河鍋暁斎に関係した様々なイベントを企画してくれています。
今回は、暁斎が描いたイソップ童話の世界を見ながら
蕨市出身の「左手のピアニスト」智内威雄さんのピアノと、暁斎も好んでいた狂言、大蔵流狂言師善竹隆司さんの朗読をコラボさせるという、大胆な企画です。

わらびでしか聴けない「音」がある―わら音
左手のピアニスト智内威雄のピアノ演奏と
大蔵流狂言師善竹隆司によるイソップ物語の朗読を絵師河鍋暁斎のスライドでお贈りします。
プログラム
  • 「左手のアーカイブ」プロジェクト制作楽曲より J.S.バッハ: 小前奏曲 他
  • 朗読と左手のピアノのための「通俗伊蘇普(イソップ)物語」 作曲:川上統
    • 田舎鼠と都鼠の話
    • 呆鴉の話
    • 犬と鶏と狐の話
    • 乳母と狼の話
    • 老爺と息子と驢馬の話
    • 胃袋と肢体の話
    • 風と日輪の話

興味のある方は是非お出かけください。
って、私は蕨市の関係者ではないのですが(笑)


河鍋暁斎記念美術館・蕨市
企画展
暁斎が生きた時代と妖怪画

会期、2018年11月2日〜12月23日(日・祝日)

イメージ 1


おなじみ幕末から明治に活躍した浮世絵師、暁斎は様々なジャンルの作品を残しているのだけど、間違いなく人気の分野は、今回の妖怪画だと思う!

と言うことで行って来ました!企画展です!

フランスでも大変好評だった、おなじみ百鬼夜行図をはじめ幽霊図や河鍋家に伝わる貴重な下絵や模写(練習用見本)など魅力たっぷりで面白い!暁斎らしいと言えば、幕末から明治維新の混乱の中でもてはやされた文明開化を皮肉たっぷりに描いて妖怪画に仕立ててしまう所など愉快ったら無いね!

第三展示室では、人気の刺青師?初彫蓮さんの作品もあり楽しめます^_^

休館日毎週木曜日、毎月26日〜末日はお休みなのでご注意を!

イメージ 2


蕨市展のポスターです!

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事