過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

要注意!


---------------------------------------------------------------------------------------


緊急メールです。
 
 
日付:  Saturday, June 15, 2019 
差出人:   Amazon <xxxx@a4.hvfbhg30136.cn>  
宛先:   
件名:  Amazonアカウントを利用制限しています 
サイズ:  4 KB

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした。
アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐために、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。次のアドレスでアカウントのブロックを解除することができます。

海外助っ人Jリーガー、日本と韓国の“対応差”指摘 日本生活に満足、韓国移籍は「後悔」

北海道コンサドーレ札幌のFWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】 北海道コンサドーレ札幌のFWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】

清水戦で4ゴール&看板裏2m落下珍ハプニングのFWロペス、日韓の違いについて言及

 北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、9日のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4ゴールと大爆発した一方、ゴール直後に看板を飛び越えて2メートル近く落下する珍ハプニングが注目を集めた。そんな海外助っ人は昨季プレーした韓国と比較し、日本での快適さを称賛している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版が伝えた。
 現在25歳のA・ロペスは、アヴァイやマルシリオ・ジアス、トンベンセ、アトレチコPR を経て、2016年夏から1年半にわたってサンフレッチェ広島でプレー。2017年は32試合10ゴールと結果を残すも、2018年は韓国1部のFCソウルへ移籍した。韓国Kリーグでもコンスタントに出場し、30試合6ゴールを記録している。
 今季札幌に加入し、リーグ戦4試合5ゴールで得点ランキングトップタイ(大分トリニータFW藤本憲明が同順位)と強烈なインパクトを放っているなか、韓国移籍について「韓国も似ていると思う。だけど、移籍は失敗だったし、後悔している」という。
 記事では「ロペスは、隣国で日本と同じような雰囲気になるだろうと思っていた。ところが、韓国のクラブでは選手やスタッフのクールな対応に直面し、サッカーも彼が慣れ親しんだものとは違った」と触れている。さらにA・ロペス自身も日韓の差について次のように語った。

「日本では、僕にストレスがかからないようにして、みんながいろいろしてくれる」

「日本では、僕にストレスがかからないようにして、プレーに専念するようにみんながいろいろしてくれるんだ。韓国では、何かをするにも助けてくれなかったし、歓迎してくれるような感じではなかったよ」
 また、A・ロペスは日韓におけるサッカー面での相違についても言及。「(韓国では)基本的に力強さが求められる。そこでは走って、蹴って、走って、蹴って、それがすべてだった。日本では、戦術やテクニックが重要で、リーグ自体の質も上だ」と指摘している。
 A・ロペスにとって韓国時代は苦い思い出だったようだが、「私の家族はここだ」と語っているとおり、すっかり日本での生活に溶け込んでいるようだ。新天地で躍動し、J1得点王の期待も懸かるストライカーは、このままゴールを量産し続けるのだろうか。今後のプレーに一層注目が集まりそうだ。


「日本人が再び一流の振る舞い」 女子W杯での“美マナー”に海外絶賛「驚くほど無私無欲」

6/16(日) 8:01配信
Football ZONE web
スコットランド戦後に日本人サポーターが見せたゴミ拾いに称賛
 なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間14日、フランス女子ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でスコットランドと対戦し、2-1で今大会初勝利を収めた。勝利が絶対という重圧のなかで勝ち点3の獲得に成功した一方、試合後に日本人サポーターが観客席でゴミ拾いを行なっていたことに海外メディアが脚光を当て、「日本人が再び一流の振る舞い」「驚くほど無私無欲なジェスチャー」と称賛の言葉を送っている。

【写真】ロシアW杯に続き「一流の振る舞い」 日本人サポーターが見せたゴミ拾いの“美マナー”

 開幕戦のアルゼンチン戦で決定力不足を露呈し、スコアレスドローに終わっていた。スコットランド戦では勝利がノルマとなるプレッシャーを抱えるなか、前半23分にはFW岩渕真奈が強烈なミドル弾を突き刺すと、同37分に得たPKをFW菅澤優衣香が決める。後半43分に痛恨のパスミスから失点を喫し、1点差に詰め寄られるも、2-1で試合を終えた。

 勝ち点「4」に積み上げ、決勝トーナメント進出に向け前進した一方、海外メディアは試合後に日本人サポーターが見せた観客席のゴミ拾いに注目を寄せている。米放送局「FOX5」は公式ツイッターで「女子ワールドカップ(W杯)の試合後、日本人ファンが再び丁寧なゴミ拾いを見せた」と文章を添え、ロシアW杯での日本男子代表のベルギー戦(2-3)後に観客席でゴミ拾いするサポーターの写真と並べ、同一人物とみられるサポーターがスコットランド戦の試合後のゴミ拾いを行う写真を公開していた。

 英メディア「スポーツ・バイブル」も「日本人が再び一流の振る舞いを示した」と取り上げ、「驚くほど無私無欲なジェスチャー」と惜しみない賛辞を送っていた。日本人サポーターはロシアW杯など、主要大会でゴミ拾いを行っており、世界から称賛の的となっていた。現在、女子W杯が開催されているフランスでも、早速“美マナー”が絶賛されているようだ。
Football ZONE web編集部
最終更新:6/16(日) 15:01
Football ZONE web

「日本を超えられず…」「美しき敗者」世界一を逃がしたU-20韓国代表に母国メディアの反応は──

6/16(日) 5:46配信
SOCCER DIGEST Web
VARが味方して幸先良く先制したが…
 現地時間6月15日、ポーランドで開催されていたU-20ワールドカップがフィナーレを迎えた。決勝で対峙したのは韓国とウクライナ。どちらが勝っても初の世界一に輝くという大注目の一戦は、ウクライナの3−1逆転勝ちに終わった。

 グループリーグ最終戦のアルゼンチン戦を皮切りに、ラウンド・オブ16の日本戦などノックアウトラウンドで劇的な勝利を重ねたU-20韓国代表。同国サッカー史における男子のFIFA公式大会最高位は、2002年日韓ワールドカップでの4位だったが、今回のU-20ワールドカップでファイナリストになった時点で、見事記録を更新する。アジア勢では1981年大会のカタールと、99年大会の日本が準優勝を飾っており、アジア初の頂点を狙うチームを後方支援すべく、韓国国内も空前の盛り上がりを見せていた。

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの最新厳選フォトをチェック!

 だが結果は、残念な逆転負け。開始早々にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の恩恵を受けてイ・ガンインが先制PKを決めるも、その後は守勢に回る時間帯が続き、34分にリスタートから被弾して追いつかれると、53分にはクリアボールを拾われて逆転ゴールを決められる。終盤は怒涛のパワープレーに打って出たが、逆に89分、パスミスから電光石火のカウンターを食らって万事休す。試合運びが悔やまれる内容で、完敗を喫した。

 韓国全国紙『中央日報』は、以下のようにファイナルを報じている。

「VARが味方して幸先良く先制点を奪ったものの、その後が続かなかった。ウクライナの攻勢に晒されて逆転を許すと、疲れが顕著なチームは反撃を試みるも畳みかけられず、最後は逆襲からの3点目が決まり、夢は打ち砕かれた。初の世界一という偉業は達成できず、カタールと日本を超えることはできなかった」

 さらに、「とはいえ、彼らが韓国国民に大きな感動を与えてくれた事実に変わりはない。美しき敗者だ」と称え、大会MVPのゴールデン・ボール賞を受賞した主将でエースのイ・ガンインを絶賛。「もうひとつの金メダルを持ち帰ってくれた。ピッチ上で2得点・4アシストと気を吐いただけでなく、見事なキャプテンシーが光った」と持ち上げ、「決勝直後に選手たちは涙に暮れたが、イ・ガンインは仲間一人ひとりに声をかけて回る素晴らしい振る舞いを見せた」と、伝えている。

 ポーランドの快進撃で得た成功体験を、若き韓国の精鋭たちは来年の東京五輪、3年後のカタール・ワールドカップでいかに昇華させていくのか。日本のヤングタレントたちも、負けてはいられない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
最終更新:6/16(日) 7:31
SOCCER DIGEST Web

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事