ここから本文です
閑人の日記帳
山歩きや野菜づくりを楽しんでいます

書庫旅行

記事検索
検索

人に酔いました

朝ときちゃんの笑顔を見て
向かったのはここ

イメージ 1
イメージ 2











京都の花園
臨済宗妙心寺派の総本山妙心寺です

イメージ 3

昨日は真言宗の高野山で今日は臨済宗の妙心寺
節操がないかもしれませんが
妙心寺は閑人の菩提寺の総本山
一度は参拝したかった

広大な敷地で本堂なども立派

イメージ 4
イメージ 5











見事な庭園

イメージ 6

枝垂れ桜も満開

イメージ 7

事故のため帰りの電車に時間がかかり
京都はここだけ

梅田に戻り好日山荘へ
閑人妻は山歩きで足首を守るハイカットの靴を購入

イメージ 8
イメージ 9











高野山もそうでしたが京都も外国からの観光客が多いですね
電車は混むし
梅田は人は多いし
田舎者は人に酔いました

阪神往復フリー切符

四国の札所巡りも2度目が先月終了
明日から納経軸を持って高野山に行ってきます
嬉しいことに
4月から中学生になる孫も一緒

阪神往復フリーキップ四日間用で行きますが
3月ですので孫は子供値段でした

イメージ 1

夜は宝塚の次男宅
久しぶりに孫に会うことができます

我が家の野菜を収穫し
トマトやイチゴなども入れて送りました

翌日は
孫は次男家族とユニバーサルスタジオジャパンで遊び
閑人夫婦は京都とアウトドアのお店

イメージ 2

関係ないですが
トウモロコシが発芽しました

イメージ 3


列車の楽しみ方

列車の旅の楽しみは車窓から見る風景
住んでいるところと風土の違う地方を旅するのは特に楽しい
ですので北へ北へ出かけます
その地方の暮らしぶりなどを想像しながら眺めます

イメージ 1

列車の旅には地図と時刻表が欠かせません
今は走っている場所は日本ここ
ここからどこどこに列車で行けるんだ
列車に乗ればいつも地図と時刻表は手元に置いています

新幹線は駅の通過は車内で表示されるが
遠くに見える山やこまかな地名を知るのは難しい

イメージ 2

そこで役立つのがこれ
アイパッドにナビの無料アプリを入れています
電源は座席に用意されています
線路の上を現在地を示すマークが走ります
地図の拡大縮小で遠くの山もこまかな地名も分かります
列車の旅が楽しくなります

イメージ 3


旅の最後の日

富山から北陸新幹線の終点金沢へ
金沢からサンダーバードで新大阪に行き
新大阪から岡山まで新幹線
岡山から南風で高知へ
これでフルムーン切符5日間は終わります

イメージ 1

サンダーバードはこれまで数回乗り好きな列車です
ワイドビューですし座席も広い
でも金沢から大阪までの新幹線が開通すれば
この列車もなくなるでしょう
少しさみしい気がします

イメージ 2

琵琶湖が見えています
大きいですね
前回サンダーバードに乗った時は
風が強いと言ってルートを変更し琵琶湖の東岸を走りましたが
今回は通常ルートの西側です
列車でルート変更ができるとは知りませんでした

イメージ 3

新大阪に到着すると駅は人で溢れています
たくさんの駅弁を売っているお店でお昼のお弁当を買って
新幹線で美味しくいただき
あとは帰るだけ

イメージ 4

明日からは元の生活に戻ります


富山に来ました

山王山温泉の朝は青空
ホテルの窓から栗駒山がきれいに見えています
来年の紅葉時期には登ります

イメージ 1

今日の行程は一ノ関から大宮に南下
大宮から北陸新幹線で日本海の富山まで

途中の上越妙高駅
数年前に妙高高原に来た時は在来線でした
今はこんな立派な新幹線の駅

イメージ 2

富山駅に到着
富山県には数回来ましたが市内は通過でしたの市内見学
おもしろみのない型どおりの駅ですね

イメージ 3

富山城
実物よりきれいに写せましたが
高知城がずっと立派なお城ですね

イメージ 4

なんと富山市役所の最上階が展望塔になっています
高いところが好きな閑人
行きました
立山連峰は雲に隠れています
雲がなければこの前登った立山が見えたのに残念

イメージ 5

夕日がきれいでした

イメージ 6

日が落ちたので一杯
富山といえば白えびが外せません

イメージ 7

地酒も少しいただきました

イメージ 8

明日は金沢からサンダーバードで大阪に出ます

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事