T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

全体表示

[ リスト ]

丸ホゾの作り方

実は雑誌に載っていることがなぜこうなるのか理解できないので、ここで紹介し、もしわかれば教えて欲しいな、ということです。よろしくお願いします。


下は丸ホゾ(Round Tenons)を使った椅子です。(丸部分)
このロッキングチェア、座面にRが付いていますので、すわり心地がよさそうです。
イメージ 1
この様な丸ホゾを作るやり方は、ラウンダーとか、テノンカッター(Veritas)を使うやり方と、ルータビットを用いる方法があります。以下ルータテーブルを使ったやり方を紹介します。
 
イメージ 2
フェンスにホゾの長さを見込んでストップブロックを取り付け、ラウンドビット(日本では坊主面)を用い、材料は右から左へ送り加工する。終わると、材料を90度回転させ、同様に加工する(図E)。計4回同様の加工をすることにより、丸ホゾが出来上がる。もちろんビットの大きさに合わせた角材を準備する必要があります。

  
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
(図F)の様に端材にあけた丸穴に、作った丸ホゾを入れて大きさを確認する。
サイズがちょうど良くても、実はこれで終わったわけではない。



 


 
 
 


イメージ 4
(図G)でわかるように、丸ホゾの肩を見て欲しい。図Gの左側。
肩は全てが下ふくらみになっていれば(図Gの右側のように)良いが、上ふくらみになっている部分もある。





 
 
 
 
 
 

イメージ 5
全てを下ふくらみの肩にするために、クライムカットを行う。
(図H)
ストップブロックを今度は右にセットし、材料の加工は左から右に行う。但し、材料の送り方向にビットが回転しているため、材料をビットで持っていかれ易いで、材料をフェンスやテーブルに強く押し当てながら、十分注意をしながらゆっくり送る。
出来上がりは図Gの右となる。

ということでわからないのは、通常カット(アップカット方式)では上ふくらみ部分ができるとのことです。残念ながら雑誌には理由が書いていないのです。なぜこんなことになるのでしょう。やってみたらすぐわかるのでしょうか。

閉じる コメント(20)

顔アイコン

こんにちは。
想像してみただけなので正しいかどうかわかりませんがアップカットの場合
フェンスについている面は赤両矢印のようになる気がします。フェンスに対して
正面から見た場合チップがこの形状をしているんじゃないですか?
そして底面が黒両矢印にカットされますね。それを4角行なうと4面において
Gの左側のような形状になるような気がします。
そして左右を入れかえクライムカットすることでフェンス側に来ていた面が
今度は底面にあたりますから左右対象のGの右側のようになるかな?

2009/6/26(金) 午後 3:03 kaepapa 返信する

顔アイコン

どうもkaepapaさん、ありがとうございます。
確かに言われている意味はわかりますが、現物が手元にないので、イメージが頭の中でくるくる回っているだけで整理ができません(笑)
クライムもアップカットも同じビットだから同じようにと言うイメージが離れません。やはり現物のビットで、シミュレーションしながらの検討が要りますね。

2009/6/26(金) 午後 3:58 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

フェンス面と底面でこの形のビットだと端は同じ削り面がでないのが曲者ですね。
しかもアップのみだとフェンス側にしかいかない半面(Gの左側の一番手前の面の左側。
この文章まどろっこしいなぁ。笑)が4つ存在してクライムにもっていくと
そちらが底面に行き対称に削れる。もちろんクライムから始めても反対側に
同じように膨らんだ面がでてしまいますがね。…想像だけだとかなり混乱しますよね。
なんとも言葉で表現するのって難しいですね。あらためて自分の説明下手を自覚しました。
実物が目の前にあって削ってみたら一目瞭然なんですけどね。(笑

2009/6/26(金) 午後 4:44 kaepapa 返信する

顔アイコン

Kaepapaさん、いえいえ、言わんとされることは理解できているんですよ。わからないのは、テーブル面とフェンス面でのビットの形状が違う点が具体的に頭の中に描ききれてないんです。言われるように、実物でやってみる以外、完全に理解できそうにありませんね。

2009/6/26(金) 午後 5:10 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

打ち込んだ後の締め付けが効くのでしょうね、
Gの方が抜けにくいのかな???

2009/6/26(金) 午後 5:30 koubou-yuu 返信する

顔アイコン

答えのヒントになるかもしれないと思い、実際にしてみました。アップした記事を見てください。

2009/6/26(金) 午後 6:53 [ hrv*0*4jp ] 返信する

顔アイコン

明日、工房で試してみようと思いましたが青い空さんが
既に解明されたようなのでやめておきます。
何となく、きつねにつままれたような感じですがスケッチアップの
画像まで付けていただけると一目瞭然ですね。
でも、クライムカットは恐そうで、あまりやりたくないな。 削除

2009/6/26(金) 午後 8:36 [ acanthogobius ] 返信する

顔アイコン

時間は掛かりますが、丸ホゾは切り出し小刀で削りだします。

2009/6/26(金) 午後 8:41 [ chaoayu ] 返信する

顔アイコン

雄さん、丸ほぞ使いますか。

2009/6/26(金) 午後 8:54 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

いやー、hrvさん、早速のテスト&スケッチアップありがとうございました。本当、これですっきりしました。ありがとうございました。
しかし、スケッチアップには恐れ入りました。

2009/6/26(金) 午後 8:55 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

acanthogobiusさん、同感です。狐につままれたようです(笑)
頭だけでは絶対判りませんね。

>でも、クライムカットは恐そうで、あまりやりたくないな。
はい、確かに、これも同感です。

2009/6/26(金) 午後 8:57 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

kikoushiさん、その手がありましたね。一本取られました(笑)

2009/6/26(金) 午後 8:58 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

最初は何を問題にしているのかさえ分かりませんでしたが、hrvさんのテストで分かりました。

2009/6/26(金) 午後 9:02 た〜じぃ 返信する

顔アイコン

こんばんは、この方法は私も使いますよ。
早くて丸ホゾ作るのは便利です。

問題はメーカーによっては、完全な1/4の坊主面になっていないビットもあります。
最研磨したビットは、形が変わり使えません。

修正方法は、サンドペーパーで磨くのですが、均等に削れるように
ボール盤で穴を開けて二つに割った木の内側にサンドペーパーを貼ってこの二つの木の間に挟んで材料をまわすと、いびつなところが削れます。ほんのチョッと削れば良いので難しくはありません。

サンドペーパーを貼って1/2円が丁度合うものを作れば良いのです。
木工用の丸穴ビットは0.5ミリ単位で売ってあるので
どれか合いますよ。

2009/6/26(金) 午後 11:47 [ 曼陀羅屋のおやじ ] 返信する

顔アイコン

良く分からなかったのですが、hryさんのと合わせて理解が出来ました。

2009/6/27(土) 午前 6:25 yam*t*12*5 返信する

顔アイコン

たーじぃさん、一歩遅れましたね。

2009/6/27(土) 午前 8:03 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

手柴さん、なるほど、言われる通りですね。ちゃんと1/2が出来てなかったら、円には成らないですものね。
修正方法文章だけでは理解できていないので、また機会が合った時によろしくお願いします。

2009/6/27(土) 午前 8:04 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

YAMATOさん、私もhrvさんに感謝です。

2009/6/27(土) 午前 8:04 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

私も今、hrvさんのところで3次元透視図をみてきました。
異形になることを最初は不思議に感じましたが、ビットの形状通りに削れたことによる当然の結果だったのですね。
はじめて目にする面白い記事をありがとうございました。ポチです。

2009/6/27(土) 午後 8:58 isu**ira 返信する

顔アイコン

isuakiraさん、私は今でも不思議です。今度帰国した時にじっくりビットと形状を現物でチェックしてみます。

2009/6/27(土) 午後 11:50 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事