全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

この日は何だかんだで母と贅沢ランチをすることに。
 
やってきたのは小山台にあるミシュラン一つ星獲得のフレンチ、シェ・ナカさん。
前回は一人ディナーという贅沢なのか残念なのか分からない食事を堪能したわけですがw
ぜひぜひもう一度訪れたくなるお店であることは間違いなかったですし、
次は一人でなく行きたいという気持ちがありましたw
 
お店のホームページで、一番リーズナブルなコースで牛ほほ肉の赤ワイン煮込みを食べられることをチェックしていたので、
近いうちに行こうと思っていたのもありまして。
 
当日に予約を入れたのですが、少し無理矢理ねじ込んでもらったりして、
無理矢理ねじ込んでもらったくせに母が20分ほど遅刻してきたりして・・・。
お店の方は余裕の対応といいますか、嫌な顔一つせず。
一流レストランだなあと感じるばかりで。
 
イメージ 1
お店はこんな感じ。
壁紙や食器が黄色を基調であることはディナー時と同じですが、照明の関係かガラッと雰囲気が違って感じます。
 
イメージ 4
まずはパンが出ます。
ディナーのときほどの感動はなかったですが、
なくなるとすぐに補充してくださるパンは、その都度温めていただけます。
皮はがっちりと、中はもっちりふわふわ。
 
イメージ 5
じゃが芋のクレープとスモークサーモン、クレームフルーレット添え。
クレープということですが、薄いパンケーキのようなもの。
もっちりしているかと思いましたが、とてもふんわりしっとり。
ナイフで気持ちよくスーッと切れました。
 
スモークサーモンも肉厚でたっぷり乗っています。
 
イメージ 6
ソースは生クリームとサワークリームを使ったソースだそうです。
これも絶品で、パンをフル活用して綺麗にいただきましたw
 
そして個人的にはピンクペッパーが非常に美味しかったですw
こんなに胡椒一粒に感動するとは。
 
ここでシェフが出てきて直々にお皿を下げていただきました。
母の背後から静かにいらっしゃったので、母は驚いていましたが、
シェフもかなり驚かれたようで。
というのも、入店後テーブルで待ちぼうけを喰らう僕を見て、
お店の方々も可愛らしい恋人が来るのを想像されていたようなw
シェフもそのつもりでそっと後ろから顔を覗き込むようにして母を見て、若干言葉を失ったようでした(笑)。
・・・というのは勝手な想像ですけど、多分当たってますw
母も「失礼しちゃうわ」と笑ってました。
 
イメージ 7
本日のポタージュ。
様々な野菜のポタージュだそうで。
ニンジン、玉ねぎ、セロリ、カブ、カリフラワーだそうで。
 
これはもう本当に優しい味わいで。
心も身体も温まるポタージュでした。
野菜の甘みというのを存分に味わえました。
 
ペロッと飲みきって、お代わり!と口走りましたw
 
イメージ 8
牛ほほ肉の赤ワインと京味噌煮込み、キャロットヴィシー添え。
 
これこれ。
これをいただきたかったんですよ。
普段なら魚料理をチョイスするのが基本の僕ですが、さすがにこちらは魅力がありすぎるといいますか。
 
イメージ 10
ナイフはもうスライドする必要もなく、肉に少し圧を加えるとスーッと落ちていきます。
ほろほろーっと崩れるお肉は程よい脂身も混じって口の中でとろけます。
ソースは京味噌が隠し味ということですのでやや辛口でしょうか。
 
ニンジンの甘みとよく合います。
 
イメージ 9
本日の白身魚のポワレ、ポワロー葱のフリット・エストラゴン風味ソース。
こちらは母チョイスのメイン。
白身魚はヒラスズキと仰っていたような。
身がふわふわでこれもとても美味しい♪
今回は肉チョイスで後悔しませんでしたが、次回からはやはり魚料理でいこうと思いましたw
 
また上に乗った葱のフリットも甘みがじんわり出ていて面白かったですねー。
 
イメージ 2
デザートです。
 
イメージ 3
左上から時計回りに、洋梨のタルト、グレープフルーツのテリーヌ・ホワイトチョコのソース、
チョコレートのアイス・柚子の汁入り。
 
融けないうちにアイスからいただきましたが、この柚子の汁というのが不思議味でした。
チョコレートのアイスなのに後味ですーっと柚子が香るんですよね。
美味。
 
グレープフルーツのテリーヌも見た目に美しいですし、
ホワイトチョコのソースとの相性もどうなのかとやや半信半疑でしたが、これもばっちり。
旬の苺も程よい酸味はありつつしっかり甘くてジューシーでした。
 
そして洋梨のタルトは甘さ控えめ。
洋梨の甘さと食感を前面に出していて優しいお味でした。
 
この後僕はエスプレッソを、母はコーヒーをいただきまして。
またこの食後の時間もまったり優雅に過ごせるような空間でして、
カフェも美味しいんですよー。
「お代わりはいかがですか?」と聞かれて、思わず二人ともお願いしてしまいましたw
スタート待たせたくせに・・・すいませんw
 
贅沢ですよ。
学生には贅沢すぎますよ。
でもこれで2500円なのですから、お得なランチですよねー。
 
いやいや、やはりたまには行きたいお店です。

この記事に

開く コメント(14)

「誕生日プレゼントは何がいい?」
と親に聞かれまして、色々考えたのですがこの歳になるとなかなか浮かびませんねw
 
とりあえず現金をもらって食べ歩き資金にしたいと申し出てOKをもらいました。
というわけで、こんな奮発ディナーをw
 
家のすごく近所にあるお店なのですが、ミシュランの一つ星をもらっている名店です。
 
さすがに予約していきましたが、お一人様はもちろんおらず。
隣のご家族とは席が近く、ちらちらと見られていた気がしましたが・・・。
でも、居心地が悪くならないようにタイミングよくお店の方達が声をかけてくれるんですよね。
 
選んだのは5800円のコース。
 
イメージ 1
ビシッと決まったセッティング。
オーラがあります。
ちょっと緊張。
 
イメージ 2
まずはアミューズ。
 
手前がスモークサーモンのムース。
スモークサーモンは上品にほんのり感じられるのに対して、上に乗ったオリーブが際立っています。
 
奥はパテ・ド・カンパーニュ。
これは意外にレバーが強くてガツンと来るような。
 
両方とも薄めのトーストされたパンに乗っているカナッペ仕立てです。
 
イメージ 5
次に前菜。
 
青森のニンジンのムース
コンソメのジュレとじゅんさい
上に乗っているのは北海道のウニだそうです。
 
またムースかあ、とは思いましたが、こちらはとてもフルーティでやわやわな口当たり。
じゅんさいは初めて食べましたが、これもいいものを使っているんだろうというのは感じました。
ウニももちろん新鮮。臭みは全く無いです。
 
円形を崩しながら食べ進めるのがとても惜しかったです。
 
イメージ 6
小さめの丸いフランスパンなのですが、
サーブされる際、「焼きたてですのでお気をつけ下さい」と言われました。
「温めたて」の間違いかな?と思いましたが、開店時間に入店しましたし、本当に焼けたばかりのパンだったようで、
固い固いw
手でちぎろうとしても、固いわ小さくて掴みにくいわで全くちぎれず。
最後は無理矢理力ずくで掴んだところ、指が固いパンの中にズコッと突き刺さってしまって熱い熱い(笑)。
 
冷静を装ってブラッドオレンジジュースのグラスをしばらく持ち続けた次第ですw
 
もちろん美味しいパンでした。
 
イメージ 7
松茸のスープ
パイ包み。
 
これはこちらのお店のスペシャリテ的なものなのかな?
「パイを割ると松茸の香りが広がります」と説明された通り。
スープはもちろん美味しいですし、パイが絶品でした。
バターの香りが濃厚でサクサクのパイは器にしっかりくっついていて食べにくいのですが、
ボロボロ崩しながら、非常にマナーは悪かったと思うのですが卑しくも全て食べきってしまいました。
 
シェナカさんに行く際は、是非こちらは召し上がられるべきかと。
 
イメージ 8
魚料理です。
ひらめのムニエル
セロリのピューレ
セロリラープのフリット
焦がしバターのソース。
 
こちらは美味しかったのは美味しかったですが、印象派少し薄いかな。
ひらめの身はとってもふんわり柔らかでした。
 
イメージ 9
肉料理です。
和牛ロースのポワレ
黒胡椒と赤身味噌のソース
ジャガイモのグラタン
鎌倉野菜の付け合せ
 
イメージ 4
火の通り具合はもちろん素晴しい。
こんなしっとり柔らか、表面はサクッとした肉料理は初めてですよー。
赤味噌の感じはあまり無かった気がしますが、パンチの効いたソースです。
 
じゃがいものグラタンはマッシュポテトに焼き目を付けたようなものですが、
丁寧に作られていてじゃがいものゴロゴロした食感がよかったです。
 
鎌倉野菜は、なんといっても色合いが美しい。
 
ここで隣のご家族は誕生祝で来ていたようで、主賓の男性の名前をに飾り付けられたデザートが出てきました。
 
僕も折角親にお金を出してもらって来たのだからと、こっそりフロアの女性に、
実は僕も誕生日なんですけど・・・と言ったら、
クスッと微笑んで「かしこまりました」と。
 
そして運ばれてきたデザートがこちら。
 
イメージ 10
デザート盛り合わせ。
タルトタタン
さつまいものプリン
ココアの焼き物
バニラアイス
ラ・フランスのコンポート
栗の渋皮煮
 
なんとサービスで記念撮影をしていただいた後、蝋燭の火を吹き消し、
「おめでとうございます」と祝っていただきました。
 
こんな図々しいお一人様はかつていなかったでしょうw
 
いやでも、すぐにプリントしていただいた写真は、親がとても喜んでいました。
 
デザートはさつまいものプリンとタルトタタンが美味しかったです。
さつまいものプリンは、プリンとはいっても素朴なさつまいもの食感がかなり残ったものでした。
 
 
 
イメージ 11
コーヒーも美味しくておかわりまでしちゃいました。
 
イメージ 3
プチフルール。
サンベルナールというオレンジのパウンドケーキですね。
それからアーモンドの入ったチョコ。
 
これもとても美味しかったです。
コーヒーとこの二品だけをいただくためにもこのお店を訪れたいと思わせるような。
 
初めてサービス料というものも取られましたが、まあなんだか当たり前だなあという気さえしました。
 
お店を出るとき外まで送っていただきましたが、実は自転車で来ていた僕。
恥を忍んで自転車に跨ると、エグザイル風イケメンのフロアの男性が、
それまでのダンディな佇まいとは打って変わった砕けた調子で、
「家は近所なんですか?」と聞かれるので、
ここそこの辺りですと説明すると、
「チョー近いじゃないすか!まいんち来てくださいYO!」
みたいなノリで見送ってくれましたw
 
帰り路、自転車を漕ぎながら思わずにやけてしまいました。
家に着いてからもいい気持ちしかしなくて、やっぱりミシュランはサービスまで評価対象なんですもんねー。
 
本当に毎日通いたいお店です。
親には止められてますがw
 
いい誕生祝になりました。

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事