全体表示

[ リスト ]

合格発表の日

イメージ 1
おかげさまで、今日までの検査結果、合格です。
私の体内が首から下、輪切りの映像を見せられ
なんだか、自分のものとは思えない
豚の内臓と言われれば、そうも見える映像だった。
肝心な腎臓機能検査も全く問題ない。
他の臓器についても問題ない。
心電図も呼吸器検査もOK
ということで、ドナーとしては合格である。
ただし、念のため、私の持病の担当医から所見を取るということで、お手紙を預かった。
6月6日に日赤の呼吸器科と内科の担当の先生にお渡しする。
事前に、お話ししてあるので、たぶん問題ないでしょう。
 
松島十二支記念館で、「あなたには、病人の相が出ていないので、これまでの病気があっても、
今後は病気は無いです。」と言われたので、気を良くしていたものの、
今日の結果を聴くまでは、不安もありました。
 
さて、問題の夫は、手術に向けて、循環器と糖尿病と消化器の3科に受診することになりました。
これに加えて、眼の手術のため、眼科も受診することになり、大学病院には泌尿器科も含めると
5つの科を受診することになります。消化器科はピロリ菌が多いということで、胃カメラの検査です。
癌が無ければ、3回ぐらいの受診で終わるでしょう。
いずれにせよ、手術までに歯の治療もしなければなりませんので、
夫は、病院通いで大忙しになりそうです。
もちろん、私も付き添いますので、知恵を絞って、1日に3科重ねて受診できる態勢で臨みます。
 
7月19日、長男の誕生日が夫の合格発表になりそうです。佐藤滋先生の診察日です。
この日まで、夫のすべての治療を完了させるのが私の目標です。
 
今日は、病院の帰りに母の墓に行ってきました。
墓にはいつも、感謝に行くのですが、今日はつい、守ってくださいとお願い事をしてしまいました。
花を包んできた包装紙が、風も無いのに、ガサッと大きな音を立てたので、
「お母ちゃんが来た!」と夫が珍しく叫んだ。
本当に、来たと思う。
守ってやる!と言いに来たと思う。
ありがとうとなんどもつぶやきながら帰って来た。
 
今日は、私が運転したが、駐車場でバックする時、恐かった。
いつもは、全然平気だったのに、どきどきした。
昨日の事故がトラウマになっているかもしれない。
今朝、車の傷を確認したら、分からなくなっていた。
タイヤなので音がしなかったのだろう。
どう、ハンドルを切ったらこすったのか分からないので
なおさら、恐い。
ちょっと、いい気になっていたから、お灸をすえられたんだなあ。
 
ご迷惑をかけた方のお宅に、夫と、謝罪に言って来た。
車はもう修理に出して、代車があった。
ご不便をおかけすることをお詫びし、
今後、十分注意することをお約束し、
いい方で幸運だったとお話しした。
お詫びの品は迷ったが、自分がもらったら嬉しいものにしようと
ゴディバのチョコレートの詰め合わせ(¥5000)にした。
すごく、恐縮していたが、受け取って戴いた。
私はもらい事故でとても嫌な思いをしているので、
車の傷以外では
絶対に不愉快な思いをさせたくないとおもっているが、
許してもらえるだろうか。
こんなんで、許してもらえるだろうか。
修理が終わって、示談してもらえたら、今度はお礼に伺おうと思っている。
二度と、こんな思いはしないよう、気を付けます。
そして、これからは、両側に車の無いところに駐車します。
すこし、自信過剰でしたね。
 
昨夜から、食欲がありません。心は元気でも体が反応してるのかなあ。
でも、いいことです。これを機会に体重落としましょう。
移植手術までに、少しでもお肉減らさないと、腎臓までの距離が遠いだろうし、
万が一の時にお棺に入れる時、重くて迷惑掛けるし、
長生きして、介護されるとき、ヘルパーさんの腰を痛めてしまうしね。
やっぱり、デブは他人に迷惑かけるからね。
 
脂肪も移植できるといいよね。
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事