としこばの周りのできごと

バラもすっかり終わり、今はさつきの残りとクジャクサボテンですね

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

泉北にも秋祭り

泉北ニュータウンのいいところの一つがニュータウンの周りに昔からの田園集落が散在しているところです。

そのおかげで、普通ならニュータウンでは見られない秋祭り(ここではだんじり)がニュータウンの中で見られます。
きっと道路も整然としているのでだんじりも走らせやすいのでしょう。
イメージ 1
この交差点の左右から次々とだんじりがやってきます。
大工方がジャンプしていますが、かなり遠い。

今年はここでは従来見られないだんじりが見られました。
それがこれ。
イメージ 2
他ではこんなのをやるところがあるのは知っていましたが、ここで見るのは初めて。
イメージ 3
大工方が綱を持っている?変なの。引き綱を持たない女の子たちも走っています。
でも、だんじりを傾けているので判りました。危ないですもんね。
イメージ 4
屋根の上でマイクを持って盛んに囃し立てています。
楽しそうです。
イメージ 5
下では女の子たちがこんな踊りを。
かわいかったのでメインに入ってもらいました。

他には次々と地元のだんじりがやってきます。
なんといってもやっぱり華は大工方ですね。
イメージ 6
かっこよくポーズが決まりました。

しかし、なんといっても最高なのは屋根の上でのジャンプ。本当は怖いでしょうね。
(私もこの前の台風の被害で大屋根に登りましたが怖かった)
中には尻餅をついている人もいましたよ。
(そんなところは載せません)
イメージ 7
私の家のすぐ近くの大森です。
イメージ 8
ウオッ!かなりのジャンプ。右から左へと乗り移ります。
イメージ 9
これもかっこいい!
イメージ 10
みんなかっこいいですね。
イメージ 11
この方よく焼けています。
みんな上手。でも、危ないのかみんな下を向いて飛んでいます。
下を見ないで飛んだらもっとかっこいい写真が撮れるでしょうけどね。

10月の6日日曜日、2時からたっぷり2時間楽しませてもらいました。
重いレンズを担いで家まで疲れて帰りました。
よかったよー。




開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

遅ればせながら彼岸花

どうも遅い記事ばかり掲載になってしまって申し訳ありませんが・・・

9月下旬、ヒガンバナを撮りに行ったという情報を聞いて遅ればせながら私も9月の24日に行ってきました。
行った先は一言主神社と九品寺周辺。
(最近教わったところで去年もここへ行きましたね)
イメージ 1
若干遅めで花ももう白っぽくなっています。
なんとかそれを避けていいとこどり。(苦労します)
イメージ 2
九品寺の近く。
たくさんのカメラマンがいましたが、やっぱりちょっと遅い。
イメージ 3
一言主神社の中に入ってみると、少し影の場所があり、そこの彼岸花はいい色。
萩と一緒に。
イメージ 4
師匠に教わった暗いところをバックに。
イメージ 5
桜の落葉がクモの糸に引っかかっていました。
彼岸花と池を合わせて。

開く コメント(7)

もうかなり前のことになってしまいましたが、お孫ちゃんの3歳の誕生祝がありました。夫婦両方の両親も参加でにぎやかです。
イメージ 1
豪勢な食事が並べられています。
あれ?画角も違うし、ピントも?やっぱり私のカメラではありませんでした。スマホだったような。
いつもながら弟さん家族も参加です。
イメージ 2
全員の写真。一人カメラを向いていない子がいますね。
イメージ 3
プレゼントのリモコンカーズをもらって満足げなお顔。
イメージ 4

イメージ 5
ケーキももらってご満悦ですね。
まだ指で3が出せません。親指を含め3ですね。



開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

バンクーバーで泊まった宿は空港から車で1時間ちょい。
このお宿のいいところは何といっても日本語が通じることです。
ご亭主は柳谷千恵子さん。画家でもあり、小説家でもあり、彫刻家でもあるちょっとした有名人です。
実はこの方は我が家のある泉北ニュータウンの隣組でした。
ある理由で息子さんと一緒に今はカナダの高級別荘地にお住まいで、あまりにも立派でもったいないのでB&B(実は夕朝食付き、私たちはお弁当まで作っていただきました)として泊まれるようになさっています。
(日本人の経営するホテル?に掲載されています)

久方ぶりの再開でお話もずいぶん弾みました。
なんといっても夕食がすごかった。
イメージ 1
このでかいワタリガニ(カナダでは○○○というらしい)のでっかいのが夕食に。
ごめんねまだ生きているのに。
イメージ 2
大きな皿の半分以上あります。みそがおいしかったー。他にはお刺身やイカやサーモンなどのお寿司🍣。
ワインはハウスワインだそうで、特別に作っていただいているそうです。
この千恵子さんがお料理上手なのもうれしいですね。
いつもそうなのかどうかわかりませんが、ご亭主も代表者の息子さんも入っていただいてご一緒にお食事。
しこたまワインもビールもいただきました。(なにぶん、オーロラなどで禁酒が続いていましたので・・・)
青じそや三つ葉などもご自分で栽培されているものです。
イメージ 3
記念写真も一枚。
周りには描かれた絵が所狭しと飾られています。
イメージ 4
これが私たち二人がとまったお部屋です。でっかいダブルベッドが3つあります。周りに絵もいっぱい。すごいでしょ、豪華です。
イメージ 5
2階の部屋から見た外の景色です。真南です。バンクーバーはアメリカとの国境近く。向こうの山はもうアメリカ、シアトルだそうです。
イメージ 6
浴室と言っていいのか洗面所と言っていいのかこんなにも広いです。
向こうにジャグジー風呂が。右にはシャワールームがあります。洗面台も豪華。
王様か大金持ちになった気分ですね。ちょっとしたホテルのスイートルームより豪華なんじゃないかな。
イメージ 7
2日目の夜はまた豪華なステーキ。300gはあります。お刺身もオードブルもついています。この日はまたアイスワインとかをいただきました。
甘いのですが結構いけます。カナダビーフいけますね。

花の季節が終わったので花が少なく寂しかったですが、花盛りの庭も見てみたかったですね。

たくさんお土産をいただいて本当に贅沢な宿泊をさせていただきました。

皆様もカナダにいかれる機会があったら是非立ち寄られたらどうですか、歓待していただけますよ。
ホームアドレスは↓
です。どうぞ覗いてみてください。

台風の影響で関空に帰れず、帰りは成田空港になってしまいました。
その切符の手配も代表者の息子さんにずいぶんお世話になりました。ありがとうございました。色んなことがありましたがいい思い出になりました。

永かったカナダ旅行もようやくこれで終了です。ご覧いただきありがとうございました。


開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

イエローナイフでは空港も小さいのでレンタカーもうまく返せました。よかったよかった。

(バンフでは返却ルートがわからず、一般の駐車場に入ってしまいました。
カートの整理をしているおじさんが親切にレンタカー会社の受付までついていってくれました。係りの人に一緒に来て返却口まで運転してほしかったのですが、自分で持って来いと突き放されます。今度は駐車場のどこに停めたのかわからずまたうろうろ。
何とか脱出でき、やっとのことで返却口に戻ることができました。地理不案内と言葉がわからず大変でした。受難4)

いよいよカナダ最後の地バンクーバーへと飛びます。
カナダ・バンクーバーにはご近所の方がかなり前にカナダに移住され、B&Bをやられているところにお世話になる予定です。

まずはバンクーバーの観光のアップをします。
イメージ 1
バンクーバーからウィスラーへと続く道を走ります。
途中、ときどき海岸への道に降り、ゆっくり走ります。
イメージ 2
この辺りは別荘地のようです。瀟洒な家々が立ち並んでいます。
海岸の岩にはムール貝かなと思われる貝がびっしり。
頭のいいカラスがこの貝を道に落とし、割って食べていました。
イメージ 3
前回の失敗に懲り、ウイスラーまで行かず、早目に引き上げ宿舎に向かいます。
所がまたも家が見つかりません。
近辺を探し回り、ようやくのことで宿舎が見つかりました。
(暗くなっていたら大変でした)(受難5)
イメージ 4
翌日は観光客のたくさん集まるグランビルアイランドへ行きました。
沢山の船が停泊しています。
イメージ 5
こんなねじ曲がったビル、大丈夫なんでしょうかね。日本のような地震国ではとても考えられません。
イメージ 6
宿舎の亭主さんに作っていただいた弁当を食べているとカモメ(?)が餌をねだってきます。横目で見たほうが見えるんでしょうか。
イメージ 7
マーケットの中のお店です。
果物が面白く盛り付けられていました。
一つ欲しかったんですが、たった二人には量が多すぎます。
この中に日本人の営業する土産屋がありました。(日本語の会話が聞こえたため)
メイプルシロップのお菓子などを買いました。
イメージ 8
外ではあちこちで演奏が行われています。
この人、ペルーかチリの人と思われますが、上手でしたね。みんなも聞きほれていました。
イメージ 9
その後行ったスタンレーパークです。
鴨がたくさんいました。
イメージ 10
これはリスです。走って木に登るのを見つけ、慌てて撮ったのですが、うまく撮れませんでした。
イメージ 11
ちょうど引き潮のようでかなり水が引いています。
向こう岸に大きな観光船が2隻停泊していました。
水上飛行機も飛んでいました。イエローナイフでも飛んでいましたね。カナダではポピュラーなのかな。

ウィスラーには行ってみたかったですね。




開く コメント(1)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事