T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

全体表示

[ リスト ]

Tips13.接着剤による圧締法2
そろそろ木工の話を。
前回の続きです。

[接着剤の目的]
1.接着剤を使用することにより、より強固な接合が得られる
  基本的には、框組等の補助的な補強剤としての効果と言える。ホゾの仕口がきちんとしていることが必要条件である。

例えば框組の建具を考える場合、接着剤を使用する箇所は図の赤線の部分である。
鏡板には接着剤は使用しない。接着剤を使用すると板の伸縮で割れる可能性がある。
イメージ 1

2.板剥ぎ、集成材作成等(釘やねじ等が使えない接合)

[材面による接着強度]
木口、板目、柾目により、接着強度は以下のようになる。

イメージ 2

閉じる コメント(2)

顔アイコン

とても勉強になります☆これから板を剥ぐことがよくありそうなので、よく気をつけます。

2007/1/17(水) 午後 8:32 [ yuu*an*4 ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます、yuuzanさん。ぼちぼち書いて行きますので、お付き合いお願いします(^_^)

2007/1/17(水) 午後 8:57 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事