ここから本文です
遊びをせんとや生れけむ
形を具(そな)えて、さかえゆく生命(いのち)は、時にも、力にも、砕かれはしない。 ゲーテ

書庫全体表示

イメージ 1

仰げば尊し      文部省唱歌 1884年(明治17年)




         仰げば尊し

     (1) 仰げば尊し 我が師の恩
       教えの庭にも はや幾年(イクトセ)
       思えばいと疾(ト)し この年月(トシツキ)
       今こそ別れめ いざさらば

     (2) 互いに睦(ムツミ)し 日頃(ヒゴロ)の恩
       別るる後(ノチ)にも やよ忘るな
       身を立て名をあげ やよ励めよ
       今こそ別れめ いざさらば

     (3) 朝夕なれにし 学(マナ)びの窓
       蛍のともしび つむ白雪
       忘るるまぞなき ゆく年月
       今こそ別れめ いざさらば



いま、高校の卒業式のシーズン真っ只中。

中学と小学校は3月中旬がピークか。


今日、娘どもが、自分たちの卒業式で「仰げば尊し」が歌いたかったと申す。

歌詞もメロディーもうろ覚えのままだと言う。


高1の次女が、月曜日から学年末テストに入る。

したがって今週で1年生最後の授業であったようだ。


担当の先生の最後の授業の終わりの起立・礼の際に、

「先生1年間、ありがとうございました。」と一同唱和したそうな。

後ろの黒板にも、感謝の言葉を書いて、最後に隠していた紙をはがして

みなで気持ちを表したようである。


殊に担任のA先生は、紅潮させた顔で、

「このクラスを受け持てて本当によかった。」

と言ってくれたそうだ。


うちの娘も可愛がってもらっていたようで、

タメ口で担任と会話をしているらしい、いやはや…。


また、いつもは「うるさ型」の、生徒からは少し距離のある先生が、

破顔一笑で喜んでくれたそうで、それが意外だったとか。


私が当事者の教師だったら、その場で泣いてしまうだろうな。

話を聴いただけで、ウルウルしてしまった。

いいクラスに1年間居てくれて、親としても喜ばしいことであった。


ということで、いい話を聞いたので、

仰げば尊しの歌詞を教えてやり、父娘三人で斉唱する。


私は、自分の思い出の先生や卒業式を思い出し、

胸が詰まった、斉唱であった。



その頃女房は、九州からの客人と、

祇園で美味いものを食べているはずであった

  • 顔アイコン

    美しい日本語の、美しい日本の唄だわ。この歌が唄われなくなって、教育が謳われなくなったような気もする。。。逆かな。うん、ホント良いクラス、良いお嬢さん、良いチョイ悪親父っ。

    [ as ]

    2006/2/26(日) 午前 0:40

    返信する
  • 顔アイコン

    この唄の、詩も旋律も実にイイですよね。「ふるさと」も好きなのです。もうすぐ故郷を出て新しい生活をはじめるので、思いも一入といったところです。次女のクラスはいい奴ばっかりで、クラス替えは嫌だそうです。「仰げば尊し」を、as先生に捧げちゃいます、受け取ってください。

    tosboe51

    2006/2/26(日) 午前 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    クラス替えは色々なチャンスなのだけれど、クラス替えが嫌だなと思うほど良いクラスに恵まれたことはとてもステキなこと。「仰げば尊し」ありがとうございます。あちしは、クライアントの記憶から「いかにして忘却されるか!?」に命懸けなのですが(笑)、素直に受け取っちゃうぞっ。

    [ as ]

    2006/3/1(水) 午前 0:15

    返信する
  • 顔アイコン

    私との場合は、素直にお願いします。チャンスとリスクを秤にかけてみると、リスクが怖いのでしょうね。私はチャンスに賭けるタイプですけど…。

    tosboe51

    2006/3/1(水) 午前 6:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事