ここから本文です
T-5の無線記
無線、修理関係の話

ICF-W55修理

ICF−W55、修理品がやって来た〜。

一度は中身を見てみたかったので仕入れてみました。

外観はそこそこ綺麗ですが中身はやっぱり年代物、良く言われる

コンデンサー部分腐食してました。ぽろ〜と外れた物も有りました(笑)

修理完成した状態です。

イメージ 1

まずまずの状態だけど年代物に騙されたらいけません。

問題の基盤
イメージ 2

綺麗に見えるけど、右上のシールド部分の所が腐食して治すのに大変でした。

イメージ 3

ぽろ〜と外れました、足も腐食してるし〜、半田出来ない状態でした。

イメージ 4

何とか清掃して取り付けました。コンデンサーも一部交換しました。

やっぱり年代物は良い商品でも買うものではない(笑)

流石、BCLに使用するには良い商品です。

この頃のSONYの商品はCB無線機と言い良かったな〜。

まだ一寸、治す部分あるけど今のままでも十分使用出来るので

このまま使いましょう。

この記事に

スペアナ修理ー2

スペアナの修理、その2(笑)

電源回路のショートで電圧表示のLEDが点灯してなかったので何かの部品

がショートしてると思われました。

この基盤、多分コントロール基盤だと思うのですが、パネルの操作を行って

画面に表示させる所?かな。

イメージ 1

テスターでショートする部品をチェック、タンタルコンデンサーが何個か有るので

チェックしたら7個ほどショット状態、まさか7個ともショートしてる訳が無い

1個だけ外して調べたら異常なし。

同じ回路の所にぶら下がってる様です。

1個、1個外してみて調べるしかない、2個目外したらピンポ〜ン当たり

ショートしてました。

イメージ 2

タンタルコンデンサーかな?156Kて事は、15マイクロ25Vかな

外したまま基盤取り付けたら動作しました。

部品、買いに行きましょう。



この記事に

スペアナ修理

故障してたスペアナ頑張ってバラして修理しました。

イメージ 1
メインボードです。

イメージ 2

メインボードの右側の基盤の所がメモリ用のバッテリー(3V?)が付いてます。

メインボードは異常ない様です。

イメージ 3

メイン電源BOXです。これも異常なしでした。

イメージ 4

ブラウン管の部分、ほこりが一杯、掃除しときました、此れも異常なし。

イメージ 5

本体、横にあるサブ基盤?コントロール基盤かな?

此の回路がショットして電圧不良で動作しない状態でした。

イメージ 6

何度も組み直し、やっと直りました、ガッツポーズ。

何度も組み直したので、どこがどれか分かってきた。

一番苦労したのが、全面パネルの取り付け、キーボード用の平行線、

うまく処理しないと、キーがロックした状態になります。

何度でも組み直しました(笑)

バラスの簡単て言うか、うまく組んでます、流石USA製品、慣れたらメンテ

簡単です。 でも苦労しました(笑)





この記事に

強風の青山高原

何年かぶりの青山高原までドライブに行って来ました。

ついでなのでCBと特小でCQだしたけど反応なし(笑)

聞こえるのは外国船の訳の分からない交信?時々、違法局

違法局でも良いからブレイクかけてみたけど反応無(笑)

電波出てるのかな?

イメージ 1

今日は強風で寒い、もしかして青山高原は自衛隊の基地?有るから

電波出したら行けない所?

おかまいなく出してみました。

特小も何処かの中継局と繋がってる様です。反応なし残念。

イメージ 2


この記事に

IC-703

icomのIC-703仕入れました。

アマ無線はワッチする方が多いので最終的に此れにしました。

移動する時もバッテリー(ラジコン用9.6V)が使用出来ます。

移動する方が多いですので便利です。

一寸今まで迷い過ぎました、最初から此れにしてたら良かったのに(涙)

CBの方はコンディションが落ちて寂しくなりました。

でもワッチしてます。

イメージ 1

違法局かなコールサインも言わないで交信してるのが目立ちます残念。

昔ほどパワー出してないけど、無視しときましょう。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事