ここから本文です
閑人の日記帳
山歩きや野菜づくりを楽しんでいます

書庫旅行

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ドライブがてら温泉へ

ドライブがてら温泉に行ってきました
愛媛県松野町のぽっぽ温泉
四万十町から沈下橋のある風景を見ながら
四万十川の上流を下ります

イメージ 1

上流ですので水の量は多くありませんが
大雨で増水すれば
もちろんこの橋は水に沈みます
車も通行できますよ
四万十川には50近い沈下橋があるようです

イメージ 2

道の駅を楽しみながら着きました
入り口に足湯

イメージ 3

愛媛県松野町
森の国ぽっぽ温泉

イメージ 4

温泉はよく手入れされ
露天風呂からは松野町の景色が眺められ
気持ち良い温泉です

イメージ 5

ぽっぽ温泉はこの建物の2階にあり
1階はJR予土線の松丸駅
なんと駅舎と温泉が同じ建物
ですのでぽっぽ温泉

イメージ 6

高知県四万十市西土佐の道の駅
面白いものを売っていました
ワイン
世界の田舎から西土佐に合うものを集めたようです

イメージ 7

いろんな種類があり
四万十川の天然ウナギは有名ですが
うなぎを食べながらこのワインを飲むと
どんな味でしょう

イメージ 8


今日の午後
車中泊の旅から帰りました

こんな山に登り
(島根県三瓶山の男山)
イメージ 1

花の終わりを見て
(オヤマボクチ)
イメージ 6

小さな温泉を楽しみ
(島根県の温泉津温泉街)
イメージ 2

毎晩ビールを飲み
(道の駅津和野温泉なごみの里)
イメージ 3

小高い神社に登って
こんな小さな街を眺め
(津和野の街)
イメージ 4

心の和む田舎の景色を楽しみ
旅を終えました

(広島県吉賀町)
イメージ 5

中国道や尾道道の紅葉がきれいで
走るだけでも楽しい旅でした
来年もこの時期に走りたいと思います

今日は津和野まで

ゆうひパーク浜田を出発し
曇りの日本海を南下し

イメージ 1

向かった先は山口県萩市
明倫学舎
明治の政治や産業の近代化の源となった萩藩
その全てを見て勉強できます
萩藩の藩校その後の小学校を活用しており
訪れる価値はあります

イメージ 2

藩校当時の建物(梁や柱)も残っており
土佐藩の坂本龍馬が萩にきた時に剣道をした道場

イメージ 3

ここで昼食

イメージ 4

その後
秋吉台のカルストロードをとおり

イメージ 5

津和野へ
有名な観光地にはあまり興味はないですが
近くに来たので有名な殿町通り

イメージ 6

そして今夜の宿はこのホテル
ではありません
ここは道の駅津和野温泉なごみの里
ここで車中泊

イメージ 7

明日は安蔵寺山に登り温泉で一泊の予定でしたが
小雨がぱらつき予定を変更し
明日帰ります

君田の道の駅を出発し松江道を走る
今日もいい天気
高速道路から見る紅葉
9月末の栗駒山ほどの派手さはないが
きれい

イメージ 1

三瓶山登山口の近くの茶屋
三瓶山が見えています

イメージ 2

開店前の蕎麦の準備

イメージ 7

三瓶山に登り
(左が男三瓶山で右は子三瓶山)

イメージ 3

日本海の出て行った先は
温泉津温泉(ゆのつ温泉)
小さな小さなひなびた温泉街

イメージ 4

狭い道を入りたどり着いた薬師湯
小さくてレトロな温泉
しかしお湯は温泉ソムリエのお墨付きのようで
しばらく体がポカポカ

イメージ 5

そして今夜はここ
道の駅ゆうひパーク浜田で車中泊
これからビールに海鮮料理

イメージ 6

中国地方に出発

今日から4〜5日中国地方に旅行です
9時過ぎに自宅を出発し
久しぶりに倉敷の三井アウトレットに寄り道

イメージ 1

もちろんアウトドアのお店
またリュックサックを買ってしまいました

イメージ 2

倉敷から尾道に向けて山陽道を走ります
パーキングエリアの紅葉も見頃

イメージ 3

尾道から北へ尾道道を走り
途中の世羅の道の駅に寄り道
世羅高校は高校駅伝で有名ですよね

イメージ 4

ここはワインが有名でしょうか
道の駅にセラワインが並んいます

イメージ 5

尾道道と中国道の交差する三次から松江道
尾道道も松江道も紅葉が綺麗でした
今日は三次市の山の中にある道の駅
ふぉレスト君田
温泉に入りビールを飲んで車中泊
明日は島根県の三瓶山に登ります

イメージ 6

旅行中のため
ブロ友の皆様に訪問できずお許しください

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事