T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

作品

[ リスト ]

組み木_その2

今日は組み木を入れる枠を作りました。蓋付きにする予定でしたが、時間の関係で止めました。
まずは、タモの16mm厚があったので、バンドソーで半分に挽き割ります。ブレードはWood Slicerです。材料の高さ200mm位ありますが、よく切れます。
イメージ 1
まずは、手押し鉋盤で基準を作りますが、板が薄いので、ちょっと怖かった。次に、デルタのドラムサンダーで厚みをだします。
イメージ 2

薄くなると自動鉋盤では怖くて使えません。今回は8mmでしたが、この位なら自動鉋盤も使えそうですが、購入して初めて使用するため、敢えてドラムサンダーを使いました。目的の厚みはなく、枠の4枚が取れればいいのです。ドラムサンダーのテストも兼ねています。
下が、鉋盤を使った表面の切削
イメージ 3

下が、ドラムサンダーです。
イメージ 4
明らかに違いがわかるでしょう。このドラムサンダの目は#120ですが、それでも粒子の縦筋がいっぱいついています。また導管もえぐれたようにつぶされています。それに引き換え、鉋盤の鋭い刃で削られた場合は、当然縦筋はなく導管もきちんと表れています。
もっと、細かい目を使えばいいのでしょうが、今度は一回での切削厚みが取れなくなるため、何度も何度も通すことになり経済的ではありません。

結論:ドラムサンダは特殊な用途しか使えない、ということが判りました。一般的な自動鉋盤の代わりにはなりません。特殊用途とは、以下の3つが考えられます。
1.板の輪切り、つまり小口を切削する用途。
2.節がいっぱいある場合
3.木目が非常に入り乱れて、逆目掘れが取れない場合。(実はこの場合でも、自動鉋盤の送りを最低速にすれば坂目掘れは止まります)

枠の4本に木取りし、底板をつけるために小穴を突きます。底板は4mm厚のシナベニアを使います。
イメージ 5
留め定規を使い、真留めにカットします。下がジグです。
イメージ 6

その後、4角にボンドを塗って、バンドクランプで締め付けます。
イメージ 7

なお、ボンドを塗った場合の乾燥時期を調べるために、同じ接着剤を塗ったものを置いておきます。
イメージ 8
この接着剤が透明になったら、目的の接着剤も乾いており、完了というわけです。

乾いたら、底板を貼り付け、完成です。
イメージ 9イメージ 10

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

バンドソーというのがあるとこんなことが出来るのですか。
木目がきれいですね。
2歳ということでしたね。はめ込むのは、ちよっと難しいかも知れませんね。でも、切り抜いた動物では喜んで遊ぶと思いますが。

2008/1/4(金) 午後 5:15 [ hrv*0*4jp ] 返信する

顔アイコン

バンドソーいいですね、何でも揃ってますね。

2008/1/4(金) 午後 5:40 kokoakio 返信する

顔アイコン

2歳児。のずっと昔母でしたが2歳児侮るなかれ。と思います。
多分3歳になる前に お片づけのくせをつけさえすれば 自分で入れれるようになると思います。
ただ 性格にもよりますので 一概には言えませんが・・・・・。 削除

2008/1/4(金) 午後 7:00 [ 香芽 ] 返信する

顔アイコン

先に手押し鉋盤で基準を作り、バンドソーで挽き割るのかと思いましたが。何センチの板まで挽くことができますか?
接着剤早く乾きますね。何を?すみません質問ばかりになってしまいました。

2008/1/4(金) 午後 7:06 [ chaoayu ] 返信する

顔アイコン

hrvさん、挽き割りにはバンドソーが一般的です。丸太の原木からの製材にも形は違いますが、バンドソーが普通に使われています。
そうなんです、2歳児にちょっと無理かなあとも考えたんですが、本来のパズルとしての使い方はできなくても、遊ぶことはできるから、それでもいいかな、と思っています。

2008/1/4(金) 午後 9:35 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

雄さん、バンドソーいいです。アメリカのウッドターナー(旋盤の作品を作っている人)の三種の神器は旋盤、バンドソーとグラインダですよ。

2008/1/4(金) 午後 9:37 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

香芽さん、なるほど、教育も重要のようですね。実感が伝わってきます。

2008/1/4(金) 午後 9:38 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

kikoushiさん、今回の材料はほぼ平面が出ていたので、結果的にはどちらでも良いと思います。大きく変形している場合は、kikoushiさんが言われるやり方がいいかも知れませんね。私は、まずは荒木取りして、それから鉋盤という癖がついているので。
バンドソーの仕様上の挽き割り可能高さは320mmMaxです。
今日は結構早く乾きました。ストーブが近くにあったからでしょうか。接着剤は、コニシの普通の酢ビ系の「ボンド木工用速乾」(黄色の容器)です。

>すみません質問ばかりになってしまいました。
いえいえ、質問大歓迎です。ただし答えらる範囲でしかお答えできませんが。

2008/1/4(金) 午後 9:49 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます、挽き割り可能高さは320mmMaxバンドソーいいですね。かなり大きいのでしょうね。

2008/1/5(土) 午前 6:27 [ chaoayu ] 返信する

顔アイコン

ここで書かれている、「薄くなると自動鉋盤では怖くて使えません」とは一般的にどのようなことを言われるのでしょうか。改めて自動鉋盤で失敗した欅の板を確認したのですが、厚さ7ミリ、長さ250ミリでした。

2008/1/5(土) 午前 9:36 yam*t*12*5 返信する

顔アイコン

私もバンドソー⇒手押の順が良いと思います。バンドソーで挽いた後に内部応力が開放されて反る事もありますよね。

あとYAMATOさんが言われている部分は私も?です。手押しだと跳ねたりする事もあるようですが、自動鉋で怖い事って何でしょう。

2008/1/5(土) 午後 0:54 た〜じぃ 返信する

わあ、すごい! 自分の親や夫がこんなの作れたら自慢できるね♪
きっと娘さんのお友達、感激してくれると思うわ。
toshimさんもお孫さんができたら「おじいちゃんすごい!」って喜んでくれるね^^

2008/1/5(土) 午後 4:47 mizuna 返信する

顔アイコン

YAMATOさん、キックバックについて、YAMATOさんのブログで質問させてもらってます。

自動鉋盤で通す材料の厚みが薄くなると、切削した時に材料が割れる恐れがあり、割れると高速で回転している刃にぶつかり、とんでもない方向に弾き飛ばされる可能性があり、機械を壊す場合や、最悪人身事故の可能性もある、と言う意味です。

2008/1/5(土) 午後 5:59 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

たーじぃさん、なるほど、内部応力の開放はあり得ますね。

材料が薄くなると割れやすくなる、というのは、自動に限ったことではないですね。手動鉋盤でも同じですね。

2008/1/5(土) 午後 6:02 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

みずなさん、誉めすぎです。でも、ありがとうございます(^_^)

2008/1/5(土) 午後 6:04 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事