news

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1935ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

噂の新型iPhoneには興味なし? iPhone 8とiPhone XRがいまだに売れている! スマートフォン売れ筋ランキングTOP10

8/28(水) 20:00配信
BCN
 「BCNランキング」2019年8月25日の日次集計データによると、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 iPhone 8 64GB(au)(アップル)
2位 iPhone 8 64GB(SoftBank)(アップル)
3位 iPhone XR 64GB(au)(アップル)
4位 iPhone XR 64GB(SoftBank)(アップル)
5位 Galaxy A30 SCV43(SAMSUNG)
6位 arrows U 801FJ(富士通コネクテッドテクノロジーズ)
7位 AQUOS sense2 SH-M08(シャープ)
8位 AQUOS sense2 かんたん(シャープ)
9位 iPhone 6s 32GB(Y!mobile)(アップル)
10位 Pixel 3a(Softbank)(Google)
 

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

 
最終更新:8/28(水) 20:30
BCN

こんな記事も読まれています

米アップル、9月10日に新型iPhone発表へ

8/30(金) 10:58配信
ロイター
 米アップルが、9月10日にカリフォルニア州クパチーノの本社でメディア向けイベントを開くと発表した。新型iPhoneを発表するとみられる。

 アップルが9月10日に、大型メディア向けイベントを開催する。新型iPhoneが発表される可能性が高い。

 9月にクパチーノで開催されるアップルのイベントでは、新しいiPhoneやアップルウオッチ、その他ハードウェアに関する続報の発表が見込まれる。

 投資家はこれまでどおり、iPhone搭載のカメラの数や、新しいセンサーの有無などに注目する一方、米中貿易紛争で重視された価格にも注目するだろう。

 アップルは通常、新モデルのiPhoneを新価格で発表した後、 旧モデルの全価格を変更する。この際に旧モデルは、毎年約100ドルほど値下げしている。

 大半の場合、予測可能なプロセスだったが、今年は米中が関税を巡り対立中であり、投資家は貿易戦争の中でアップルの価格設定に変化が起きるか、注意深く見守るだろう。

 イベントでは、サービス事業に関する続報の説明がある見込みで、投資家はサービス事業に注目している。携帯電話を買い換えない顧客からも利益が上がり続けるからだ。

 アップルのビジネス戦略にも興味深い変化をもたらした。同社は以前、新しい携帯電話を販売するだけだったが、今では顧客に対し携帯電話をもっと長く保有し、アップルのエコシステムにとどまることを勧めている。

 アップルは29日、純正部品を初めて独立系修理店に提供すると発表した。つまり、ショッピングモールや独立系店舗など正規のサービスセンターではない店でも、アップルストアと同じように、実際のアップルの部品を入手できるようになる。

 iPhoneの所有者がアップルミュージックや、ワイヤレスイヤホンのエアポッドおよびアップルウオッチのようなアクセサリーをできるだけ多く買えるよう設置スペースを広げることは、同社のより大きな戦略の1つだ。
最終更新:8/30(金) 15:32
ロイター

こんな記事も読まれています

小室圭さん母が言い出した「秋篠宮家の陰謀」

8/24(土) 8:01配信
デイリー新潮
 秋篠宮家の長女・眞子さまと「婚約内定者」小室圭さんとの結婚が「2年後に延期」と発表されてから早や1年半。が、事態はますます混迷の度合いを深めている。何しろ、当事者である小室さんの母が“陰謀”などと穏やかならざる言葉を口にしているというのだ。

 ***
「疑心暗鬼」とは本来、疑いの心があると、暗がりに鬼がいるかのような妄想に駆られる状態をいう。騒動の鎮まる気配が一向に窺えない中、困憊した婚約内定者の母は、あるいはお相手のご母堂のお振る舞いに「鬼」のごとき気迫を感じ取ったのかもしれない。

 令和を迎えた皇室において、平成から積み残された「重大懸案」とは、眞子さまと小室さんとの結婚問題に他ならない。

「7月22日、2週間にわたるペルー・ボリビア両国ご訪問から戻られた眞子さまは、まず皇居の賢所と八王子の武蔵野陵などに参拝され、翌日には赤坂御所に天皇皇后両陛下を訪ね、帰国のご挨拶とともに両国の大統領から預かったメッセージをお伝えなさいました。その後も都内でペルー関連の式典に出席されるなど、忙しくされています」(宮内庁担当記者)

 一方の小室さんは、間もなく開講するフォーダム大学ロースクールの「JDコース」の準備に余念がなく、一時帰国もしないまま、現地に滞在して新学期に備えているという。

「小室さんは、毎日のように横浜の実家のお母さんと連絡を取り合っています」

 とは、現地での生活を知る人物である。

「お母さんは一人息子の体調を気遣いつつ、折にふれて彼を励ましている。もし帰国すれば大騒ぎとなり、四六時中メディアに追いかけられるでしょうが、米国にいれば日本人以外は誰も気に留めない。お母さんは『予定通り、夏は戻ってこなくて構わないから』と伝えているそうです」

 小室さんは今後2年間、JDコースで学び、ゆくゆくはニューヨーク州の司法試験を受験すると伝えられているのだが、

「すでにお母さんは、小室さんが今後、日本で暮らすのは難しいのではと考え始めています。だからこそ、現地で生活していく術を身につけなければならないのですが、それにはまず弁護士資格の取得。彼は今も眞子さまと結婚する意思を強く持ち続けていますが、お母さんもそれを支えるように『ここが我慢のしどころよ。いま耐えて頑張り続ければ、(秋篠宮家の)お気持ちも次第に折れて、結婚の可能性もうんと広がるから』などと、小室さんを勇気づけているのです」(同)

 降りかかる艱難辛苦にひたすら耐え、最後に大輪の花を咲かせようという母子の思いは、あいにく成就しそうにない。というのも、

「小室さんの母親の佳代さんと紀子妃殿下とは、そもそも最初から話がかみ合わない状態でした」

 そう明かすのは、秋篠宮家の事情を知る関係者である。

「一昨年の暮れ、佳代さんが元婚約者との間に400万円を超す金銭トラブルを抱えていることが『週刊女性』の報道で発覚しました。それから間髪を容れず、妃殿下は自ら佳代さんに電話をかけ『お話ししたいことがあるのですが……』と切り出されたのです」

 さっそく宮邸で話し合いがもたれたものの、佳代さんの主張は一貫して「贈与なので問題はない」というものだった。

「トラブルとなって世に報じられた以上、どうにか解決せねばなりません。そのための協議が重ねられたのですが、佳代さんや小室さんの主張は変わらず、まるで方策が見えてこなかった。挙げ句、佳代さんは『どうしても返済した方がいいのなら、皇室で用立てて頂けませんか』と言うものだから、両殿下も呆れてしまわれたのです」(同)

 ご結婚の暁に眞子さまに支払われるはずだった1億5千万円の「一時金」を当て込んだというわけだが、こうした言動をご覧になるにつけ、

「妃殿下は『あの方とはまったくお話が通じませんね。通常の感覚をお持ちでないようです』と、さじを投げておいででした。話し合いが始まった初期に、殿下が小室さんに提示した『経済的な安定を得るべく進路を示す』『何らかの形で金銭トラブルを解決に導く』という二つの課題にも全く応えておらず、両殿下の忍耐は今や限界に達しているように拝察いたします」(同)


「引き離す陰謀」
 もっとも、一連の両家の面談の中で“違和感”を覚えたのは紀子妃だけではなかったようで、両家のやり取りを知るさる関係者によれば、

「宮邸に呼び出され、駆け付けた佳代さんを前に、妃殿下は開口一番『遅かったですね』と仰っていました。また面談の最中に部屋に入ってきた職員を、妃殿下が『どうしてこうなるのですか』などと容赦なく問い質されるのを、佳代さんは目の当たりにしています」

 図らずも、そうしたご母堂の“素顔”に接することとなった佳代さんは、

〈激しい性格に疲れてしまった。紀子さまは癇癪をお持ちだから、気が重い〉

 そう漏らしていたといい、かてて加えて、近しい人には以下のような嘆きも口にしているというのだ。

〈私や圭がメディアで批判されるのはおかしい。事実でないことばかり書かれていて、その情報源はどう考えても秋篠宮家としか思えません。これは、圭と眞子さまを引き離そうとする陰謀なのだと思います〉

 不安を抱かせる言葉ではあるが、同時にまた、長らく平行線をたどってきた両家の行く末を暗示するかのような言い回しでもある。

 さる宮内庁関係者がいう。

「紀子妃殿下は、小室家に対する憤懣やるかたない思いを美智子さまには打ち明けておられるものの、他になかなか相談できるお相手もいらっしゃらない。ご一家に対する世間のネガティブな声もご存じで、それは“小室さんの家と関わりを持ってしまったから”だと仰っています。眞子さまとは今もこの件でお話をなさる機会がなく、そうした秋篠宮家の窮状に、天皇皇后両陛下にお仕えする侍従職の中からも『お気の毒に』といった声が漏れているほどです」

週刊新潮」2019年8月15・22日号 掲載
新潮社
2/2ページ

LINEオープンチャット、ずさんな管理体制。出会い系、アダルト画像が氾濫…

8/24(土) 15:45配信
bizSPA!フレッシュ
 LINEが2019年8月19日から始めた新サービス「OpenChat(オープンチャット)」が迷走している。

⇒【写真】“抜け道”を駆使したオープンチャットのトーク画面

 オープンチャットでは8日に一部の機能限定で先行利用がスタートして以来、トークルーム検索、ピックアップによるトークルーム紹介などを順次追加。今回の一般公開は、テスト期間を経て、満を持して行われたものだった。

 しかし、20日にはメイン画面が表示されなくなり、21日にはトークルーム検索が行えなくなるなど制御不能の状況に陥っている。一体何が起こっているのか?

オープンチャットで知っておくべき2つの特徴

 オープンチャットの始め方はとても簡単。LINEのトーク画面の右上にある吹き出しのアイコンをタップすると、右端にオープンチャットのマークが表示され、そこをクリックするだけだ。

 ただし、年齢認証済みで18歳以上のアカウントでないと「一部機能」に制限がかかってしまい、トークルーム検索と、参加に承認が必要なグループへの参加などができない。一方、年齢未認証でもトーク、新規のトークルーム作成などの基本的な機能は問題なく利用することができる。

 そもそもLINEでは、これまでも「グループ」機能を使って、最大500人とのチャットを楽しむことができた。このオープンチャットとの違いは、主に2点ある。

 まずは、トークルームを作成することで、最大5000人という大量のLINEユーザーとのやり取りができることだ。さらに友達登録されていない人をグループに招待することも可能となっている。

 そして、もうひとつは、ユーザーが「名前」と「アイコン画像」を変えて登録できる点だ。これはいわゆる「匿名掲示板」と変わらず、自分のLINE IDや個人情報を書き込まなければ、アカウントを特定されたり、友達登録されることはない。そのため、サービス開始直後からわいせつな表現や画像・動画の投稿、交際相手を募集する投稿などの“荒らし”行為の温床となっている。

出会い系、わいせつ画像投稿「違反行為」連発

 こうした荒らし行為や、トークルームの急激なメンバー増加で、LINEは対応に追われている。本記事執筆の23日時点では、オープンチャットを起動しても、アイコンが画面の右下に表示され、トークルームの作成ができるだけだ。検索機能も使えなくなっている。

 具体的にどういった機能が「違反行為」とみなされるのか。掲載されているオープンチャットガイドラインより以下に引用する。

・LINE ID(QRコード含む)、電話番号、住所などの個人情報の掲載
・1:1の出会いを継続的に勧誘・要求する行為
・交際相手や出会いを求める行為
・宿泊や居住する相手を探す行為
・未成年を酒席に勧誘する行為、不法な出会いを求める行為
・社会的に容認されないと判断される出会い行為
・特定個人に対する誹謗中傷
ヘイトスピーチ、いじめ
・ネットワークビジネスの勧誘
・アフィリエイトや商業サイトへの誘導
・わいせつな内容、暴力的な内容を含む投稿や表現
・著作権、肖像権を侵害する行為
・宗教やその他団体の宣伝や勧誘
・トークルームのテーマと無関係な雑談
・むやみなスタンプの連続投稿
・無関係なその他ルームの招待URL投稿などの勧誘行為
・その他スパムとみなされる行為
・管理人が定める方針・ルールに反する行為

 利用規約やガイドラインに違反した場合は投稿の削除、強制退会、さらにはLINEアプリ本体の利用停止などの措置が採られるので、注意したい。

後手に回るLINEの対応に“抜け道”も…

 オープンチャット内のトークルームは運営側が24時間、内容を監視しており、公式ブログによれば、ガイドラインの中でも「みだりなスタンプの連打」「わいせつな表現や画像・動画の投稿」などの違反行為は特に多く確認されているという。

 22日には「スパムフィルター」のBot機能を公開。これまでもLINE基準のNGワード(※非公開)を含む投稿は自動削除される仕様だったが、このスパムフィルター機能を使用することで、トークルーム管理者がNGワードを追加することが可能になった。

 しかし、LINE上でNGワードや個人情報を載せられなくしても、TwitterなどのSNSを“抜け道”にして、LINEグループチャットQRコードの画像を貼り、メンバーを募集することはできる。あるいはLINEグループ内でも「エッチ」ではなく「えち」と言い換えるなどフィルターを巧みにすり抜けるユーザーもいるようだ。


アダルト画像が氾濫…グループに潜入

 実際にトークルームではどのような会話が行われているのか。今回、記者はあるトークルームに参加してみた。20日時点では、まだNGワードの規制がタイトルに及んでいなかったため、ルームのタイトルに「エッチ」という単語が入っている。すでにして怪しさ満載だ。

 グループトークの内容は「東京で今から会えませんか?」「めっちゃムラムラしてる」「○○で見せ合い(※お互いの“行為”を見せ合うこと)したい。19時に来られる人ー」など、かなり際どいものばかりだった。

 そのうちあるトークルームでは自称「18歳女性」ユーザーAに対し、他のユーザーが動画や画像の投稿を求めたり、連絡先の交換を求めたりする展開に。すると、Aは本人の自撮り画像であるかどうかは不明だが、おそらくネットでの拾いものであろう胸部を露出した画像を投稿。

 それに対し、「エロい…」「個ちゃ(※個別チャット)あり?」「もっと別の画像ないの?」と煽るメンバーが登場。すると、AはなんとLINEではなく、メッセージアプリ「カカオトーク」のQRコード画像を投稿。LINE IDやQRコード画像の投稿は禁止されているが、これなら規制を免れられるのだろう。

 とはいえ、未成年はこうしたオープンチャットに簡単には参加できないのではないだろうか。実は検索機能が使えなくなくても、URLやQRコードがあれば未成年であっても参加することが可能なのだ。

 例えば、20日時点でオープンチャットのトップ画面に掲載されていた「ピックアップ表示」機能。ここではLINEがいくつかのトークルームを紹介しているが、ここに投稿されたURLやQRコードを利用すれば、未成年がどんなルームにも潜り込めるのだ。

 ちなみに、筆者はAが投稿したメッセージアプリのQRコードを読み取り、カカオトークで個別にコンタクトを取ってみた。その結果は、何度かやり取りを行った後、「お願い聞いてくれます?」「なんですか?」「お金貸してくれませんか」という案の定なものだ。

 ましてやAが本当に未成年であるかも不明である。その後、警戒されてしまったのか、現時点でAからの連絡はないが、ここから売春や犯罪に発展する危険性は大いにあるだろう。

 ここまでで明らかなように、現時点でのLINEのオープンチャットの管理体制はかなりずさんと言えるだろう。月間アクティブユーザー8100万人を誇り、未成年のユーザーが含まれるLINE。ガイドラインの徹底や監視の強化で、どのように改善されていくのか注視したい。

<取材・文/シルバー井荻>
bizSPA!フレッシュ 編集部
3/3ページ

最終更新:8/24(土) 18:31
bizSPA!フレッシュ

秋篠宮さま ブータン旅行で前代未聞の事態、周囲から不満噴出

8/23(金) 11:04配信
女性自身
「あっ、秋篠宮さま!」

成田空港のロビーに居合わせた20代の女性からそんな声が上がると、搭乗口にお一人で向かわれる秋篠宮さまは、にっこりとほほえまれた。

【秘蔵写真】紀子さま ゾウの上で赤面!新婚旅行のハプニング

秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは8月16日、ブータンへのご旅行に出発された。12歳の悠仁さまにとって初めての海外ご訪問となる。

「御代替わりで秋篠宮さまが皇位継承順位1位、悠仁さまが2位になられました。不測の事態を考慮し、紀子さまが悠仁さまに付き添われ、秋篠宮さまはお一人で別の飛行機に搭乗されたのです」(宮内庁関係者)

ブータンといえば、眞子さまが小室さんとの婚約内定報道直後の'17年6月に公式訪問された国。当時は国を挙げて、眞子さまを祝福してくれていた。

「眞子さまのご訪問のときに歓迎してくれたワンチュク国王一家と、今回も秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが面会される予定です。眞子さまのご結婚延期について、何らかの説明をされることになるでしょう」(宮内庁関係者)

東宮家より職員が少なく万全とはいえない環境で、紀子さまは一生懸命ご自身なりに“帝王教育”を模索されてきた。

「悠仁さまは昨年の夏休み、紀子さまに伴われて広島平和記念公園をご訪問。また、お忍びで槍ヶ岳登山にも挑戦されました。その時も紀子さまがご一緒でした。今回のブータンご訪問は悠仁さまにとって貴重な経験になります。紀子さまにとっても念願だったはずです」(皇室ジャーナリスト)

天皇陛下の海外初訪問は中学3年生、オーストラリアへのホームステイだった。秋篠宮さまも同じく中学3年生の夏休みにニュージーランドを訪問されている。

「秋篠宮ご夫妻と悠仁さまにとって、ブータンご訪問が実り多き旅となるよう願っておりますが……」

そう前置きしてから、皇室担当記者が声を潜める。

「同行する新聞やテレビの記者にすら、旅行の日程は直前まで知らされませんでした。出発日である16日に、やっと翌日17日の分だけが知らされたのです。私的なご旅行とはいえ、前代未聞のことです。周囲への根回しがあまりに不十分なのです。現地とのやり取りを仲介しているのは、秋篠宮さまの知人でブータンに詳しい学者。そのため“蚊帳の外”になった外務省や現地の大使館からは、十分な情報が伝達されないことに不満の声が上がっています」

前出の宮内庁関係者はこう憤る。

「2人の“将来の天皇”がいらっしゃる秋篠宮家の職員は、皇嗣職として約20人から51人に増員されました。しかし経験が浅い職員が多く、組織はバラバラなのです。何事もご自分でお決めになりたい秋篠宮さまとは、意思の疎通がうまくいっているとは思えません」
最終更新:8/24(土) 11:49
女性自身

全1935ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事