ここから本文です
遊びをせんとや生れけむ
形を具(そな)えて、さかえゆく生命(いのち)は、時にも、力にも、砕かれはしない。 ゲーテ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

二十歳のころ〈1〉1937‐1958 〈2〉1960‐2001


立花ゼミ『調べて書く』共同製作


立花 隆 (著), 東京大学教養学部立花隆ゼミ (著) 新潮文庫




佐々木千賀子(著)「立花隆秘書日記」http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/5090474.html

で、この本と出会うことが出来た。


かつて、立花隆が東大で持っていたゼミの学生に与えられた、

誰かにインタビューして、その人の二十歳のころを「調べて書く」という宿題。


インタビューする方はグループになり(中には単独でやった学生も居た)、

レポートを纏め上げるのである。


その宿題だか、卒業制作だかが、書物になったのである。


二十歳のころのインタビューに応えた面々は、総勢70人。

<1>は、1958年以前に20歳になった人たち、

<2>は、それ以降に20歳になった人たちの話しをまとめたものになっている。


インタビューや対談・鼎談で構成されている記事・TV番組が、そもそも大好きな私だから、

二十歳のころの、迷える生意気な子羊たちの話は、大変面白かった。

ソッソッソクラテスもプラトンも、みんな悩んで大きくなった!


否、悩んでなんかなくて、はっきり未来を見据えていた人も、勿論居る。



二十歳のころの私は、成人式も出席せずに、悩みも希望も人並みにあったけど、

テキトーに本読んで、映画観て、音楽聴いて生きていたおバカな学生だった。


でも、例えばピーター・ブルックの「真夏の夜の夢」の日生劇場公演や、

カール・ベームとウィーン・フィルが人見記念講堂で演奏したブラームスの交響曲1番に、

心底感動できた若者であった。

両方、TVで観たのだけれどど、それは偉いかな。


現役東大生の文章のまとめ方も、少しの皮肉もこめて、

インタビュー・グループ毎にいろいろ個性があり、面白い読み物であった。




【インタビューされた人たち】

秋山仁→ご存知のバンダナ&長髪の数学者。

茨木のり子→先ほど2月19日に亡くなられた、詩人。「戦後現代詩の長女」。

滝本太郎→オウム真理教被害対策弁護団の一員

筑紫哲也→ジャーナリスト。滝廉太郎の子孫!

西和彦→当時は、アスキー取締役社長、23歳(79年)で米マイクロソフト極東担当副社長。

日比野克彦→私の大好きなアーティスト、今年はW・Cサッカー番組で司会もやるような。
           夢の遊眠社の舞台美術 http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/6620328.html

水木しげる→ゲゲゲの鬼太郎!太平洋戦争で左腕をなくされる。

山田太一→脚本家。

赤川次郎→小説家。

石弘之→東京大学大学院総合文化研究科教授(国際環境科学担当)、環境問題の権威。

板倉聖宣→私立板倉研究所所長。理学博士。

今西武→大阪大学薬学部(薬化学講座)教授。

大杉正明→ 清泉女子大学教授。NHK「ラジオ英会話」の講師。

小川三夫→宮大工。昭和の名工である奈良の故西岡棟梁の唯一の内弟子。

小松氏→一般人、学生の父親。取材後娘は落胆するが、読み手は面白かった!

坂本龍一→作曲家。

妹尾河童→舞台美術家・エッセイスト。

成瀬氏→一般人、元駒場寮委員長。

広中平祐→『代数多様体の特異点解消理論』でフィールズ賞を受賞

福島瑞穂→現社民党党首、当時は、東大法学部出身の新進気鋭の弁護士。

山崎章郎→外科医。著書に『病院で死ぬということ』。

鬼沢修二→AV界の重鎮 。

永沢光雄→フリーライター。著書に『AV女優』
     http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/15873705.html

二木てるみ→ 女優。黒澤明の『赤ひげ』で好演し、史上最年少でブルーリボン助演女優賞を受賞。
      http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/5309680.html

橋爪大三郎→東京工業大学教授。メディアへの露出度も大な学者。

水島涼子→AV女優になったのも、留学資金かせぎが目的だった。

森毅→ 評論家。京都大学名誉教授。根っからの関西人だと思っていたら、東大卒なのである。

山藤章二→イラストレーター。

小川国夫→作家・文学者。

神谷郁代→ピアニスト。

川上哲治→巨人軍V9時代の監督。

黒柳徹子→女優。

ジョージ川口→ジャズドラマー。

曽野綾子→作家。

中松義郎→工学、法学、医学博士。

野田秀樹→劇作家・演出家。東京大学在学中の一九七六年に、劇団夢の遊眠社結成。
     http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/26433926.html     

萩尾望都→漫画家。

松本零士→漫画家。

横尾忠則→画家。 http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/8524128.html

吉村作治→早稲田大学教授。エジプトでの発掘活動は、ご存知のとおり。

米長邦雄→棋士。

飯田圭織・安倍なつみ→モーニング娘。。

大江健三郎→作家。 http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/17979614.html

糸井重里→作家。 http://blogs.yahoo.co.jp/tosboe51/10514076.html

鶴見俊輔→作家。

加藤登紀子→歌手。

立花隆→作家。

イメージ 1

仰げば尊し      文部省唱歌 1884年(明治17年)




         仰げば尊し

     (1) 仰げば尊し 我が師の恩
       教えの庭にも はや幾年(イクトセ)
       思えばいと疾(ト)し この年月(トシツキ)
       今こそ別れめ いざさらば

     (2) 互いに睦(ムツミ)し 日頃(ヒゴロ)の恩
       別るる後(ノチ)にも やよ忘るな
       身を立て名をあげ やよ励めよ
       今こそ別れめ いざさらば

     (3) 朝夕なれにし 学(マナ)びの窓
       蛍のともしび つむ白雪
       忘るるまぞなき ゆく年月
       今こそ別れめ いざさらば



いま、高校の卒業式のシーズン真っ只中。

中学と小学校は3月中旬がピークか。


今日、娘どもが、自分たちの卒業式で「仰げば尊し」が歌いたかったと申す。

歌詞もメロディーもうろ覚えのままだと言う。


高1の次女が、月曜日から学年末テストに入る。

したがって今週で1年生最後の授業であったようだ。


担当の先生の最後の授業の終わりの起立・礼の際に、

「先生1年間、ありがとうございました。」と一同唱和したそうな。

後ろの黒板にも、感謝の言葉を書いて、最後に隠していた紙をはがして

みなで気持ちを表したようである。


殊に担任のA先生は、紅潮させた顔で、

「このクラスを受け持てて本当によかった。」

と言ってくれたそうだ。


うちの娘も可愛がってもらっていたようで、

タメ口で担任と会話をしているらしい、いやはや…。


また、いつもは「うるさ型」の、生徒からは少し距離のある先生が、

破顔一笑で喜んでくれたそうで、それが意外だったとか。


私が当事者の教師だったら、その場で泣いてしまうだろうな。

話を聴いただけで、ウルウルしてしまった。

いいクラスに1年間居てくれて、親としても喜ばしいことであった。


ということで、いい話を聞いたので、

仰げば尊しの歌詞を教えてやり、父娘三人で斉唱する。


私は、自分の思い出の先生や卒業式を思い出し、

胸が詰まった、斉唱であった。



その頃女房は、九州からの客人と、

祇園で美味いものを食べているはずであった

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事