T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

全体表示

[ リスト ]

74.木作り_その1(手押しかんな盤)
何回も書いているような気がしますが、まあお復習いと思ってサラッと読み流して下さい。

まず木取りします。これは今ある材料から大きさ、木目、歩留まり等を判断しながら、最適に目的の材料を+アルファのサイズに作り込んでゆく作業です。一般に長さは+30mm、厚みは+3mm余分に取ります(ちなみに、1本の材料から2本の脚を取り出す時は、(脚の目的長さx2)+30mmと言うことです)。その為に普通は、木取りした結果が上記プラスアルファの寸法に成るようにします。また一般に木取り時に使う木工機械は、パネルソーやバンドソー、スライド丸のこ、昇降盤等を使います。(スライド丸のこ、欲しいです)

次に木作りです(長さ+30mm、厚み+3mmに作られた材料がベース)。
厚み+3mmを削って目的の寸法に削りだします。ですからねじれや反りが大きい材料は+3mmでは少なすぎる場合もあり、その場合はもっと余裕を見込んで木取りします。また元々が厚い材料からかなりの量を片側だけ削った場合、削れば削るほど水分が溜まっている部分が表面に出てきますので、時間が経つと意に反する反りが発生する可能性もあります。例えば、一般には木表が反りますが、木裏ばかり削った場合木裏が反る場合もありますので、厚い材料から削り出す場合は、両面から均等に削るように心がけましょう。

長さの+30mmについては、そのまま作業を進める場合と、目的の寸法に切断して使用する場合があります。例えば建具の縦框は目的の最終寸法に切断せずそのまま仕上げ、現地で現場合わせしながら目的の高さに切断します。(ちなみに框組の横木は、桟といいます。上(かみ)桟、下(しも)桟です)

では木作りの開始です。
1.第1基準面を作ります。
 使用機械は手押しかんな盤です。これはもうお分かりですね。基本的に凹面側を手押しかんな盤で削ります。その方が切削時の安定が良いからです。もちろん木目が順目に成るように削る方向を決めます。
イメージ 1

 (1)最初は材料の後端側を前方へ押すように材料を送って行きます。材料の重みだけで削るイメージです。
 (2)材料が半分位刃より過ぎた辺りで、押さえる手を後テーブルに切り替えます。そのまま後テーブル上で押しつけて(両手でサポートしながらですが、前テーブル上を押しつけてはいけません)材料を送りきります。人によっては、材料の後端の木口を指で引っかけて押す人がいますが、特に下に押しつけないこと(前にだけ送る意識)を意識する点と、刃物を指が通過しますので注意が必要です。

 私は下の2.の場合を除き、材料を手で押さえたまま決して刃部を通過させません。どうしても通過する時は、押し具を使う、あるいは一旦刃の手前で手を離し、その後、後テーブル上で押さえ直します。
 またもちろん、前後テーブルは前後で全ての平面が完全に高さの平行度が保たれており、刃先の高さは後テーブルと幅方向に渡って完全に同一高さであることの調整済みである事が必要です。

2.第2基準面を作ります。
 同じく使用機械は手押しかんな盤です。 上の第1基準面の隣に、フェンスを使いながら第2基準面を作ります。フェンスは、作業開始前に必ず90度になっているかどうか、スコヤで3箇所確認します。真ん中(刃の位置辺り)と両サイドです。一度実際に削って、削った物を2本合わせ直角に削れているかどうかの検証を行っておいて下さい。
前回のエントリ(安全についても記しています):http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/12698480.html

 (1)第一基準面をフェンスに当て、
 (2)左手が材料の前、右手が材料の後(短い場合は木口)に当て、フェンスに材料を押しつけながら、右手で材料を送ります。
 (3左手の位置は刃部を通過するまでは材料と一緒に移動し(フェンスに押しつけながら。また足も同時に前方へ移動しながらになると思います)、
 (4)刃部を過ぎると、刃の若干先の位置で固定し(つまり材料は送られるので、材料と左手を滑らせながら)、右手で材料を送り続ける。(右手はは送れば、また材料の後から送るを繰り返します)
 (5)最後の右手(木口)が刃部を通過したら終わりです。
 
両手の気持ちは材料を下でなくフェンスに押しつける要領です。
これで、2面完了です。

続く

閉じる コメント(25)

顔アイコン

中古でいいのあったけど 場所がないので・・・(涙)

2008/7/15(火) 午後 5:28 koubou-yuu 返信する

顔アイコン

たーじぃさん、人工大理石、私も何かに使ってみたいとは思っているんですが。

>バンドソー
はい、あれはチップソーではありません。ステライト刃と言い、バンドソーは薄のでチップは付けられないと以前聞いていましたので、もし、チップが付けられるなら、切れ味は抜群と思います。

2008/7/15(火) 午後 6:04 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

おおっ、雄さん、また例のところ?
ポンプまだ余っていますが。

2008/7/15(火) 午後 6:04 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

toshimさん、多分、日立の純正だと思いますが、
はっきりしません、それと ダイヤモンドもありますよ。 でも、ステライトのほうが良いと思います。いちばんの理由は 自分で簡単に「砥げる」から、いつでも切れ味・・・抜群・・・だからです。
ご存知だと思いますが、汚い材料を切るのは、ダイヤが良いと思います。

2008/7/15(火) 午後 6:04 [ ryuusei ] 返信する

顔アイコン

ええっ、論兇気鵝▲瀬ぅ筌皀鵐匹離屮譟璽匹あるのですか?それも初めてです。ちょっと日立を調べてみます。
汚い材料?

2008/7/15(火) 午後 6:09 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

日立工機のカタログを調べてみました。ダイヤモンドは見つけられませんでしたが、確かにチップ刃と全チップ刃と言うのがありますね。
この全チップ刃、長さが限定(当然ですが、日立のバンドソー用)で2812mmと言うのがあり、私のBS-401Bの2850mmと非常に近いので、使えるかも知れません。ちょっと厚みが0.65mmと薄いのが気になります。まあ薄くないと、バンドソーでは難しいのはわかりますが。今度買って試してみたいと思います。ステライトならステライトと書きますよね。チップと言うことは本当にチップなんでしょうね。これは面白い情報をありがとうございました>論兇気

2008/7/15(火) 午後 6:24 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

僕が使っている、ノコ刃やカッター刃は普通では考えられない位、頻繁に研磨に出します。 それに、僕は貧乏ですが、特に昇降盤の刃は高価なヤツを使ってます。なので、一つの作業が終わると、必ず、刃は はずします。着けっぱなしにした事は一度も有りません。そして、次の作業の初めにその作業に見合う刃を装着します。その切れ味を維持する為です。こんな気持ちが、僕の仕事を支えていると思ってます。 良いカッコをしてる訳では有りません、本当です。 それと、例のムニュっと出る接着剤の件ですが、これは、僕の場合、どんな時でも。『ノリ溜り』を普通の何倍も作るのが、ムニュっと出ない大きな理由です。

2008/7/15(火) 午後 6:53 [ ryuusei ] 返信する

顔アイコン

お近くの原木を挽いている、製材所に聞けば分かると思います。普通の製材はチップソウですが、原木はダイヤをつかってます。
汚い材料というのは、細かな砂が付いている可能性がある材料です。

2008/7/15(火) 午後 7:04 [ ryuusei ] 返信する

顔アイコン

記事もコメントも参考になりますね。

2008/7/16(水) 午前 7:28 yam*t*12*5 返信する

顔アイコン

非常にわかりやすい説明で納得しました。これからも情報を

2008/7/16(水) 午前 8:40 [ buc*id*iku ] 返信する

顔アイコン

論兇気鵝何となく言われている意味はわかります。実際に切れ味にどう効いてくるのかまでは判りませんでしたが。

ところで、ノリ溜まりって何ですか?初めて聞きました。普通に考えれば、例えばホゾ長さよりホゾ穴を若干長くしておけばそこに接着剤が溜まるスペースができる、このスペースの様な物でしょうか?でも、はぎ合わせの場合のノリ溜りって想像がつきません。

なるほど、汚いと言う意味、判りました。でもダイヤと言うからにはそれ相応の価格なんでしょうね。

2008/7/16(水) 午前 9:12 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

YAMATOさん、私も参考になります。

2008/7/16(水) 午前 9:12 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

ブチダイクさん、納得していただいて嬉しいです。

2008/7/16(水) 午前 9:13 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

woodcraftなどでもtimber wolfとして売られているsuffolk
machinery社でcarbide tipped band saw bladeが売られて
います。
http://www.suffolkmachinery.com/default.asp
1インチ幅で18インチ以上のバンドソーで使用となっている
ので私のデルタ14インチでは使えませんが。 削除

2008/7/16(水) 午前 9:28 [ acanthogobius ] 返信する

顔アイコン

acanthogobiusさん、本当ですね、今見てきました。どうやら新製品の様ですが、18インチの制約は、多分ブレードが厚いので、ある程度のダイアがないと曲がらないんでしょうね。うわーこれほしいけど残念ながら私のバンドソーも16インチなので、50mm不足です。写真でもチップが見えますね。間違いなく本物です(当たり前か)。

とすると、日立のチップ刃は本物かなあ、と疑問がでてきますね。聞いたら教えてくれるかなあ。

2008/7/16(水) 午前 11:04 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

toshimさん、ダイヤの刃の値段はわかりませんが。だいたい、チップソーの3〜4倍だと思います。
ダイヤは石とか細い釘は平気です。
ノリダマリを作らないと、ほとんどの場合、仕口はピッタリとひっつきません。近々、写真をアップします。

2008/7/16(水) 午後 1:55 [ ryuusei ] 返信する

顔アイコン

論兇気鵝▲瀬ぅ筌皀鵐匹話気垢里盪澆瓩泙靴拭幣弌法C傭覆眩杼できます。ノリ溜まり、よろしくお願いします。

2008/7/16(水) 午後 2:09 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

私も納得です。

>材料の重みだけで削るイメージです。
これが重要ですね。決して刃の上から材を押さえつけない事。
以前はなかなか手押しをうまく使えませんでしたが、材の両端を押える様にしてから、調子良く平面が出るようになりました。

2008/7/17(木) 午前 7:31 [ katsu ] 返信する

顔アイコン

katsuさん、HP二も書かれていましたね。最近真っ直ぐ削れるようになったって。特にテーブルが短いのは難しいですね。

2008/7/17(木) 午前 8:23 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

論兇気鵝日立のチップ刃について、私の懇意の機械屋さんに聞いてみましたが、やはりチップでは無くステライトと言うことです。またネットでもバンドソーブレードのチップと言うことでいろいろ探して見ましたが、見つけることができませんでした。多分日本ではバンドソーのチップソーは無いと思われます。

2008/7/17(木) 午前 8:28 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事