ここから本文です
KISU Mate 『シロギスの投げ釣り自由形』
ご覧戴きありがとうございます…シロギスの投げ釣りに魅せられてしまい、春夏秋冬、何処かの海で遊んでいます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

こんなもんじゃないんですが・・・今日、遊んでくれた良い奴達です!


イメージ 1

開くトラックバック(0)

昨日の夜に、突然『そうだ・・・新潟行こう!』。


新潟の友人の吉○さんから、あれ後の影響残りで鱚の寄りが見られない・・・と。
連絡を頂いていましたが・・・そろそろ、もしかしたら、いいんじゃない!!!


今回は、県央の浜がメイン。

イメージ 1


イメージ 2

先週は、ヒネ混じりで、クーラー満タン!
だったようで、柳の下のドジョウではなくお刺身狙い(笑)。


それを裏付けるように、直ぐ後から入られた地元の方も
『先週は凄かったんですよ!!!』
『でも、今日は濁りがキツイですね!!!』

この浜の鉄則は、ワンドを狙え・・・なんです。


期待感モリモリで探り始めます。
やはり、3色付近でアタリがはいるんですが『南蛮』『南蛮』『河豚』。

ワンドを変えて探りますが、状況は何処も一緒です。
地元の方々は、サッサと撤収されていきます。

それでも、2hほどあちらこちら探りますが、結果は同じ!
期待感が大きかっただけに、反動はさらに大きく『ポッキリ!!!』



北上するか、南下するか迷いましたが、帰りに近い南下を選択。
海岸線を流しながら


イメージ 3


イメージ 4


初めて竿入れする浜ですが

2色でいきなり『バッギュ〜ン』

イメージ 5

今日一のアタリをくれた良い奴です。
しかし、その後は『南蛮』『南蛮』。

粘る気にもなれずにさらに南下。


途方に暮れながら車を走らせていると

『あれ後で居なくなった鱚が、戻ってきたようですよ〜!』と、吉○さんからの
メールが入りました。

鱚が入って来たら、連絡を入れてくれる事になっていました。




一も二も無く、吉○さん情報のポイントへ。

イメージ 6

川の流入部の汽水域。
すでに、地元の方々が入られていて、ヒネ混じりで3−40本ほど拾われていました。


こんな場所は初めてです!

イメージ 7

半信半疑ながらも、私にも

イメージ 8

良いアタリをくれました!
乗っ込んできた鱚で、魚体は真っ白の綺麗な鱚です。


荒れる前には、このサイズがガンガン喰ってきたと。



また一つ、お楽しみが増えました。
吉○さんからの連絡待ちです。

イメージ 9

今回も、お泊りパックは準備して望みましたが、心がポッキリ。
1:30に撤収する事に。



帰路は、妙高/黒姫の新緑鮮やかなルートを走り、バーチャンの大好きな


イメージ 10

夕食時間に間に合わせたので、大喜びです。



次回に期待です。

出勤日にも拘らず、私の為に沢山の気配りをして頂いた吉○さん。
ありがとうございました。

また、宜しくお願い致します。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事