ここから本文です
閑人の日記帳
山歩きや野菜づくりを楽しんでいます

書庫旅行

記事検索
検索

発車しました

この列車に乗っています
今発車しました
イメージ 1

イメージ 2


今日は三瓶山です

朝6時過ぎに大佐サービスエリアを出発
中国道と松江道を経由
三瓶山のスキー場に到着

イメージ 1

リフトに乗り大平山の下に到着
ここから
女三瓶・男三瓶・子三瓶・孫三瓶
と一周しました
鉄塔の見えてる山は女三瓶山

下山後
松江市内の閑人妻の姉夫婦の家へ
途中で温泉
波多野温泉萬寿の湯
田舎の田んぼの淵にある小さな温泉
この温泉二度目です

イメージ 2


今夜はここで車中泊

今日の午後3時にシャワーを浴びて自宅を出発
明日は三瓶山
四国の豊浜サービスエリアで天ぷら買って
四国を脱出

イメージ 1

瀬戸大橋を渡ります
瀬戸大橋を通過中
残念
写真は逆光です

イメージ 2

中国道の大佐サービスエリア
岡山県の西の端
今夜はここで車中泊
画像の上部にお月さん

イメージ 3


奥出雲おろち号

JR木次線(きすきせん)
島根県松江市の宍道駅から
広島県庄原市の備後落合駅の約82㎞の路線です

宍道駅から南下し中国山地の高所を越え備後落合駅に出ます
中国山地の山に登る時に何度か見かけた路線で
一度は乗りたいと思っていました

列車の本数は極端に少ないですが
今の時期は金曜から日曜までトロッコ列車が走っています

イメージ 1

金曜から日曜日まで閑人妻と松江の姉夫婦の家に行くことになり
土曜日にこの列車に乗ることにしました
全席指定ですので指定席券を購入
紅葉時期でもないのに半分以上席が埋まっているようです

イメージ 2

中国山地を縦断し
秘境駅をめぐる楽しい旅になりそう
片道3時間です

イメージ 3

今回の旅の計画は、木曜日の夕方出発し木曜日は車中泊、金曜日は閑人は島根県の三瓶山を一周します。
閑人妻は、本を読みながら登山口で待っています。
下山後、松江の姉夫婦の家で泊まり、宴会でしょう。
土曜日は、閑人は奥出雲おろち号に乗り、閑人妻は姉とくつろぐようです。
土曜日も姉夫婦の家で泊まり、日曜日に帰る予定です。

続旅行こぼれ話

若桜駅
わかさ駅と読みます
わかさと言えば兵庫県と福井県の若狭湾が有名ですが
これは鳥取県の若桜町にある若桜鉄道の終着駅
若桜鉄道は第三セクター鉄道
SL時代の設備や
開業時の木造駅舎が残っており鉄道ファンに人気の駅
駅の周囲も風情があります

イメージ 1

加藤文太郎記念館
兵庫県美方郡新温泉町の浜坂で泊まった宿の近くでした
加藤文太郎は大正から昭和初期の有名な登山家
新田次郎の小説孤高の人の主人公
浜坂出身とは知りませんでした
加藤文太郎の遺品や資料が展示されているようですが
入館は10時からであきらめました

イメージ 2

シマアジ
旅行とは関係ありません
旅行から帰った夜いつもの居酒屋へ
美味しい刺身
ここの居酒屋さんは刺身を注文すれば
その刺身で握ってくれます
やっぱりシマアジはうまい

イメージ 3

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事