ここから本文です
遊びをせんとや生れけむ
形を具(そな)えて、さかえゆく生命(いのち)は、時にも、力にも、砕かれはしない。 ゲーテ

書庫全体表示

イメージ 1

取り替え子(チェンジリング) 講談社文庫
大江 健三郎 (著) 価格: ¥650 (税込)


京都駅の待合室、30年くらい前のこと。

隣に居合わせた中年の男が、話しかけてきた。

その男の膝には、風呂敷包みが乗っかっていた。

中身は、書き上がった小説のようだった。


小説を書いて編集者に持ち込むのだけど、

どうにも、本になりそうもない作品を、その男は書き続けているようであった。


編集者曰く、この男の小説はエロティックな要素が足りないのだそうな。

その頃私が読んでいた、大江健三郎や高橋和巳にエロティックな場面は登場しない。


風呂敷包みの中のものを読ませられるのじゃないか、と心配しながら、

違う編集者にも読んでもらうことも考えたほうがいいのではと、

無責任なアドバイスをしたような気がする。



取り替え子(チェンジリング)は、

小説家古義人(こぎと=大江健三郎)と、その妻千樫(ちかし)と、

妻の兄で、小説家とは高校の頃からの親友である、吾良(ごろう=伊丹十三)が

主な登場人物である。


伊丹十三の「女たちよ」を私のブログで紹介したときに、
http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/13734809.html

気になった小説であり、その後すぐ読んでみた。



小説は、吾良の投身自殺から始まり、

彼らの高校時代=松山時代に遡ったり、

また近い時代に来たりの、繰り返しとなる。


どこまでが事実な小説であるのか、わからないが、

主人公3人の来し方は、大変な道程である。



数々のエピソードがふんだんにあり、

私はこの小説に夢中になり、電車を降り損ないかけたこともある。


古義人と吾良の、いろんな意味で危うい友情は、

出会いの高校時代から、吾良が身を投げる日まで、

否、その後もずっと、不思議な世界を作りだす。



どこまでが事実な小説あるいは映画であるのか、わからないが、

名前も顔も世にさらして、それを創作するのは大変なことであろう。

古義人と吾良は、創作を通じて猛烈な生き方ができる人間であった。



30年前に京都駅で遇った風呂敷包みの男に、今なら言える、

「小説を書く」という心意気が、誰かに伝われば本になる。

  • 顔アイコン

    ・・・!!読んでみます!!!

    らぷそでぃ▼*^▽^*▼

    2005/11/23(水) 午後 8:50

    返信する
  • 顔アイコン

    是非!!!私はこれを電車の中で読み終えた時、ちょうど隣にいた女性に、この本を差し上げようかと思いました。変質者に間違われそうなので、諦めましたけど。

    tosboe51

    2005/11/23(水) 午後 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    その感覚はわかるような。。。でも、ビックリされそうですよね。これ、ところで、新刊じゃないですよね?

    らぷそでぃ▼*^▽^*▼

    2005/11/24(木) 午前 8:34

    返信する
  • 顔アイコン

    やっぱりね。最近アブナイ感じの人も少なくないですからね。でも、この間、外国人に電車の行き先を確かめられましたから、私の見かけは、まだ大丈夫なのでしょう(?)。この本は、2000年12月にハードカバーで出版され、2004年に4月に文庫化されました。

    tosboe51

    2005/11/24(木) 午後 9:19

    返信する
  • 顔アイコン

    はいっ!では講談社文庫コーナーで探してみますっ!・・・ハードカバーのうちに読めたらいいのですが。。。高いしかさばるし重いので、いっつも文庫ばかりです。

    らぷそでぃ▼*^▽^*▼

    2005/11/26(土) 午後 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    本は、書架に並べて自慢するものではなく、読むものですから、文庫が手軽でイイと思います。私も基本的に、文庫化されているものを選んでご紹介しています。若き人に読んでいただきたいですからね、らぷさんも含めて。

    tosboe51

    2005/11/26(土) 午後 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    らぷ子を若き人に入れてくださってありがとうございます(爆)おっと。。。最新記事から読んできました、そちらにコメントしなきゃならなかったですねゴメンナサイ(^−^;)TOSBOEさんがピックアップされる視点、好きなんです。そりゃ御紹介されるものすべてを手に取れるわけではありませんが・・。昨日本屋では、これ、ありませんでした。補充待ちかな、それとも、定番落ちしちゃったかな。。。大きい本屋でリトライします☆

    らぷそでぃ▼*^▽^*▼

    2005/11/28(月) 午前 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    これは、売れ筋ではないことだけは確かでしょうね。私は、常々本屋さんの不勉強を嘆かわしく思います。売れ筋を置くことは当然でしょうが、必須アイテムの類のものが置いてないことが多いような気がします。特に翻訳ものは惨憺たる状況です。英文学・仏文学が一般的に読まれることはなくなったのでしょうかね。

    tosboe51

    2005/11/30(水) 午後 10:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事