ここから本文です
遊びをせんとや生れけむ
形を具(そな)えて、さかえゆく生命(いのち)は、時にも、力にも、砕かれはしない。 ゲーテ

書庫全体表示

イメージ 1

「アクターズ・スタジオ・インタビュー」で、

ジェームズ・リプトン(世にも美しい話し方をする司会者)が、

スティーブン・スピルバーグに「新作撮影前に必ず観るのは?」の答え、

「七人の侍」

「アラビアのロレンス」「素晴らしき哉、人生!」「捜索者」。


 IMDb(The Intenet Movie Databaseの略称。映画に関するほぼ最強のデータベース。)

のBEST250。本日2005年6月21日のランキング。 http://www.imdb.com/chart/top 

Rank  Rating  Title
 1.  9.0   The Godfather (1972)
 2.  9.0   The Shawshank Redemption (1994) 1
 3.  8.9   The Lord of the Rings: The Return of the King (2003)
 4.  8.9   The Godfather: Part II (1974)
 5.  8.8   Shichinin no samurai (1954)
 
 
私が物心ついた頃の三船敏郎は、すでに黒澤明と決別していて、

「男は黙って…」って感じの、硬派の怖いおじさんであった。

どんな役をやっても、そのイメージは変わらなかった。

「世界のミフネ」ってこういうこと?と、どうにも解せなかった。


それから歳月が流れ、TVで「「七人の侍」を観た。

さらに、

「羅生門」

「椿三十郎」「用心棒」

「赤ひげ」等々、

「クロサワ」と「ミフネ」は、

世界遺産である。



因みに「椿」や「赤ひげ」の加山雄三は「若大将」ではない。



登場人物の人気ランキング(http://vote3.ziyu.net/html/samurai7.html)で、

ダントツの一番が、宮口精二が演じた「久蔵」である。

ダンディズムのサンプルがここにある。


このDVDは、画像や音声は鮮明になり、日本語字幕まで付いた。



Amazon.co.jpのカスタタマーレビューより
☆NHK大河ドラマ「武蔵」が「七人の侍」の盗作ではないかと争われた裁判がありましたが、「盗作」と認めなかった東京地裁の判決理由が傑作でした。「『七人の侍』に見られる高邁な人間的テーマや豊かな表現による高い芸術的要素が『武蔵』からはうかがえない」。完璧な批評になってます。
★日本にはこんなおもしろい映画があるんだ!!今はおすすめ映画ない?って言われるとぜったい最初に「七人の侍」をすすめます。この映画をこえる作品はぜったいにないでしょう♪
☆井上ひさし氏曰く、「小説の何たるかを知りたければドストエフスキーの『罪と罰』を読み、映画の何たるかを知りたければ黒澤監督の『七人の侍』を見ればいい」
★そのアクションの圧倒的な迫力! 世界のどんな他の映画にも追従を許さない傑作です。日本にこんな作品があるのかと思うと誇りに思います。
☆私にはこれが今までのNo1。 30才すぎてもう、シビれる、カッコイイなんて心底思えるこんな映画はもうたぶんないでしょう。
★見ましょう。ほんとに、みようぜ。
☆すごいすごいってみんな黒澤明って名前だけでそう思っちゃってんじゃないの〜、と半信半疑だったのですが、とんでもありません。こいつは確かに傑作でした。

  • 顔アイコン

    こんにちは。 大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。 三船敏郎さんが出ている昔の広告もとりあげています。 よかったら、寄ってみてください。 http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

    [ kemukemu ]

    2007/2/4(日) 午後 3:35

    返信する
  • 顔アイコン

    CMでは「男は黙って○○ビール」で一世を風靡した三船さん。ですが、やはり、クロサワ映画のミフネが最高だと私は思います。死ぬまでに一度は「七人の侍」を観て欲しいものです。

    tosboe51

    2007/2/4(日) 午後 10:55

    返信する
  • 顔アイコン

    同感!
    賛成です!!

    [ dalichoko ]

    2009/5/9(土) 午前 0:32

    返信する
  • 顔アイコン

    私にとっても、三船さんは「七人の侍」を小学生の時に見て以来
    他の映画を一作も見たことがありませんでしたので
    「男は黙って…」の三船さんの印象しかありません。
    ある時期、外国映画にも出ておられたような…

    「七人の侍」、世界遺産かもしれません。

    「アクターズ・スタジオ・インタビュー」は時々学習の意味で聞いていました。
    スピルバーグのは聞き逃がしたようです。

    alf's mom

    2011/1/30(日) 午後 1:05

    返信する
  • 顔アイコン

    三船も加山も志村も宮口も、黒澤に光を当てられて輝いていたんでしょうね。
    ところで、助っ人侍選びの通行人侍の、仲代達也や宇津井健や加藤武がお目に留まりましたか?
    黒澤は、単なる通行人でも、歩き方が変だと、OKを出さなかったようです。
    予算が底をつくのも仕方ないかもしれませんね。

    tosboe51

    2011/1/31(月) 午前 0:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事