全体表示

[ リスト ]

パン屋さん巡りをしながら通りかかった代々木上原で正月からオープンしているケーキ屋さんを発見。
 
イメージ 6
アステリスク。
調布の人気パティスリー「スリジエ」でシェフパティシエを務めた和泉光一氏が2012年にオープンさせたお店。
たまたま人気店の目の前を通りかかって正月からオープンしているという幸運でした。
 
開いているお店が少ないのでお客さんが集まっているのかかなりの賑わい。
一人当たりの購入ケーキ数も相当なものでした。
 
イメージ 1
モンブラン・ピエモンテ(550円)。
愛媛、イタリア、フランスの栗を合わせて使っているのだとか。
 
イメージ 2
かなりモサッと固まったマロンペーストはこういうものなのか保存状態のせいなのか。
甘みがあって洋酒が効いており、イタリアで食べたモンブランを思い出しました。
 
クレームシャンティはシュワッと口どけよく、ミルキー。
マロングラッセは外国ものっぽいハードにネッチリしたもの。
 
ベースはとろりとしたアーモンドクリームの入ったタルトでした。
 
イメージ 3
本日のタルト(300円)。
この日は3種類用意された中から「クルミとバナナ」をチョイス。
 
クルミはカリッカリ、バナナはちょっと焼けてカシュッとした食感を持たせてありました。
タルト生地はほろほろの軽い食感。
 
イメージ 4
モンブラン・クレメ(550円)。
こちらは和栗使用のモンブランで、黄色というより黄緑に近い色でした。
かなり高さがあります。
 
イメージ 5
こちらもかなりモソモソと固まったマロンペースト。
クレームシャンティは中心部が凍っていたので甘さや食感はよく分からず。
マロングラッセはモンブラン・ピエモンテの方と同じものでしょうか。
 
上にたっぷり散らされたナッツの食感が結構主張があっていい感じ。
ベースのメレンゲの中にも入っていて面白いです。
 
正月ということで通常とは違った事情があったのかもしれませんが、何だかベストとは思えない状態のモンブランでした。
 
他にも美味しそうなケーキがたくさんあったので、また機会があったら伺ってみたいです。

この記事に

閉じる コメント(2)

クレームシャンティが凍っていたとは残念でした。どんなケーキも最高の状態じゃないと本当の美味しさが分かりませんよね。
ナッツのアクセントの効いたモンブランと言えば、帝国ホテルのモンブランを思い出します(^^)

2014/1/4(土) 午後 9:47 そくらてす 返信する

そくらてすさん、大量にケーキを捌くためにはある程度は仕方ないのかもしれませんが、残念は残念ですよね。
個人的には帝国ホテルよりもナッツ感は上回っていたと思います。

2014/1/6(月) 午後 8:03 65 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事