ここから本文です
T-5の無線記
無線、修理関係の話

特小交信

特小バンドをホームで受信してたらCQ出してる局がいましたので慌てて外に

無線機を振り回して、何とかメリット5で入感、交信出来ました。

今、使用してる受信機はAR-8600でやってます、一寸、アンテナがイマイチ

今度はアンテナを何とかしないといけません。

イメージ 1

茨木市の移動局と交信、豊中の局も受信出来ましたが交信出来ませんでした。

当局のそばは高圧線は有るはマンションは有るは条件悪いけど特小でこんだけ

飛ぶのだから面白い(笑)

イメージ 2

DJ-P24L非常に良い感じで使いやすいです。

今回、違法な事してません、ノーマルの交信です(笑)

次回は一寸小高い所から運用したいと思います。

ちなみにコールサインは ひがしおおさかT-5です。

覚えやすくするのが良いて事で此のコールにしました。

皆さん宜しくお願い致します。

この記事に

特小のテスト

特定小電力無線をやり始めてまだ初心者(笑)どうしたら遠くの局とコンタクト
出来るか?一番良いのは高い所から運用すれば良いが、まだまだそれよりも遠く
までと考えた結果、送信側は改造とか出来ないので受信側でいかに聞き取れるか
になると思います。
そこでアホな事考えました。八木アンテナと受信機の組み合わせ。

イメージ 1

受信機はAR-8000でテスト、ある程度の所は特小よりも聞けます、チャンネルに
よっては内部発信は有り不具合が有ります。
ギリギリの所は特小では聞こえるが受信機ではメリット悪い。

特小では振り回して良い所を探さないといけないけど、八木では左右に振るだけで
良いようです。
受信機の内部発信が無いもので今後又テストしたいと思います。
一寸、大きいですが、AR-8600では問題ない様です。
あとわ、プリアンプを使用すればもっと感度を上げる事が出来ます。
特小で送信、受信機で受信、近すぎてハウリングに気お付ければOK

もう〜一つ考えたのが此れ(笑)

イメージ 2

あくまでもサンプルです。
八木アンテナの副射器のメインエレメントを外して特小を取り付ける

特小の充電ジャックのマイナスからアースを取る

特小は改造してなく、置き場所を変えてるだけとなるのだけど、これに

外部マイクを使用すればアンテナのゲインが取れると思うのですが?

ネットなどで調べた所、こんな事やってる人居ないのかな?

それとも実行したけど変わりが無い、色々テストしてみたいとおもいます。

此れって違法、合法?

手軽な特小でここまでやらなくても良いと思いますが、なんでも実験(笑)

皆さん、おもしろそ〜と思われましたら、やってみてください。


この記事に

今年から来年

今年から再開した修理関係、来年からは無線関係の運用にちと力を入れましょう。

アマチュア無線も良いですが、CB無線と特小の方が色々検索した結果

良いような(笑)

現在のシャックです。

イメージ 1

多分、此れからの主力は此方かな?

イメージ 2

又、特に使用するのが受信器と特小の此れでしょう。

イメージ 3

人気物のDJ-P24は何処行くにも持参するかも?

最初はデジ簡も興味ありましたが、なんか〜色々ありそう〜(笑)

コミュニティ無線もまだまだ少ないかな?

アルインコ社が参入して来たら考えましょう。

CB無線機は新規格の物をかんがえましょう?今の所SR-01が有力かな?

新しい年が又始まります、皆さん良い年を、お迎えください。

来年も宜しくお願い致します。

この記事に

スタンダードC-520修理

昭和の名機?スタンダードC-520修理しました。

て〜言うかコンデンサー類の交換しただけで修理の内には入らないかな?

症状はスピーカーからの音声が低い、液晶の文字欠けです。

音声の低いのはコンデンサーの液漏れ、腐食が原因、一般に言われてる事かな。

イメージ 1

コンデンサーのサイズが小さいのが無かったので、ちと苦労しました。

普通の電解コンデンサー類は大丈夫でした。

文字欠けの部分は液晶用のマイコン(IC)を半田付けし直せば

たいがい直るでしょう?

イメージ 2

右側のICが液晶表示用だと思います。

435Mhzの最初の所が文字欠けしてました。

イメージ 3

この当時の特徴て言うのか周波数変更の所です。

イメージ 4

Q202外せば周波数の拡張が出来ます。

その外した物をQ203の所に半田したら、ほにゃららBANDが発信出来ます。

違法機種て事になるでしょう。

電波のテスト、綺麗な波形が出てます。C-520

イメージ 5

ところが、その後に販売されたC-550では前後に波形が(笑)

イメージ 6

C-550の方が一寸新しいはずなのに、520の方が良い感じです。

周波数設定にメンドイ所とサイズがちと大きいなは難点だけど良い機種です。

イメージ 7

ハンディが一つ増えました。受信がほとんどなのに、でも魅力の有る商品です(笑)


この記事に

ICF-SW55完全修理

ICF-SW55完全に修理する為に奮闘しました。

動作はしましたけど、音量を上げるとピ〜〜ギャ〜とひどい異音がしてました。

まず疑ったのが音声のパワー部分のIC,部品代はそんなに高額で無い為、

購入しました。

イメージ 1

UPC1316Cです。ぜ〜、1996年製造(笑)

交換したが、問題無し、残念

イメージ 2

困った時は時間を置いてから調べ直す事に昔からしてます。

イヤホンジャックを少し刺すと音声は異常なし、完全に刺すと異音

試しにイヤホンジャックを外して清掃、ジャックの端子確認したら大丈夫でした。

半田付けしたら、なぜか、正常になりました。

ジャックの端子、一部カットしてたのがカット不完全でタッチかな?

イメージ 3

緑のジャックがイヤホンジャックです。

古いから、一寸した事で故障するのはしょうがないかな(笑)

イメージ 4

完全に治りました。めでたしめでたし(笑)

昔買った、周波数帳2002年の物、古〜い

BCLも楽しいので活躍してくれるでしょう〜。

何かSSBの復調が変だけど、多分こんなもんでしょう、聞ける程度なのでOK

そのうち部屋でFM放送だけ聞いてる状態になるのかな(笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事