ここから本文です
閑人の日記帳
山歩きや野菜づくりを楽しんでいます

書庫旅行

記事検索
検索

舞鶴港に到着

自宅から400キロ弱
舞鶴港に到着しました
小樽に向けての出港時間は真夜中の23時50分
それでもこれだけの車が並んでいます
九州や四国のナンバーも
暗くなって走るのは嫌なんで早く到着しました

イメージ 1

舞鶴港は日露戦争の時
この港から日本海軍の艦隊が出撃し
ロシア帝国のバルチック艦隊と日本海で交戦
今でも海上自衛隊の重要な基地があります

イメージ 2

前回もそうでしたが
これから出港までが長いんですよ

情報収集中です

今年の北海道旅行が決まりました
情報収集中です

自宅を6月23日に出発し
舞鶴から小樽にフェリーで渡り15日間北海道に滞在

これは一昨年に日高地方や東部を周った時に使った地図
車中泊に適した温泉付きの道の駅を落としています
今回も使います

イメージ 1

今回は大雪山周辺と北を周る予定で情報を集めています
もちろんいくつか山にも登ります
車中泊ばかりだと疲れるので温泉情報も

イメージ 2

自然に親しむ旅行ですので
るるぶなどの雑誌はあまり役に立ちませんが
市町村の観光パンフレットは役立ちます
観光協会などから送ってもらいます

イメージ 3

日の出の美しかった美幌峠など
一昨年の印象に残っている場所にも行きたいと思っています
旭川を拠点とするので
比較的短い時間でいろんな場所に行けると思います

さぬき温泉からの帰り

さぬき温泉で一泊
朝も二回温泉に入り9時に出発
今日も一般道を走ります
美馬郡つるぎ町半田は半田手延めんで有名
道路縁にいくつかの製造直売所

イメージ 3

買って帰りました
ソーメンとそば
ふし麺は切れ端だそうでマカロニ感覚で食べるとの説明

イメージ 4

早速ゆがいてサラダに入れてみました
なかなかいけます

イメージ 8

帰りに行ってみたいところがありました
高知道の新宮インターから下に見え
いつも車が一杯の道の駅

ナビを入れると大歩危付近から国道319号を入ります
なんと山の中を進み大型車通行困難の表示

一時間程度で道の駅霧の森に到着

イメージ 5

道の駅は交通量の多い道路に設置されているイメージですが
ここは通過交通がある場所ではありません

コテージに温泉
菓子工房やレストランなど複合観光施設

お昼になりレストランへ
平日でもありお客さんはいるのかなと思えば
かなりのお客さん


イメージ 1

宴会や温泉で食べすぎですので
軽く

イメージ 2

菓子工房に入ります
こんな山の中にシャレた菓子工房

イメージ 6

霧の森大福
地元産の無農薬の抹茶を使った大福で
ネットでは抽選販売
電話注文では半年待ちになることもある幻の銘菓だそうです
甘い物の好きな閑人
もちろん買って帰りました

お店の人に聞くと
高速道路を使って買いに来るそうです

イメージ 7





今夜はさぬき温泉

閑人妻も抜糸から1ヶ月近くなり
足の傷も癒え
久しぶりの温泉です
香川県の山奥のさぬき温泉

昼前に自宅を出発してお昼ご飯は喫茶に入り
閑人妻は日替わり定食
閑人は大好きなカツカレー

イメージ 1
イメージ 2











時間があるので一般道路を走ります
大歩危の川下り
高速道路だと見ることはできません

イメージ 3

途中の道の駅などで休憩し
塩江温泉の奥にあるさぬき温泉に到着
今夜の宿

イメージ 4

早速お風呂をのぞくと
大きなお風呂

イメージ 5

露天も二つ

イメージ 6

まだ早いので温泉の近くを散策

イメージ 7

美しい田舎の風景が広がっています
懐かしい気持

イメージ 8

食事は6時半にしたので
今から温泉に入り食事までくつろぎます


列車の中です

今は14時半
岡山から列車で高知に帰っています

次男の家で2泊し
お正月以来のベッラとも別れ

イメージ 1

次男家族と向かった先は
ここ

イメージ 2

そうイケアです
閑人妻と孫の希望
広い安い

イメージ 3

新神戸駅から新幹線
新神戸駅前の通りの桜が満開

イメージ 4

高知に着けば孫との旅行も終わりですが
孫も楽しんでくれて良かったです
いつかまたこうした機会があれば嬉しいですね

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事