トリマーおやじの栽培日記

神奈川で色々な果樹を鉢栽培しています&ギター・DAWも

全体表示

[ リスト ]

グァバの特性

イエローストロベリーグァバの系統ではなく 所謂トロピカルな方について
 
成木になると耐寒性が強く −5度まで耐える と言われているが
あまり当てにならず 耐寒性は弱いと思った方が良さそうです
 
 日中の気温が高くても、夜間の気温が10度以下になると、成長がほとんど止まる(加湿に注意
この時期、十分に光に当てたかどうかが、越冬が成功するかどうかのカギになる ヒョロヒョロと痩せ細った状態では、寒さに耐えられず、枯れてしまう
摘心して成長を完全に止める 成長を止めてから、気温が下がるまるまでの期間が長いほど、幹に栄養分が蓄えられる (摘心であり 切り戻しや強剪定ではない)
栄養を幹に蓄える時間が無いまま(摘心しないで放置)にて越冬させると 枝にシワが入り 枝先から枯れはじめ 幹の栄養分を使い果たし 最終的には枯れてしまう場合がある
(注1 今回の私の所では熱帯パラダイス状態だったのと ALAなどの液肥などの栄養補給と葉緑素増加 枝の誘引などにより緩和されていると推測する)
 
 気温が8度以下になると葉の色が緑から赤、黄色と変り 冬眠状態になる
(今回の私の所では ギリギリ保っている状態で 一時的な低下程度 中途半端な高温維持は逆に悪影響らしいが 注1 の影響か状態は維持できている)
 
 気温が高くなってくると成長を再開するが 早く大きくしようと、肥料や水を沢山あげると、夜に気温が低くなり 根腐れを起こす
 
成長が早く実生でも2〜3年で3m程に育つ 2mm以下の細い枝は不要なので切り落とす できる限り2mm以上(2cm以上が好ましい)の太くしっかりとした枝を作るようにする 成木に成れば切り戻は不要だが混み合った所など間引き選定する
 
実生でも3年ほどで結実するが 4年ぐらいから徐々に実も大きくなり充実する
5月の時点で 樹の大きさが1m以上 幹が2cm程度に成長していることが必要になる
 
樹勢は強く 枝の伸びは良く徒長しやすい 強い切り返しを行うとより強い枝が出て樹勢が落ち着かないので注意が必要 逆に切り戻しを繰り返しているのに枝が細く伸びが悪い場合には樹自体及び栽培に問題があり
細い枝を切り返しても 細い枝が複数でるだけで より樹に負担をかけ枯れる原因となるので行わない
 
結果後の剪定 無剪定の樹では結果枝の頂芽から新梢が発生し この新梢が充実した後に側梢が発生して着蕾する 春期に集中して開花し 4〜5ヶ月後の収穫となる
熱帯地域では枝の充実を繰り返すので 充実後 切り戻しをして側梢を発生させるが日本では向かない
 
放置するとどんどん大きくなってしまうグァバ 
本には頂点を摘心して樹高を抑えるとあるが これは柑橘や他の品種にも言えるが 
単純に より頂点から徒長枝を複数作るだけで逆効果なので無視するとして
とりあえず 1本伸びた実生苗をある程度伸ばしてから切り戻しして(多品種の1年苗定植えと同じ)
分岐・誘引して しばらくして枝が充実したら摘心して 再度分岐と誘引にて樹形を整えて見たので
それなりに枝数は作れた様子なので これ以上 摘芯や切り戻しを行うと無駄に枝が増え養分が分散して細い枝になり逆に樹勢が落ちすぎて冬を越えられない樹になってしまうので 様子見として
今後の伸びを見て間引き 切り戻しを考える予定
これぐらいの頃合なら 樹勢が分散するので今後 ある程度で樹高は抑えられ適正となりそうです
 
全体のバランスが重要で 小苗にて切り戻し等を行い分岐させるが 枝の充実のない弱い枝を切り戻し等を行っても細い枝しか出来ない 枝の充実が要となる
多く分岐させようと繰り返し切り戻しをしてしまうと この地での鉢栽培などでは無駄な細い枝ばかり作ってしまい養分が分散して枯れる原因になる
また そういった苗を 作り直そうと強剪定すると根とのバランスを崩し枯れる恐れアリ 
枯れなくとも多く細く細かくより無駄な枝が伸びる 作り直しをする時には強い枝まで切り戻し根もバランスをとる
 
他の果樹にも言えますが 切り返し等(強剪定)は樹に大きな負担をかけるもので安易には行わない方が良さそうです 花芽をとってしまったり 止める為に切ったのにより強い枝を伸ばしてしまったり 一時的に太い枝が出来たと喜んでも結果的に競合枝を作っただけで無駄足で後にリセットだったり 色々と難しいものですね。。。
 

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

内緒さん
いえいえ 全て右から左へ抜けるタチなので 必死に書き留めているだけで 色々なところからの請負のまとめですので 追加や削除が今後 必要となると思っていますが・・・
仰る通り 本はアバウトですよね〜 柑橘もそうですが最低温度は平気でも実が持たないとかもありますよね〜 それじゃ〜ダメじゃんって思いますよね
内緒さんから頂く情報もいつもツボをつかれていて大変勉強になりますです(^-^)

2013/2/19(火) 午後 11:26 [ トリマーおやじ ] 返信する

顔アイコン

内緒さん
そちらの ゲスブに飛びますね(^-^)

2013/2/20(水) 午前 1:01 [ トリマーおやじ ] 返信する

顔アイコン

以外にグァバって育てるの大変なんだなぁ〜と他人事のように読んでしましました(笑)

うちのは、ベランダのビニ(温)室内のも葉が真っ赤に紅葉しています。

後1カ月がんばってほしいものです☆

2013/2/20(水) 午後 9:07 [ シオンイン ] 返信する

顔アイコン

シオンインさん
いやいや 鉢植えで小振りに それでいて早く 多く実を得ようと考えると難しいだけで 他のものも同じだと思いますよ〜
気を長くもって維持栽培すれば 収穫は出来る方だとは思いますが・・・ まぁ〜私もこれからですけどねぇ〜笑

2013/2/20(水) 午後 9:12 [ トリマーおやじ ] 返信する

顔アイコン

放って置くとドンドン伸びますね。
いつも適当に剪定をしています。
冬でも 野外放置です。沢山花が咲きます。まだ実がなりません。

2013/2/20(水) 午後 11:20 tak*y_k*m 返信する

顔アイコン

たけさん
キミノバンジロウの方はこちらのグァバとは同属の別種で
耐寒性もすごく強く 豊産性で なんとテリハバンジロウの名で要注意外来生物に指定されているほど 繁殖率が旺盛で育てやすい品種です きっと今年あたりから こんなにいらないってぐらい収穫できますよ(^-^)

2013/2/20(水) 午後 11:48 [ トリマーおやじ ] 返信する

顔アイコン

わ、すごいですね!大変参考になりました。
我が家のグアバ軍団の管理で迷ったら、この記事を読み返す事にします。
後はおいしい果実がなるグアバを見分ける方法を・・・(無理

2013/2/22(金) 午後 9:40 [ こぴむす ] 返信する

顔アイコン

こぴむすさん
私も栽培を始めたばかりなので完全に実証できたわけではないので参考程度にしていてくだされ(^-^) 後に修正もするかもしれませんので。。。
そそ その美味しいグアバのなる苗ですよね〜問題は。。。
順造選の味のするグアバだったら 最高ですね 高値でも買う価値ありですよね〜

2013/2/22(金) 午後 10:20 [ トリマーおやじ ] 返信する

顔アイコン

過去の記事へのコメントですみません。
いや〜、とても勉強になりました。
最近、ようやく少しずつ剪定の重要性が理解できるようになってきたところです。
うちではグァバに限らず、弱い枝は冬に枯れてしまうんですよね。
秋の摘心の話はとても参考になりました。
そして全体のバランスが重要とのお言葉に納得。 削除

2013/7/19(金) 午後 9:30 [ パパイア牛乳 ] 返信する

顔アイコン

パパイヤ牛乳さん
いえいえ 色々な文献をまとめて 感想を付け足した程度なので
実際に自分の頭の中に入っているかといえば 全くで(^_^;)

まとめて書き記して 後で読み返すの繰り返しです(^-^)

2013/7/19(金) 午後 10:44 [ トリマーおやじ ] 返信する

顔アイコン

トリマーおやじさんこれも勉強たなりました自分もヤフオクで買ったグァバあるからたいへん役立ちます。

2013/7/31(水) 午前 11:36 [ nak*n*196*041* ] 返信する

顔アイコン

nak*n*196*041*さん
自分で書いておきながら 意味不明なところもありまして・・・
思惑通りにいくとは限りませんが グアバは実生からでも結実が早いみたいなので お互いがんばりましょうね(^-^)

2013/7/31(水) 午後 9:20 [ トリマーおやじ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事